晴れた日のねどこ

答えの出ないことばかり考えている

推しがかわいい(SNS編その3)


怒涛の推し月間が終わりぼんやり生きているので、推しからの供給を活力に変えます。

 

 

 

 

 

 


ひげひげすぴ。
眉をひそめていても口角はきゅっと上を向いています。険しい表情のはずなのにキュートに見えてしまうのがすごい。心なしかウィリアム・W・スピアマン4世の「・W・」も顔に見えてきます。かわいい。
そしてわたしの好きな推しの耳のつき方がよくわかるアングルです。いいなあ。いい写真だ。


わたしは推しの自撮りが大好きです。センスが良い。
ブロマイドなどで加工されたものはレタッチがきつくて肌がなめらかすぎるきらいがありますが*1、このアプリは良いですね。粒子の荒さが良いし、肌の質感をちゃんと残した仕上がり。良い。好き。


写真の色調・質感のせいか、全体がサイバーかつ近未来に見えますね。
街の平和を守るスピアマン巡査。警邏の息抜きにドーナツを食べ同僚と談笑する日常から一変、突如発生した異常事態に立ち向かうため夜の街を探索をする…。その探索の最中の、重い扉の脇についた液晶を覗き込む一瞬を捉えたかのような写真ですね。


何を言ってるのかよくわかりませんね。通常運行です気にしないでください。
まあなんか、そういう映画に出て欲しいというような妄想です。(ちなみにこの後スピアマン巡査は目を細めながらロックを解除しようとしますが失敗して癇癪を起こします。怒ってる推しの演技好き。大きな声を出すと肌にぱっと赤みがさすんですよ。ああこの人は怒ってるんだなあ…これはお芝居だけど、目に見える形で身体に変化が出るくらい本気で演技をしているんだなあと思う。いいぞ、推し!今日も輝いてる!(脳内の推しを見て声をかけるオタク)




 

 

 

 

www.instagram.com

アンニュイな推し。

どうしたんだろう。ねむいのかな…

わたしは推しをシロクマとかアザラシみたいだなあと常々思っているのですが、なんだかアザラシの身体みたいな柄の服を着ていますね。アザラシに近づきつつある推し…!(??)

 

 

 

 

 

 

 


ぼんやりすぴ。 ねむいのか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ラーメンいいなラーメン。おいしそうです。
海外からの帰りに家系ラーメンを食べたいと言ってたり、推しはラーメンが好きな印象が強い。
スカジャンの推し、初めて見ました。横須賀出身だからスカジャンチョイスなんだろうか(多分関係ない)ポーズが謎すぎるぜ。そしてなんでこんなに写真の明るさが違うんだ。なぞ。


初めて街に降り、ラーメンなる庶民の食べものを食べてみました…といった王族のような風情漂う海宝さんが素敵ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

ややニヒルに笑う推し。いいですね、若干悪そうですが、ムーっとした口のかたちがかわいい。悪くなれない!!そして相変わらず髪がくしゃくしゃです。きみは自分で以前「俺一応アイドル的な立ち位置なのよ!?」と言っていなかったか。若手俳優は夢を売る仕事ではないのか。なぜそんなにも毎度髪がくしゃくしゃなのか。むしろくしゃくしゃな髪の毛に夢が詰まっているのか。いいな。わたしは好きだぜ、そのゆるい感じ…

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

えっ待って、好きだぜとは言ったけど、やっぱそれ寝ぐせじゃない??
寝ぐせは直しませんか、推しよ!!!!!!

サングラスをかけてワルのように写っていますが、寝ぐせか!?と思ったら小学生に見えてきました。後ろで袖の「JERSEY BOYS」のプリントを見せるぴろしさんとの表情の対比がすごい。味わい深い写真です。あとやっぱ耳の付き方が好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フードをかぶる大男。186cm足のサイズ29.5cm、30歳男性。
体格が良いためかかなりジャストサイズなんじゃないでしょうかこのパーカ。若干身体のラインを拾ってますね。むちむち。やや窮屈そうにかぶったフードがかわいい。そしてかっちりと髪を固めたニック・マッシ役とは違い、気の抜けた下ろした前髪と舌を出す表情がチャーミング。うーんあざとい。あざとい表情。
この下唇を隠すような舌の出し方、前もやってましたね。最近のお気に入りなのか?かわいい。好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「よろしくでーーーす!」 

ノリが軽く足癖が悪く、髪がくしゃくしゃなのに頓着していない推し。
いいですね。このリラックスした雰囲気が良い。伊礼さんの前ではちょっとまじめになる感じが好きなんですけど、この動画はのびのびしてますね。良いですね。

推しのふわっとやわらかい声で「んっふっふっふww」と笑う声が好きです。
 
ところでこのぴろしさん、ジャジボパーカにジャジボバッジをつけていて、ジャジボ愛にあふれてますね。良い…。そして推しの服、スカジャンなのかなんなのかよくわからなくなってきました。スカジャンにしては装飾が少ない…スタジャンか?いやそれにしてはサテンっぽい…。推しが着る服はいつもよくわかりません。やはり皆プレボに服を入れた方が良いのではないだろうか(推しの私服のほとんどはH&Mか撮影などでの買取かプレだと思い込んでいるオタク)
 
 
 

 服に関する推しへの印象はこんな感じです。真相はいかに…!

 

 

 

 

 

 



 


ぼんやりすぴ、再び。
楽が終わって疲れているのでしょうか。ぽやんとしている。お酒を飲んでねむいのかもしれない(かわいい)
ヘアバンドか何か巻いてるのでしょうか。前髪長いもんね、邪魔だよね。
季節は秋ですが半袖の推し。ゴーイングマイウェイ。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
推しーーーー!!!
また!またおじいちゃんの肌着みたいなタンクトップ着てるうううううーーー!!!
いやまあ伊礼さんも似たようなタンクトップ着てるんですが。
七三のせいでおじいちゃん感マシマシです。すぴおじいちゃん…。


なんなんでしょうか。だるっとしたタンクトップが好きなの?
確かに肌触りが良いものは好きそう。あれかな、グンゼかな、洗濯タグをなくした商品とか出てるからね…着心地良さそうだからね…。
しかし体格が良いのでもうちょっとフィットしたサイズのものでも良いのではないでしょうか。きっとそのほうがかっこいいと思うぞ!
でもそこはあえて?あえてのおじいちゃん風タンクトップなの?
真相を解明すべく、取材班はアマゾンの奥地へと飛んだ…(飛ばない)(解明できない)

 

 

 

 

 

 

 

 

ウインクへたくそな推し。
なんでだ。いつもはめちゃくちゃ華麗にばちん!と決めるのに。
しかしぎゅーっとした顔も可愛いので問題ありません。





 

 

 

 

 


さらにウインクがへたくそな推し。
なぜいつもと逆の目でウインクをしたのか。
ほっぺたをふくらましてかわい子ぶっているのか。

…かわいい(怒)

竪山さんのおみやげかな?を抱える手がでっかいです。いいなあでっかい手。でっかい手って最高じゃないですか?だって、でかいんですよ? 手が。どう考えても最高。
そのでかい手で栄光をつかんでくれよな…!

竪山さんのチケット代に触れるツイート、いいなあと思いました。舞台ってたくさんの人の努力が詰まっているからチケットも相応の値段なのだとは思うけれど、やっぱり金額単体で考えたら安い訳ではないじゃないですか。竪山さんはそういう観客目線をしっかり持った方なのかなと感じました。

 





 

 

 

 

かっちりと決めた推し。ジャケットは肉厚のウール地でしょうか。ワインレッドのシャツとの組み合わせが素敵です。めきめきと身体がおっきくなってるので、軒並み服が着れなくなっていそうです。大丈夫だろうか。ファンは積極的に服をプレボに突っ込んだほうがいいのか?
「めきめきと身体がおっきくなってる」、なんだか身体がきしんでトランスフォームしている擬音のようですね(?)
この服は某舞台の衣装ですが、その時の役とは打って変わって、いたずらっぽく終始笑顔でにこにこの推しでした。おててはふかふかでした。あーー、パン食べたくなってくるな。

 


世の中にはパンの発酵に適した手の温度の人がいるらしいんですけど、推しのおててもそうなんじゃないかな!? パンを捏ねるのが似合う。ぜひパンを捏ねて欲しい。行列の出来るパン屋さんになること請け合い。


全然関係ないけど、推し自身もパンっぽいですね(?)
なんかこう…熱したバターを刷毛で塗って、じゅわっとしたパン。熱々ふっくらのパン。
焼くとほこほこ湯気が出るの。評判のパン屋さんのパン。おいしそうです。良い。


 

 

 




 
暗に公式のレターセットで手紙を書けと煽ってくる推し!!!!!
その手には乗らない。わたしはわたしの道を行きます。すまんな!
(だってだいたいレターセットって便箋が少ないんだもん)

 

 


ところでこのグッズ、デザインの是非は置いといて、データの作り方が甘いのが気になりました。

マイクのアールの違いとかね…。でもこの辺のゆるい感じがらしいっちゃらしい気もするので複雑な気持ちです。

 

 

 

 

 

 

 

 
「まじかよー」
まじだよー。

台風で公演中止になり、劇場で嘆く推し。
髪の毛がくしゃくしゃです。こんなくしゃくしゃすぴがかっちりニックに変身するんだから、ヘアメイクさんも推しもすごい。舞台っていいものです。
この日は夜がふけるにつれて風雨が強くなっていきました。公共交通機関が20時からの運休を決めたのが休演の決め手だったんだろうなあ。自分は天災による休演を初めて経験しました。やはり舞台は行けるときに行かねば…。


ちなみにこの公演は11/10に振替公演が決まっています。クリエよりキャパが大きくなるので、余剰分座席の一般発売もあります。気になった方はぜひ!!

l-tike.com

 





 

 

 


加工がすごいぜ。





 

 

 

 

 

 


アアーーーー、この顔!このいたずらっぽいウインク!
過去の写真で同じ表情のものを見たことがあるんですけど、かわいいなあ…悪ガキって感じで大好き。憎めぬ…憎めぬなあ…。いや、憎む理由もないんですけど。
でも推しへのパッションが溢れると、萌えキレ散らかしそうになりません?? かわいさ余って憎さ100倍!みたいな。なんで!!!こんなに!!!!かわいいのかよ!!!!!
突然の萌えギレです。憤怒。七つの大罪のうちどれかを担当するとしたら、憤怒担当になれそう。
推しの存在がもう罪。罪作りです。罪な男。罪男。罪と羆って文字が似てますね。推しはクマにも似てるからなあ…(?)

 

 

 

 

今回もまとまりがないまま終わります。

いいかげんジャージーボーイズの感想記事を書きたいぜ。

 

 

 

それでは良い推し事ライフを!!

 

 

 

 

 

 

そうそう、ファンレターの枚数の投票を18日朝8時までやってるので、もしよろしければご協力をお願いします。

tagvote.grinspace.jp

 

 

 

 

 

 

▼マシュマロやってます▼

 

大体ツイッターで答えてブログで補完してます。

 

 

 

 

 

▼今後書きたい記事メモ▼
・信長の野暮感想
・心臓が濡れる感想
・独鬼感想
・なぜ自分に呪いをかけるのか〜推しとファンとマウントと〜ルッキズムに縛られてしんどそうなオタクの話)
サマエルのしっかりした感想(円盤でおさらいしたし書きたい)
・TMO感想(円盤観たら改めて書く)
・H12感想(この間久しぶりに円盤を見たので)
・推しを自分の核にしてはいけない〜キャバクラで例える若手俳優について〜
・無意識なのか意図的なのかわからないマウントについて
・結局お花ってどうなのよ? 誰のための推し事なのか(諸事情により書かないかもしれない)
・spiファンミから考えた推しについて(イベントはSNS禁止なので感想のみ。…感想も禁止だったりするのか!?)
・渋谷でヤル会フェス感想
・ブログを書く事の功罪

・ジャージーボーイズ感想(これが1ヶ月見られるとか最高)

・推察をネットで書くのは暴力なのか(マシュマロ返信)

・属性とレッテル貼りと「わからないボックス」、人と関わる方法(マシュマロ返信)

・質問をすることの恐ろしさ(書くかなーどうかなー)

・映画 教誨師感想(玉置玲央さんに故郷の村を焼いてほしい) 

 

 

 

 

 

*1:2.5次元舞台ならわかるんですけど、それ以外の舞台やブロマイドの加工はもうちょっと控えて欲しい。毛穴もあばたもオールOKだ、それも込みで魅力的だ

追記有り・ファンレターで気をつけていること(アンケート有)


こんにちは。
軽く舞台のロスに陥り、故郷の村を焼いてもらいたい舞台俳優の妄想をしていたら日々が過ぎていってます(よかったら投票お願いします)※記事最後に追記有ります

 

 

 

ぼんやりしていてもなんなので(脳のやる気を司る側坐核は、 行動をすることでやる気スイッチが入るのだ)、 今日はファンレターの書き方について書こうと思います。


と言っても、内容については触れません。
内容以外で気をつけていることについて書きます。
あくまでも自分の場合なので、もっといい方法があるよ! という場合はぜひ記事最後にあるマシュマロにご意見をダンクして ください。

 

 

以下、目次です。

 

 

前情報としては、自分は郵送ではなくプレボに入れる、 現場に入る時は必ず出す!というタイプではなく、 自分に無理がない範囲で気が向いた時に出す派です。

 

 


封筒に日付を書く

皆さんは文通をした事がありますか。
メールでもLINEでもDMでもなく、文通。
あのオールドスタイルのコミュニケーションです。

 

わたしは転校が多かったため、しばしば文通をしていました。
その時に思ったんですよ。
手紙、管理しづらい。
いつ来たものかわからない。
消印を見ればわかるけど、 それはつまりぱっと見ではわからないってことです。

 

そこで日付戦術です。

 

封筒にいつ、なんの舞台の時に出した手紙か書く。
これだけでいつの手紙かわからなくなる事はありません。
特にいつも同じレターセットで送っている、 推しが公演後まとめて手紙を読むタイプだと、 読んでいて時系列がバラバラだと混乱するかもしれません。

 

というわけでわたしは封筒に日付を書くようになりました。 割と忘れがちですけど!
特に手紙はプレボに入れる派、事務所経由で推しに届く派だと、 書いてから届くまでにどれくらいのタイムラグがあるかわかるので 良いかもしれません。


推しはあまり気にしてないかもしれませんが(気にしてなさそう… )、まあ大して手間がかかる作業でもないので、 配慮するに越した事はない。

 

 

 

 

 

便箋に日付を書く


これも同じです。封筒をあまり見なくても、便箋は見る気がする…
わたしは大体「◯◯様」と書く前、便箋の一番上に「××××( 舞台名)◯/◯(日付) マチネの感想です」など、 どのタイミングの手紙かわかるようにしておきます。
内容が多岐にわたる場合は「××××(舞台名)◯/◯(日付) 」
とにかく、いつ頃の手紙かわかるようにしておきます。


舞台の感想や推しが演じる役についての印象って、 観てるうちに少しずつ変わってきませんか?
わたしの推しは演技をガラッと変えてくるし、 その演技を見るのが好きです。
そして「自分には◯◯役はこういう人に見えました」 という感想を結構書きます。
そういう時、日付がわからないと、 推しももしかして混乱するのでは?と思います。( そこまで気にして読んでるのかは不明)


なので、 畳んだ便箋を開けた時に真っ先に見える場所に日付を書いておきま す。

 

 

 

 

 


便箋に通し番号を振る


皆さん推しに何枚手紙を書いてますかーーーーー!!!!!
これは本当に聞きたい。あ、そうだアンケートとろう。

 

推しへの手紙についての枚数アンケート

〜10/18、朝8時まで募集中。(日付間違えてた)

 

よくファンレターの書き方なんかで、2〜 3枚みたいなの見かけません?
でもそれで収まります??
わたしは…収まってないかな…(遠い目)

 

そんな時、はじめに何枚あるよ! というのがわかってた方が良いかな…と思い、 便箋の右肩に通し番号を振るようになりました。 たとえば3枚なら「1/3」という感じ。
枚数が多くなると管理もしづらいしどこまで読んだかわかりづらい かと思うので、それぞれに通し番号を振るようにしてます。


これで万が一、「なんという感動的な手紙…」 と推しが楽屋で号泣、 手紙を皆で回し読みすることになっても順番通りに戻せて安心です。

 

f:id:Bn295:20181011121025p:plain

 通し番号と謎の生き物たち

 

 

 


話題別にわかりやすいよう工夫する


パワポの資料でも書類でも、授業で取るノートでもそうですけど、 見づらいと読む気がしない!!!! せっかくいいことを書いたとしても、読みづらいと魅力半減です。

 

というわけで、これは伝えたい! という部分はマーカーを引くなり文字色を変えるなりして目立たせ ます。例えば、「舞台◯◯の××のシーンの演技が好きです」 にマーカーを引き、そのあとで理由を述べるなど。

 

ここで注意をしたいのは、色が多いと見づらいということです。
使う色は多くても3色までに留めるのが良い気がします。

 

また、××のイベントの感想、◯◯の舞台の感想、 推し本人への感謝の気持ち…など、内容が多岐にわたる場合は、 それぞれを封筒を分けたことがあります。
封筒 in 封筒。中に入れてる封筒には封はしなかったと思います。
ただこれは本当に枚数が多くなった時の最終手段です。

 

 

f:id:Bn295:20181009175554p:plain

 

今までのことを図解するとこんな感じ。あくまでも自分の場合、かつ一例です。

図中にも書いていますが、例文は「ファンレターの書き方(例文あり)」より抜粋、一部変更させていただきました。

 

 

 


開けやすい構造にする


郵送ならしっかり糊付けしないと郵送事故の元になりますが、 プレボに入れるなら開けやすいほうがいいかもしれません。
というのも、先日推しが「今回は封筒が開けやすかった」 とブログで言っていたからです。
これは推しが公式に販売したレターセットがシールで留める方式だったため、 すぐに中身が取り出せて楽だったという意味かと思っています。

 

確かに、楽屋で手紙を読むにしろ家でまとめて読むにしろ、 毎回糊付けされた封筒を開けるのは大変そう…。 道具を使わないときれいに開けられないし…

 

というわけで、 簡単に開けやすい構造がいいのかなあと思ってます。
わたしは剥がしやすいようにフチを折り返したマステで止めてます。 これ開封時はいいけど、しまう時めんどくさくない? という気もする。今後どうするかは要検討です。

 

f:id:Bn295:20181011120717p:plain

 

 

 

 

番外編


名前にはふりがなを!
最近は読み方が難しい名前も増えてきているので、 ふりがなをふった方が安心かと思います。

  

 

 

 

以下、参考になりそうなサイトです。

記憶に残るファンレターを書くための9つのコツ | bliss*

ファンレターの書き方!内容の例文と住所や名前のマナーや注意点は? | パワースポット巡りでご利益を!開運ネット

ファンレターの書き方・出し方のコツ - テレビ番組なるほどブログ

 

 

 

 

 

▼マシュマロ返信▼

 

f:id:Bn295:20181011103405j:plain



レターセットについて、こんなマシュマロをいただいていました。
ありがとうございます!

こちらの記事についてのマシュマロですね。

 

わたしはIllustratorPhotoshopというソフトを使って30分〜1時間くらいで作ります。
…が、操作に慣れないと時間がかかると思います。
もしパソコンに慣れてない場合は、 アナログでオリジナリティを出すのが良さそう。

 

 

 

 

こちらの方のブログは凝ったファンレターがすごい&見ていてとてもおもしろいです!

 

作り方はこちらが参考になりそう。


 

 

 

 

 

…とはいえ、いきなりこんなに凝ったものはつくれないよー!と思います。(わたしもそう)
そういう場合は、好きな包装紙でオリジナル封筒を作ることからはじめても楽しそう。

 

呉竹 テンプレート 封筒 手作り SBTP12-19 洋形

呉竹 テンプレート 封筒 手作り SBTP12-19 洋形

 

 

↑ 世の中にはこんな感じの手作り封筒用定規が売られています。

 

 


1.舞台のあらすじを読んで、妄想を膨らませる
     ↓
2.おしゃれな包装紙やラッピング袋を買う
     ↓
3.封筒用定規封筒を作る
     ↓
3.1で浮かんだモチーフのシールやマステでデコる

 

 

 

こんな感じで作成するのはどうでしょう?

 

封筒の素材も、普通の紙じゃなくてもいいと思います。
ギラギラしたメタリックなものも良し、温かみのあるクラフト紙、 半透明のグラシン紙で透け感を楽しめる封筒もかわいいと思います 。

 


紙じゃなくて、クッキーを入れるようなPP袋なども涼しげで◎

 

 こんな感じの謎モンスターの口の中に宛名と食べ物のシールを貼ったり…

 

 

 水玉を雪に見立ててみたり…

 

 

ミドリ ジッパーバッグ B5  森柄 55456006

ミドリ ジッパーバッグ B5 森柄 55456006

 

 既存の封筒をくりぬいて、模様入りの袋を窓にするのも楽しそう。

 

 

 

できるところから少しずつオリジナリティを出していくと良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

余談

 

 

あとはファンレターについてつらつらと

 

 

 

 

 

 

 

 

 突き詰めるとこういう感想になる。

 

 

 

 

ファンレターは推しに気持ちを伝えられる良いツールだと思います 。
だからこそレターセットや便箋に凝ってみたり、 文章を考えて送るのが楽しいですね。 

 

 

 

それでは良い推し事ライフを!

 

 

 

 

 

▼マシュマロやってます▼

自分はこんな風に手紙を工夫してるよ!とかこういう手紙を出した事があるよ!とか、ぜひぜひ教えてください。

教えたくないならAmazonギフト券のコードでもいいですよ!(突然の強欲)

 

 

 

 

▼今後書きたい記事メモ▼
・信長の野暮感想
・心臓が濡れる感想
・独鬼感想
・なぜ自分に呪いをかけるのか〜推しとファンとマウントと〜ルッキズムに縛られてしんどそうなオタクの話)
サマエルのしっかりした感想(円盤でおさらいしたし書きたい)
・TMO感想(円盤観たら改めて書く)
・H12感想(この間久しぶりに円盤を見たので)
・推しを自分の核にしてはいけない〜キャバクラで例える若手俳優について〜
・無意識なのか意図的なのかわからないマウントについて
・結局お花ってどうなのよ? 誰のための推し事なのか(諸事情により書かないかもしれない)
・spiファンミから考えた推しについて(イベントはSNS禁止なので感想のみ。…感想も禁止だったりするのか!?)
・渋谷でヤル会フェス感想
・ブログを書く事の功罪
・助けて!推しがおじいちゃんの下着みたいなタンクトップを着ているの!←書きました

・ジャージーボーイズ感想(これが1ヶ月見られるとか最高)

・推察をネットで書くのは暴力なのか(マシュマロ返信)

・属性とレッテル貼りと「わからないボックス」、人と関わる方法(マシュマロ返信)

・質問をすることの恐ろしさ(書くかなーどうかなー)

・映画 教誨師感想(玉置玲央さんに故郷の村を焼いてほしい) 

 

 

 

※追記

「村を焼く」発言について、不穏だ、ショックだというお声をいただきました。

 

こちらは上記ツイートを発端に #誰が率いる謎の軍団に故郷の村を焼かれたいか という数年前にツイッターで流行った話題が元ネタです。

説明不足並びに配慮が足らず申し訳ありませんでした。

▼参考記事▼


 

 

ほしいもの:体力



雑記です。

 


推しが出演する舞台の東京公演が終わりました。
あのね、つらい!!!
何がつらいかって、マチソワがつらい。体力がない。


今回推しはWキャストなので、出ないチームは観なくても …と当初は思ってましたが、公演日が近づくにつれ我慢ができなくなった。良縁にも恵まれ、どんどんチケットが増えた。(ありがとうございます!!)


蓋を開けてみると、毎週2,3回劇場に足を運んでた。
そのこと自体に後悔はないんだけど、やっぱり身体へのダメージが大きい。
役者さんやスタッフさん方たちは大変!というのはもちろんなんだけど、8時間働いて3時間の公演に足を運ぶのもなかなかつらいものがあった…。
楽しいんだけど、楽しいのと身体がつらいのは別問題だ…!

 
 
推しが出ている舞台を観るのもそうじゃない舞台を観るのも、楽しくてMPが回復する感じがある。だけど公演期間が長かったり予定を詰めすぎると、HP/MPが自然減少していく呪いにかかってるような体調になりません???わたしだけ??
舞台で回復するMP<<<減少するMPになっていくつらさ。

一晩寝ても体力は回復しないよね? RPGの主人公ってすごくない??



オタクをやるには体力が必要だな…今月はゆっくりしよう…と思ってたんだけど、思ったそばから別の現場の予定を入れてしまうのはなんでなんだ。


だって観たいんだもん!!


あきらめるという選択肢を持とうって話はどうなったんだ。
オタクは業が深すぎる…。


 
 
 
 
 
 
 
▼マシュマロやってます▼
長期間の公演やマチソワの乗り切り方、体力回復に有効な方法をご存知でしたら教えてください。
 

ゆっくり寝る? そうだよね、知ってる…!

 

 

感想でも質問でもお題でもなんでもどうぞ。
明らかにいたずら・嫌がらせ目的のものには反応しません。

 




あ、あとジャージーボーイズ観た方の感想を少しずつまとめてるので、気になった方は是非。地方公演もありますので!
(とはいえ超ボリュームになってるので、まとめは分割する予定)

 
 
 
それでは、台風とか低気圧とか寒暖差とかありますが、皆さん良い推し事ライフを!
まじで健康第一!!!!!!(まずは自分の体調管理をしっかりしましょう)
 
 
 

色っぽさがすごい推しの話



こんにちは。
今日は推しが色っぽい話をします。

 

f:id:Bn295:20180925015807j:plain

ニック・マッシ役。今年に入ってめきめきと体格が良くなっているので、ニック・マッシというか肉・増し(うるさい)

 

 



唐突ですけど、ジャジボのメインビジュアル最高じゃあないですか?????
なにあの色気。やばい。

 


すごく、すごい(語彙力消失)*1

 

 


なにがいいって、「田舎の色男」感がすごい。田舎の垢抜けない、野心のある、ギラついた女好きな男という雰囲気がすごい。めちゃくちゃ色っぽい。

 


ここで勘違いしないでもらいたいんですけど、ださいと言ってるんじゃないんですよ。このWilliam W. Spearman IV という男、少年誌のグラビアを飾るアイドル、制服の16歳女子高生のごときあざとい表情もできるんですよ。

 


自分の可愛さを熟知した表情…!

 


チャームポイントのひとつである、口角の上がった薄いくちびるをキュッと上げ、少しはにかんだようにこちらを見つめる視線はもう、完全に国民的アイドルのそれです。
気になった方はこちらのURLからご覧ください。

『信長の野暮』キャストブロマイド(Spi A) | SOLID STAR Online Shop

『信長の野暮』キャストブロマイド(Spi B) | SOLID STAR Online Shop

 


画像が小さいのですが、恐ろしいポテンシャルの一部は充分に感じられるはずです。
あざとい。
容易に人を殴り殺せそうな体躯にもかかわらず、なぜこんなあざとい表情ができるのか。まるで地上に舞い降りた天使<エンジェル>…

 

 




しかしジャージーボーイズのビジュアルはそれとは真逆です。
先ほどのブロマイドの推しがみずみずしくフレッシュな果実の断面ならば、こちらはまるで収穫前に野生動物に荒らされた畑で、潰され剥き出しになった土の付いた野菜。
生々しい荒っぽさと同居した繊細さ、そして漂う泥臭い色気。そこが最高にいい…。

 


これはセクシー警察が出動すべき案件ではないのか。こんなにもセクシーでお天道様が許してくれるのか。セクシー罪で禁固10年になりはしないか。勢いで話しているが、セクシー罪とは一体…?

 


野菜に色気? 何を訳がわからないことを…という方は、こちらの記事をご覧ください。

【興奮注意】女体の代わりに野菜でグラビアを撮ったら凄いことになった - MOOOM(モーム)

濃厚なるエロス…。*2

 

 

 

 



推しが演じるニック・マッシという男について、劇中で同じバンドのメンバーが言います。
「そろそろ女の話をしよう。女はいつだっていた。恋人。妻。人の妻。
…ニック? あいつは駄目だ。あいつは野ウサギだからな」

ウサギは年中発情しており、動物の中で最も性欲が強いとも言われています。
PLAY BOYのロゴにウサギが使われているのもそれが由来。


 

f:id:Bn295:20180925015807j:plain

何度見ても良い。

 

 


さて、再度になりますがこの写真、「田舎の色男」感がすごい。
ニュージャージーという「田舎」*3の、野心に溢れた女好きの男。
この泥臭さを醸し出しつつ、スタイリッシュなビジュアルとして成立していることがすごい。全くの相反する要素が両立している。

 

 


泥臭さというのは垢抜けなさであり、生々しさである。
推しは普段、この生っぽさをあまり感じさせない。例えばセクシーな歌を歌いダンスを踊っても、いやらしさがない。男臭さや生々しさがない。


しかしジャージーボーイズのビジュアルは、生っぽい色気を見せつけてきている。
見た瞬間「まじか!!!!!」と思いました。

 

 


例えば幼少期からじゃれ合いながら遊んでいた幼なじみに対して、ふとした瞬間「あ、この人自分とは違う性別なんだ…」と感じてどぎまぎするような感じ。
マイクを覆うほどの大きな手のひら、太い首、広い肩幅。
見れば見るほど、そうか…このひと男だったわ…そうか……と謎の驚きがある。

 
推しのことは普段、無邪気な5歳児やひとなつっこい大型犬やシロクマ、あるいは保護指定動物みたいな気持ちで見ているので、「はっ、成人男性(30)!!!??」と見た瞬間仰天しました。

 



これはセクシー警察が出動すべき案件ではないのか。こんなにもセクシーでお天道様が許してくれるのか。セクシー罪で禁固20年になりはしないか。勢いで話しているが、セクシー罪とは一体…?(二度目)


 

 

 

 


推しは撮影の際、カメラマンとの相性が出やすい印象があります。
今回のカメラマンはヒロ木村氏*4。元スタイリストで10年前にフォトグラファーに転身した方です。
下記は偶然見つけた氏の2014年のインタビューの抜粋です。


―Hiroさんの思う「人間の美しさ」や「美しい人」について教えてください。

美しい人にかぎって、十字架を背負っている人が多いですね。それは人によってさまざまだけれど、肉眼では決して見えない十字架がバーンとあるんですよ。

まわりのみんなから愛されて、何不自由なく、順風満帆な人生というよりは、むしろ、人の愛が欲しくて、寂しくて仕方がなくって、物足りない気持ちや伝わらなかった思いを抱えている人、ドン底まで落っこちて、煮詰まって、キツい時期を過ごした人…、要は、コンプレックスや劣等感といったものを抱えながらもなお、何かを切望する欲望を持ち続け、情熱を燃やす人。そういう人は、美しいし、光があるし、輝きを放っていますよね。

だから、撮る時はいつも、「その人が背負っているものを感じること」を大切にしています。一見、ネガティブなことに思えるかもしれませんが、すべてが整っているからといって、美しいとはかぎりません。人間は、悪いところがあってもいいんですよ。僕はそういうところに、人間としての美しさや色っぽさを感じます。

http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1412223678157/pid_3.html




 

 

推しは自分のファンには心に痣を持つ人が多いと思うと過去に言っています。
自分自身も青タンだらけなんだと。
そして自分はずっとここ(舞台)にいるとも発言しています。

 

何かを切望する欲望を持ち続け、情熱を燃やす人。そういう人は、美しいし、光があるし、輝きを放っていますよね。

 

アジア人だからという理由でブロードウェイのオーディションを落とされ、そこから自分ができる事を考えたという推し。

推しの背負ったものや推しが持つ光を、カメラマンのヒロ木村氏が切り取ったのが今回のビジュアルなのかな…とぼんやりと思いました。

公演パンフレットのなかの写真も最高に色っぽくてかっこいいです。フーー! 

ブロマイド売って欲しい。 

 

 

 

まとまらないけど終わります。

ジャージー・ボーイズ東京公演も折り返しに入ったので、感想を書きたい…できればネタバレなし版とあり版。

 

 

寒暖差が激しいですが、皆様良い推し事ライフを!

 

 

 

 

 

▼マシュマロやってます▼

 感想でも質問でもお題でもお気軽に。

だいたいTwitterで返答してから記事で補完してます。

 

 

 

 

 

*1:あまりの事態に頭の悪い日本語を使わざるを得ない

*2:わたしは大根のひげ、玉ねぎネットをかぶせられた大根が好きです

*3:ニュージャージーはラスベガスに次ぐアメリカ2番目のカジノを擁する土地なので、厳密には田舎とは言いづらいかもしれない。だがどうやっても隣接するNYに勝てずコンプレックスを持ち、周囲からネタ的に扱われる土地だと言われているそうだ

*4:ミュージカルジャージーボーイズパンフレットより。HIRO KIMURA表記なので同姓同名の別人だったらすみません

まだ名前を知らない「あなた」へ

 

f:id:Bn295:20180918164157p:plain

 



2018年9月14日、ブログ開設1周年、9月16日、1本目の記事を書いてから1年が経ちました。続くのかどうか心配していたけど、意外と早かった。


いい機会なので、ここ最近考えていたこととあわせて、現状のスタンスなどを書きます。





わたしが書く最大の理由は、自分自身を知るため。その次は、誰かのため。
わたしは、顔のない大勢の誰かのために書いてるんじゃない。
まだ名前を知らない「あなた」のために書いている。



頭のなかにあるふわふわしたものをふるいにかけて、自分が何を感じて何を考えているのかを探るのが、わたしがアウトプットをする理由だ。ツイッターもブログもそう。一番の欲求は自分のことを知るため。
わたしはいい年をして、自分自身のことがさっぱりわからない。
だから考える。自分のことを知りたいし、自分ともっと仲良くなりたいので。



オフラインで紙の手帳に書けばいいじゃないかと言われそうだけど、オンラインの利点がある。

まず、どこにいても電池があれば書ける。ベッドのなかでも電車のなかでも。思い立ったらすぐに書き込みたいので、紙とペンを取り出すのが苦痛。場所もとるし。

次に、タイムスタンプと検索が便利。手書きだと手が疲れてくるけどスマホやキーボードだとそれが少ない。

そして最大の理由は、SNSだと他人の視点が目に飛び込んでくること。
紙に書いて考えていると、自分で問いを立てないといけない。でもツイッターだと、ほかの人の「自分はこう思う」に触れられる。
場合によっては対話のチャンスも生まれるし、仲良くなれることもある。

ブログもそう。
リアルタイムではないけれど、誰かの記事に触発されて問が生まれる。
自分はどうだ?と考える切っ掛けになる。
それがとても好きだ。





わたしは色々と考えすぎる人間だけれど、本来他人の意見を進んで取り入れたいタイプではない。視野が狭いし、頑固だし。他人から何かを指摘されたら、攻撃かと一瞬身構える。

 

 

「他人への干渉は、善かれ悪しかれすべて暴力」

愛という名の下に、私たちは暴力を振るってはいないか?〜推しへのプレゼント問題〜 - 晴れた日のねどこ

 


これは何度でも言うけど、わたしの基本理念だ。
良かれと思ったことでも、相手への干渉は暴力になりうる。
いわんや、指摘をや。
相手には攻撃の意図がないと頭では理解できても、反射的に逃げたくなる。
それを理性で処理して、毎回それに立ち向かっている。

なんでそんなことをするかというと、「マシな人間になりたいから」
これに尽きる。



わたしは今でこそ自分のことを気に入ってる。
気に入ってはいるけれど、別に世の中の規範と照らし合わせて自分が正しいとか、自分が善きものだとは全く思ってない
悪くはないと思っているけど、好きなわけでは多分ない。
ただ自分の今を「そういう状態にあるんだな」と思っているだけ。
平均に足りていない部分や、伸ばした方がいい部分はたくさんある。






自分と違う意見というのは、違う視点を提示してくれるものだと思う。
心がざわつくほど、無自覚な部分や自分の認知の歪みに刺さっている可能性がある。
だからわたしは、自分と違う意見を糧にしたい。自分の弱い部分に立ち向かいたい。より良い人間になるために。

本音では違う意見なんて見たくないと思うときもある。
しんどいし、何かを言われたらそればっかりずっと考えちゃうし。
でも、意見が同じ人とばかりつるんでたら、楽だけどどんどん視野が狭くなる。それが嫌だし、すごく怖い。





わたしは自意識過剰で、自己肯定感が低く、自分が丁寧に扱われない事に不満を抱いて毎日生きてた。そのくせプライドが高く、自分がなぜ認められないんだと憤りを感じていた。ほかの人間は努力もせず、何も考えず、うわべだけ取り繕い本音を話さず嘘ばかりつき適当に生きているだけなのになぜ?と。

そんな人間、まともに相手にしたくないよね。めんどくさいもん。

だけど幸運な事に、本音で話をしてくれる人たちがいた。
その人たちの本音に、時には理解ができないと傷つき、憤り、責められたように感じて泣いた。だけどわたしはその言葉を忘れたくなかった。
意味がわからなくても、ずっと心の中にしまっておいた。


そうしたら、数年後に突然意味や真意がわかって、はっとしたことが何度もあった。あの時あの人がわたしに言いたかったのはこういうことだったのかと、心から実感できた。
それは、蒔かれたことを誰もが忘れた種子が、時間を経て花開いたようだった。


彼ら、彼女らが、あきらめずに言葉をかけてくれた事にわたしは感謝した。







わたしはコミュニケーションの齟齬はチャンスだと捉えている。他人からの本音、その人の言葉で綴られた想いというのは、無視したらいけないと思う。真意を理解したとしても、共感はできないかもしれない。でも、新たな見方を発見するチャンスにはなる。

少なくともわたしには、他者から投げかけられた言葉が、時間を経て芽吹き花開いた経験が何度もあった。土が痩せてたり水不足だったりして(つまりわたし側の準備が整っていなくて)時間はかかったけど。
他人の、心からの言葉というのはギフトなんだと思う。





そしてわたしは同じように、自分が発信する言葉が、いつか誰かの心に触れることがあると信じている。自分の発言で積極的に誰かを変えようという気負いはなくて、もしかしたらいつかどこかでマッチングが起きるかもしれない、そしたらラッキーだなと思ってる。
ボトルに詰めた手紙を誰かが浜辺で拾うかもしれない、そんな気持ちに近い。


でもそれは絶対にある。確信してる。


そのボトルは誰にも見つけられないかもしれない。無視されるかもしれないし、仮に拾ってもメッセージに気づかれず捨てられるかもしれない。

だけどそれでも、書かずにはいられない。
誰かには届くと、なんの根拠もなく信じている。
だって、わたしは色んな人の言葉のおかげで生きてきたので。
少なくとも、今が一番人生でいい状態(ましな状態)だといつだって言える。



わたしに言葉をかけてくれた人たちは、色んな人がいる。今でも関係が続いている人もいるし、対話にならず喧嘩別れのようになってしまった人もいる。
物理的にもう会えない、会うことが難しい人もいる。*1
だったら、もう会えない本人じゃなく、今度はわたしが違う誰かに何かを届けるのが自分の役割だと思った。


誤解しないで欲しいのは、わたしは自分の考え方が優れているとか、こっちの方が良いと言いたいわけじゃない。ただ、現状自分が持っている考えとはまた違った見方があること、それに気づくと世界が広がるし、また変わって見えたよという話がしたい。*2







まだ見ぬ「あなた」宛てとはいえ、ビンに詰めた手紙よりも優先度が高いものがある。それは自分の考えに共感してくれる人と出会うことだ。

共感をしてくれる人は名乗り出てくれる可能性が高い。そうすると交流に発展して、仲良くなれるかもしれない。あらゆる前提条件をスキップして会話が進められる相手というのはかなり貴重だ。

そして人となりを知っていくと、その人はどこかの誰かじゃなくて、「ただひとりのあなた」になる。ただ一人の相手との会話は、どんどん内容の深度が深まる。


対して、ブログの匿名コメントやマシュマロ(の質問や指摘)は、視野が広げられるものだと思う。考えるきっかけを与えてくれるものという位置付けだ。
ただこれは、「顔が見えない誰か」から来るものなので、当然自分の中で優先度は下がる。


わたしが大事なのはわたしの毎日の生活であり、気難しい自分のご機嫌をとることであり、個人を識別できている人と会話をすることだ。


だから日々の雑事に紛れて対応できてないことがあるかもしれない。無視してるわけじゃないのでリマインドしてくれたら思い出す。が、タイミングを逸すると期待に添える回答はできない…。誰かのために生きてるんじゃなくて、自分のために生きてるので。そこは申し訳ないです。

 

f:id:Bn295:20180918163351p:plain

重要視する度合いの図。見づらいな。

 


幸いなことに、ブログやツイッターをやっていて、マシュマロなどをいただくことがある。
だけど残念なことに、寄り添って欲しいのか、単純に意見を聞きたいのか、文句を言いたいのか、マシュマロだとわからないことも多い。
DMよりハードルが低いと思うので設置をしているけど、質問から連想した自分語りにばかりなっている気がする…。もしそういうものを求めてないなら、そこはすみません…!みたいな気持ちです。

自分語りが好きなオタクだから…すまない…

 

だからもし対話がしたいなら、どっちかというとDMの方がありがたいなとは思う。相手が何を考えてそう言ったのかがこちらも質問できてわかりやすいので。

過去、毎回5000文字オーバーのラリーをしたこともあります。重たいな…わたしも相手も重いな…!*3
 



さっきあげた図の「無言の誰か」
これは「どうやっても合わない人」が含まれている可能性がある。
これは近々ちょっと関係するエントリを上げたいんだけど、ほぼ同じ考えをツイートしてくれていた人がいるので、それを貼り付けておく。

 

 

 

 

 

 

「結論は共感を得たい」というのはちょっと意見が異なるところなんだけど、概ねお前は俺か?感が高い…! 







わたしが書く最大の理由は、自分自身を知るため。その次は、誰かのため。

わたしは、顔のない大勢の誰かのために書いてるんじゃない。
まだ名前を知らない「あなた」のために書いてる。
 
 
 
もしもどこかのタイミングで出会うことがあったら、話をしよう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▼関連してるかもしれない記事▼


 

 

 

 

 

 
▼マシュマロやってます▼

 感想でも質問でもお題でもなんでもどうぞ。

だいたいTwitterで返答してから記事で補完してます。

 一周年なのでちやほやふわふわされたいですね!

 

 

 

ちなみに今までで一番好きなマシュマロはこれです。

 なんだろう…なんかすごく好き…

 

 

 

 

 

 

▼今後書きたい記事メモ▼
・信長の野暮感想
・心臓が濡れる感想
・独鬼感想
・なぜ自分に呪いをかけるのか〜推しとファンとマウントと〜ルッキズムに縛られてしんどそうなオタクの話)
サマエルのしっかりした感想(円盤でおさらいしたし書きたい)
・TMO感想(円盤頼むの忘れてた。届いたら改めて書こう)
・H12感想(この間久しぶりに円盤を見たので)
・推しを自分の核にしてはいけない〜キャバクラで例える若手俳優について〜
・無意識なのか意図的なのかわからないマウントについて
・結局お花ってどうなのよ? 誰のための推し事なのか(諸事情により書かないかもしれない)
・spiファンミから考えた推しについて(イベントはSNS禁止なので感想のみ。…感想も禁止だったりするのか!?)
・渋谷でヤル会フェス感想
・ブログを書く事の功罪
・助けて!推しがおじいちゃんの下着みたいなタンクトップを着ているの!←書きました

・ジャージーボーイズ感想(これが1ヶ月見られるとか最高)

・ブログを書いている人へ61の質問(あらためてやりたいとぼんやり思ってる。前回の記事はこちら

・推察をネットで書くのは暴力なのか(マシュマロ返信)

・属性とレッテル貼りと「わからないボックス」、人と関わる方法(マシュマロ返信)

・俺得、全記事振り返り(まじでわたししか得しない。自分大好きかよ!)

・質問をすることの恐ろしさ(書くかなーどうかなー)

 

 

 

長いな!

それでは良い推し事ライフを!!

 

 

 

 

*1:たとえば、過去の自分自身に話したいという気持ちもある。

*2:ただ軋轢が生まれるかもしれないので、積極的に干渉するのはお互いの心の平穏のために避けた方がいいかもしれないとは思う。特にネットは自分で情報の取捨選択ができるので。わたしが見てる世界以外も当然尊重されるべきだと思っている。だから、不快になったり、無理をしてまで見て欲しいとは全く思っていないです。

*3:ただ、わたしはクローズドなコミュニケーション(メール、LINE、DM)に関しては即レスができない。「返信しないといけない圧」を感じるから、ちゃんと考えないと!と思うと気軽に返せない…。なので普通に数日放置とかやりがちです。すみません

【9/12追記】推しにリプライを送るか否か問題

 
 
結論:送りたいなら送り、そうでないなら送らなければ良い。自由にすれば良い。
 
 
結論を急ぎすぎたのであとで詳細を書きます。
9/11追記 リプで「母数によるのでは?」等の意見を頂いたりエアリプでなるほど!と思った意見があるので、記事の終わりの方に追記しました
9/12追記 質問者の方が穏やかに推し事して欲しいなという話を追記しました。
 
 
 
推しが出演するミュージカルが先日始まりました!!!
今回はチームが白・青に分かれており、どちらも非常に見応えがあるので、お時間がある方はぜひご覧ください。平日は先着で当日券、休日は抽選でキャンセル席券が出ております。→詳細はこちら
歌が上手いはずの推しが稽古が大変だと言うくらい、全員が恐ろしい歌唱力の持ち主だしかっこいいです。(各媒体のまとめ記事はこちら
 
 
現時点で白・青両チーム観劇しましたが、
それぞれのカラーがはっきり分かれていておもしろいです。
役者が違うのでニュアンスが違うのはもちろんですが、同じシーンなのに動きや演技自体違ったりする…。
同じチームの演技がどう変わっていくかも見所ですが、各チームのどこが違うのかを見比べるのも楽しめそうです。
 
 
 
 
 
さて本題です。
皆さんの推しはSNSをやっていますか。
 
今日はいただいたマシュマロに返信する形で、推しにリプライを送るか否かという話を書きます。
 

 

f:id:Bn295:20180910233444j:plain

 
 
 
 
 
 
引用形式で話を進めていきます。
 
かんそうぶんさん、こんばんは。
かんそうぶんさんのブログいつも拝見しています。
突然ですが私は声優さんを推しています。そしてその声優さんはツイッターをしています。
ツイッターの内容は主にブログ更新の引用、仕事の宣伝、日常のことなどです。

 

 
ブログ閲覧ありがとうございます、うれしいです!
毎日SNSで発信してくれる推しさんって良いですね。今日も元気なんだなーと実感できそうです。
現場がない日も同じ空の下で推しが生活している!
同じ時代に生まれたという奇跡!サンキュー神様!(ノリが軽い)
 
 
 
 
 
かんそうぶんさんは推しのSNSにリプ返しますか?またその行為をどう思いますか。

 

わたしは推しにリプライを送りません。でもリプを送る人がいるのは良いことだと思います。なぜなら推しが発信したものに反応がないのは良くないと思うからです。
 
「じゃあ自分でリプを送ればいいのでは?」と思われそうですが、その役目はほかの人に任せようという気持ちです。詳しくは後述します。
 
 
 
 
 
私は声優さんのツイートにほぼ必ずリプをしています。
出演決定おめでとうございます、聴きに行きます、応援していますという感じです。
声優さんのツイート頻度は基本1日に1回なので、私も1日1回リプ返しています。
1日に3回ツイート更新された日は流石に全部にリプを送るのは気持ち悪い気がして遠慮します。

 

これを読んで、質問者さんは相手への配慮を忘れない方なんだろうなと思いました
全部にリプを送るのが気持ち悪いかどうかを決めるのは推しさんなので、それが良いことかどうかはわからないんですけど、わたしはそういう配慮を欠かない方って良いなーと思います。
 
 
 
 
有名人と同列に語るのは微妙な気もしますが、自分の身近な例で考えると、ブログが似た感じだなと思います。
はてなブログってスターがあるじゃないですか。あれでいつもスターを押してくれる人は、読んでくれているんだなあ、うれしいなあと思います。わたしのブログはいわゆる舞台俳優のオタクのスタンダードからは若干逸れている自覚があるので、読んでくれる人がいるだけでうれしい。
 
スターをくれるともっとうれしい。
引用スターだともっとうれしい。ここが伝わったのかなー、書いてよかったなと思います。
だから引用スターをください。たくさんください(直球)
 
 
 
 
 
 
話が逸れました。
 
有名人のSNSはイイネやRTなどが多いので、本人はそのひとつひとつを追っていないと思います。通知も切ってると思うし。
でもリプライは見るんじゃないかなあ…それがわたしにおけるスターみたいなうれしさに当たるものなのかな…と思いました(質問者さんがはてブロやってなかったらニュアンスが伝わりづらい…すみません)
 
 
 
あくまでもはてブロのスター≒リプライという前提で話すと、反応があるのはうれしいと思います。全然ないとさみしい。だし、いつもリプライをくれる人ってやっぱりうれしいんじゃないかなと思います。場合によると思いますが(後述)
 
 
 
 
 
 
 

推しのツイートにリプを送るメリット・デメリット

メリット

  • 反応があることを推しが喜ぶ(かもしれない)推し本人へのメリット
  • 表に立つ仕事なので、反応の大きさが人気のバロメーターのひとつになる…推しの周りへのメリット
  • 推しへ応援の気持ちを伝えらえる…自分のメリット
 
番外編
  • 推しにTwitterを認知される…自分のメリット
これはすでに認知されてたらあまり関係ないかもしれない。そして認知されたくないならデメリットですね。認知されたくない派はそもそもリプライを送らない・自分と紐づかないように送ってると思うけど…
 
 

デメリット

  • リプライの内容やテンションなどによっては、推しが嫌がるかもしれない
  • 同担に監視される可能性がある
  • 雑多なアカウントな場合「この人のファンはこういう人が付いている」と思われ推しの評判が下がる可能性がある(ナマモノ下ネタや腐のアカウントとごっちゃになってるなど)
 
 
 
 
 

毎日リプ返、全部にリプ返は気持ち悪いのか

人によると思いますが、有名人はリプをちゃんと読んでいるのか?という疑問があります。1日1ツイート、リプライが2〜30くらいまでなら読んだりするのかなあ…(何の根拠もなく出した数字です)ファンからのリプに、イイネじゃなくてリプを返してくれるタイプの芸能人なら読んでると思うんですけど、その辺りは性格によりそう。
 
 
一般人のTwitterに当てはめて考えると、全てにリプ返をする人って重いし気持ち悪いしと思うんですけど、有名人のそれって使い方が一般人と違うと思うので、そこまで気にする必要はないかもしれません。
 
 

むしろ、推しへのリプをガッツリ読んでいるのは同担なのでは…?こわいですね。

 
 
 
もしも質問者さんが他人の目が気になるタイプだとしたら、推しじゃなくて、同担にどう思われるかをシミュレーションしてリプの頻度を考えるのもありかもなと思いました。
 
さて、次からはわたしが推しにリプライしない理由を書いていきます。
 
 
 
 
 
 

わたしが推しにリプライしない理由

①推しのツイートやインスタを見て、好きなように、自由に意見を言いたい 

わたしの推しは、意味がわからない投稿をすることがあります。
直近でいうと、インスタのこれとか。
 
 
ラーメン二郎の画像に「壮絶」とつけてUPしています。
 
 
 
壮絶とは??
 
 
 
 
 
後日理由が判明したけど、この地球の画像のツイートとか。
理由については確かレポ禁止のイベントで話していたので割愛)
 

  

 

 

…意味がわからない。
 
 
 
 
推しはおそらく他者から何かしらのアクションがあるのが好きなタイプなので、「どうしたんですか?w」と言われたくてツイートしてる気がするんですけど、なんかね、癪なんですよね。
推しは結構「してやったり」みたいな顔をする印象があるので、あーー、またそうやって興味を引こうとしているんだろう!!? その手には乗らん!!!!!!!!
みたいな気持ちがあります。
 
 
これ以上手のひらの上で転がされてたまるか。
 
 
そしてリプライを送るって、相手がどう受け取るかを考えないといけないじゃないですか。まさかさっきの地球画像のツイートに、「意味がわからない」とリプライをするわけにはいかない。
そんなこともあり、推し本人にリプをするより、自分のTLで推しが発信したものに対してあれやこれや話している方がわたしは楽しい。
それが理由その①
 
 
 
 
 
 

②有名人へのリプは9割クソリプ化しがち

これは完全に「有名人と一般人ではTwitterの使い方が違うと思う」という話と矛盾します。それでも思ってしまうんですよ。 
 

f:id:Bn295:20180911001547j:plain 

 
 
クソリプの分類はこちらがわかりやすいです。

 

 

 

ちなみにブログだとこちらがおもしろかったです


 
自己顕示種
どんな話題でも自分の話に持っていくスタイル
  • 自分語り系:「私もちょうど動物園でゴリラを見ました」
  • 知識自慢系:「ちなみにクソを投げるゴリラは興奮したオスが一番多く、次いで子育て中のメスが威嚇のため――」

 

 
 
 
 
有名人に送るリプって、うっかりするとこの自己顕示種になりがちじゃないですか?
 
多くの場合、芸能人と双方向のコミュニケーションをツイッターインスタで行えるのは稀なので*1、どうしてもクソリプ化しやすい。
 
 
質問者さんのように「聴きに行きます」「応援してます」なら普通のリプの範疇だと思うんですが、これにイベント楽しみにしてます!◯日に行きます!」とか「わたしも××好きです!」ラーメン二郎一号店は三田にあるんですよ!」とかがくっつくとクソリプ爆誕です。
 
 
 
そもそも関係性ができてない相手に送れる言葉ってかなり限られてます。
よく知る相手なら「わたしも二郎行きたい」とか気軽に送れますけど、よく知らない相手に普通送りませんよね…。お前誰やねん、距離感読み間違え野郎か?ってなりますよね…
 
わたしはツイッタークソリプやクソDMが来るとスン...となるので、自分のリプがクソ化する可能性を考えると送りたくない!!!!!
これが理由②です。*2
 
 
 
ただ、再度言いますがおそらく有名人と一般人ではツイッターの使い方が異なります。
内容よりも「リプライが付く」ということが重要なのでは?と思います(予想だけど)
この理由②については、わたしが自意識がこじれためんどくさい人間だからそう思うだけで、あんまり気にしなくてもいいと思います。
 
 
 
 
 
 
 

③同担からの監視がめんどくさい 

わたしは推しのツイートに付いたリプライを見ないし、推しへリプライを送る人をほぼフォローしていません。そもそも同担という括りで他人を見てないし、好意も敵意も特にないです*3
 
でも、何かのきっかけで推しへのリプが目に入ることはあります。
その時に「あー、いつもの…」という人がいるのはなんとなく把握しています。
それでですよ、
 
 
 
 
インターネットって闇が深いじゃないですか。
 
 
 
 
同担とか他担とか関係なく、ヲチが好きな人っていますよね。
推しへリプを送る→必然的に他人の目に触れる可能性が上がる
これがめんどくさいなあと思います。
 
 
わたしの場合、
  1. 推しのイベントの感想をポエミーにブログで書く一部の同担に名前を覚えられる
  2. 迷惑にならないプレゼントは何だろう?という記事を書く→軽くバズって同担、他担の一部に嫌われ名前を覚えらる*4*5
  3. 1,2がもとで、わたしをdisってる人を偶然見つける→わたしの事ですか?と本人にリプライを送る
  4. その様子をヤバイ奴がいる!と闇が深いアカウントたち(婉曲表現)に拡散される(その事について考えた記事はこちら
 
みたいなことが過去にあったので、めんどうなんですよ。人目に触れるのが。
ブログ書いててなに言ってるんだって感じですけども。
 
 
 
頭のなかを見せるのは好きなんですけど、一部分だけ切り取ってdisられたり、文脈が読めない人にあれこれ言われるのは、あまりおもしろくない。
エゴサはしないので、そういう自分のネガティブな話題に触れる事は事故でしかあり得ないし、なんでもかんでも美味しくネタにする気持ちで生きているので、大概は美味しく調理はします。が、365日心身ともに健やかな訳ではないので、たまに物陰から投げられた石を喰らって流血したりします。
 
 
まあ、いわゆる「舞台俳優のオタク」の価値観に染まってない人は闇が深いアカウント(婉曲表現)闇が深い掲示(婉曲表現)をそもそも見ないので、そういうところにどっぷり浸かってる人に何か言われたところで…という気持ちもありはするんですが…。*6
 
 
 
なんにせよ穏やかに生きたい気持ちが強いので、余計なところで人目に触れる機会はあまり作りたくはないんですね。疲れるので。
これが理由その③です。
 
 

f:id:Bn295:20180911021802j:plain

闇が深いインターネット ※画像はイメージです

 
 
 
 
 
 

推しにリプライするかしないか問題、まとめ

 
ここまで書いてきて、自分の場合はリプライをするメリットよりデメリットの方が上回ってるからリプライを送らないんだな…と発見しました。すごい…!そうだったのか!ありがとうございます。
 
推しへの気持ちを伝えるのは、現場に入ったときの手紙でできるしなあ…というのがわたしの考えです。でも基本プレボに突っ込む派(郵送はタイムラグがあるからしない)(公演中は読んでなさそうな気もするけどまあそれは置いといて)なので、千秋楽後に感想を伝えたい!みたいなときは、これから先リプライを送るかもしれない…。
 
 
 
 
ここまで書いて気づきました。
わたしは自分が穏やかに過ごすためにリプライをしないという選択をしています。
でも質問者さんは推しの事を考えて、レスポンスがあった方が良いと考えてリプライをしてますよね。
なんかすごいなあ…!
質問者さんのような存在がモチベーションの低下を防いでいると思うし、そういう人がたくさんいた方が良いんじゃないかなあと思います。ほんとに。
 
 
 
--------------------▼追記▼--------------------

リプライについてこんな意見をいただきました。

 

たしかにーーーー!!

数十のリプライと5つくらいのリプライだと意味合いが全然違ってきますね。
モチベーション維持のためにリプを送ろう!という気持ちになりそう。

 

 

砂漠の水、わかる。

そうかー!
 

 

こちらもリプライの母数が少ない場合のお話。

全く知らない人なら、リプの多い少ないで人気か否かを判断してしまうかもしれない。確かにたくさん付いてるほうが同担以外も興味を持ちそうです。




あとはリプは「手紙」だと思ってるから見られたくないという意見を見て、それもあるーーー!と思いました。

わたしはニュークスが好きです。ラリーとバリーのところできゅんとする。
 
 
お城の謁見くらいの意気込みを必要とするという意見もうなずきました。
わかる…わかる…(というかたとえのセンスが抜群すぎて!!)
 
自分が送るとしたらどんな感じだろ。
他の方も書いてたけど、定型文って感じになりそうであんまり気にはならないかもなあ…どうなんだろ。試しに送ってみて、インプレッションがそのツイだけ異常に多かったらそのとき考えようかな(?)
 
--------------------▼追記2▼--------------------
 

 このツイートを見てつらつらと。

 

 

 

 

 

どういう背景で質問をくださったのかは分からないけど、質問者さんが穏やかに推し事できるといいなと思いました。

 
 
 
------------------------------追記ここまで------------------------------
 
 
 
 
 
一番最初も書きましたが、 毎日のリプが迷惑か否かは推しさん当人じゃないとわからない(そして仮に、推しさんに接触で迷惑じゃないか聞いたとしても、迷惑だとは言われないと思う)ので、答えが出ない問題だと思います。
 
なので、自分が送りたければ送ればいいし、気持ち悪いかなと思うなら自重すればいいと思います。
 
す、すごい…! 求められている答えになっている気がしない!!
でも終わります! 
 
 
 
 
 
 
 
 
▼関連記事▼

自分語り系リプライって、おっさんのLINEみたいだよねーとかいう話とか。 

 

 

 

 

▼マシュマロやってます▼

 感想でも質問でもお題でもなんでもどうぞ。

だいたいTwitterで返答してから記事で補完してます。

 

 

▼今後書きたい記事メモ▼
・信長の野暮感想
・心臓が濡れる感想
・独鬼感想
・なぜ自分に呪いをかけるのか〜推しとファンとマウントと〜ルッキズムに縛られてしんどそうなオタクの話)
サマエルのしっかりした感想(円盤でおさらいしたし書きたい)
・TMO感想(円盤頼むの忘れてた。届いたら改めて書こう)
・H12感想(この間久しぶりに円盤を見たので)
・推しを自分の核にしてはいけない〜キャバクラで例える若手俳優について〜
・無意識なのか意図的なのかわからないマウントについて
・結局お花ってどうなのよ? 誰のための推し事なのか
・spiファンミから考えた推しについて(イベントはSNS禁止なので感想のみ。…感想も禁止だったりするのか!?)
・渋谷でヤル会フェス感想
・ブログを書く事の功罪
・助けて!推しがおじいちゃんの下着みたいなタンクトップを着ているの!←書きました

・ジャージーボーイズ感想(これが1ヶ月見られるとか最高)

 

 

 

 

今日は自分のなかの推し事記念日なので、できればもうひとつ記事を書きたいなー。無理なら9/16に書きたい。

 

 

 

それでは良い推し事ライフを!

 

 

 

 

*1:もし認知があったとしても、多くの人から見える場所でリプのやりとりをする「推しとファン」って少ない気がします。他の人との無駄な軋轢などを避けるため、なるべくオープンな場でのやりとりは避けるんじゃないだろうか。知らんけど。

*2:ちなみに現在のアカウントにクソリプクソDMはほぼきませんので、過去にリプライやDMを送った方は気にしないでください

*3:明らかに迷惑行為を行う人は一族郎党滅びれば良いと思っています

*4:嫌われるようなこと書いてないと思うんですけどね。ある人が言った「自分のプレゼント(ひいては自分自身)が否定されているような気がして不快になった」というのが真相なんだろうなと思います。

*5:今読み返したら、その3が冗長すぎる

*6:社会勉強のために覗いたら、闇が深くてしんどくなったので早々に退却した

9/21更新 ジャージーボーイズ2018 各媒体記事まとめ


ミュージカルジャージーボーイズ、明日からシアタークリエにて始まります。
まだ手紙も書けてないし、封筒もデザインできてない!
映画も今日中におさらいしておきたい!


やることはいっぱいありますが、
囲み取材の様子などをまとめておきます。

※9/11追記
各媒体の囲み取材、ゲネプロ、観劇レポ、カテコ動画など追記したまとめ記事です。囲み取材の推しについて触れていたまとめ→各媒体記事まとめに変更してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

9/6 囲み取材 


スパイス 

spice.eplus.jp

 


個人写真がありがたい。
各キャストにきちんとスポットを当ててバランスよくまとめている記事という印象。
この囲み取材は伊礼さんが終始ぐいぐい出てくる感じでおもしろいんですけど(このエントリの後半に動画貼ってます)、映像では写ってない他のメンバーが笑う写真をばっちり使ってくれていてうれしい。


笑う推し!!
終始緊張気味で借りてきたみたいな雰囲気だったのに、こういう感じで笑っていたんですね。かわいいぞ。
藤田さん、水玉のシャツがおそろしく似合うな…!



 

 

 


アステージ

 




インタビューが細かく文字起こしされてて雰囲気が伝わってきます。


写真1枚目
横にラインが入ってるパンツだとジャージに見えそうなのに、皆さんびしっと着こなしていらっしゃる…。にこやかなチームWhiteと対照的に、同じポーズで写っているのに強烈な個性の片鱗を見せるBlue。
優等生的な、少しかたい笑顔の推しがかわいい。

写真3枚目
くしゃっと笑う推し。
姿勢も体格も良い。

中河内さんの白米発言を拾ってインタビューに答える藤田さんが素敵です。




 

 

 


ステージナタリー 

 

natalie.mu

 


写真が19枚!大盤振る舞いですね。ありがたい。
白米のWhite、クールなBlueと見出しに書きつつ、白米ネタについては深く記事では突っ込まないクールなナタリー。ちなみに動画では、中河内さんの白米ネタの際に海宝さんがお米を研ぐ仕草をしていてかわいいです。

7枚目、普通に立っていても胸筋がしっかりあるのがわかります。鍛えてるなー!
10枚目、話してる最中を撮られてしまった推し。親指の角度がキュート。
12枚目、ニコーっとしたところがかわいい。優等生的なインタビューなので、こういうギャップがいいですね。



 

 

 


エキサイトニュース&ライブドアニュース(文章、画像同じ) 




アステージとほぼ同じアングル・同じタイミングの写真ですね。
間違い探しが捗る(?)

 


中河内は「研ぎ澄まされた白米のようになっています。白チームだけに」と周囲を笑わせる。伊礼から「何の白米?」とつっこまれると、「『新之助』です。新潟の新しいお米」と、米へのこだわりもある様子。

 


なぜそこを拾った(困惑)



 

 


ライブドアニュース(短い版) 



推しが写ってなくて残念ですが、フランキーとWトミーという画像もおいしい。
中河内さんは動画ではチンピラ感がすごいですが(ほめてます)、写真だと品行方正に見えますね。
目がただならぬ気配を感じさせるけど…!さすがトミー…(?)


 

 

 



マイナビニュース 

 

news.mynavi.jp


キメ顔じゃなくて喋ってる最中の表情。
自然な感じがいいですね。推しの緊張感が伝わってくるようだ…!
集合写真で目をつぶっちゃってるのが良い。


 

 

 

 




スマートボーイ 

 

sumabo.jp


写真がおっきい!いいですね!
そして全体的に写真の写りが良い。
各キャスト個人の写真を押さえてくれているのもありがたい。


推しのスタイルの良さがわかる写真…。伊礼さんと推し、顔が小さいですね。
アッキーさんと比べると、推しの身幅が2倍くらいあります。でかい。
1,3枚目とも好青年のような写り方ですが、どんなニックを見せてくれるんでしょうか。楽しみ。

アステージの写真もそうですが、伊礼さんの自信ありげな顎を上げた写り方、好きです。
チンピラっぽいぞ!トミーだ!

 

 

 



げきぴあ

 

2018年版『ジャージー・ボーイズ』まもなく開幕! 初日前囲み取材でキャストが意気込みを語る - げきぴあ



最低男優賞のくだりを唯一拾うげきぴあw

だけど「大阪だったらウケるのになあ…拠点移した方がいいのかな」は拾わないあたりが好きですw
推しがちょっと前かがみでくしゃっと笑ってるところがかわいい。




 

シアターガイド

 


わかりやすく文字起こしをしてくれていて読みやすい記事。
画像は囲み取材とBlueのゲネプロからですね。うれしい。

ゲネプロ画像は推しのぴかぴかの笑顔、囲み取材の画像は他の媒体とちょっと違う表情。良い…。

 

 

 

 

 

 

エンタステージ

 


げきぴあに続き、最低男優賞の話を拾ってきましたエンタステージ。

(このまとめに追記している9/10時点で白・青両方観劇しましたが、伊礼さんのトミー素敵だったな…実生活では関わりたくはないタイプだけど!)

集合写真、推しの伺うような、ナイーブな感じの表情がツボです。どうしたんだ… 

 

 
 
 
 
 


エントレ(動画) 

entre-news.jp

www.youtube.com



各社の記事を読んでから動画を見ると味わいが増します。
噛めば噛むほど甘みが増す白米のようですね(?)

矢崎さんが話している最中、静止できずにゆらゆらする推し。
手持ち無沙汰に左手人差し指をゆっくりとんとんする推し。

役に入ってない & 映像媒体だと、本当に借りてきた猫というか、ナイーブで引っ込み思案な少年のような雰囲気が出るので「がんばれ!がんばれ…!」と声援を送りたくなります。
舞台の上だとリラックスしてのびのびとしている印象が強いので、
たまに映像を見るとその落差に「うーん、やはり振れ幅が大きい…」と唸ってしまいます(ちょこんとその場にいる感じが個人的には好き。)


そしてインタビューの受け答え。
若さを前面に押し出した謙虚な感じ!

 
 
 
 

イデアニュース 

なんと18分20秒。インタビュアーの声も入った囲み取材完全版です。
受け答えをしている間の同チームの人の様子が引きで映っていてうれしい。
 
推しは相変わらず終始緊張している…しゃちほこばる186センチ。
借りてきたすぴ。
落ち着かずにそわそわ、矢崎さんのインタビューの時に名前を出されて高速でまばたきをパチパチ繰り返す様子に声援を送りたくなります(二度目)
 
こっそり伊礼さんに「こらこらこら」とツッコミを入れる9分過ぎや、藤田さんのインタビュー中に肩をすくめて歯を見せつつニカッと笑うところが見どころ…!
まぶたの色がきれいです。
 
しかし引きで見ると本当に体格が良い。
藤田さんが「(伊礼さんとspiさんは)日本人じゃありません!」というのも頷ける体格の良さ…!(実際は雰囲気の話で、伊礼さんに「差別発言だ!これ書いといてくださいよ!」と突っ込まれていた笑)
 
 
お米の銘柄の話、Blueチームのグローバル発言がどこで出てきたのかがわかっておもしろい。
 
 
 
 
 
 
 

公開ゲネプロ(White)

エントレ

3分も見てしまっていいんですか!?
歌う姿だけでそれぞれの性格が出てる…
海宝さんが王族のような高貴な雰囲気ですね…さすが一人だけ前科がないボブ(?)
 
 
 

 アステージ

 


ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』ゲネプロ

 

音が悪いのがちょっと残念ですが、それでも素晴らしさが伝わってきます。

中河内さんのトミーのヤンチャな感じが素敵。

 

 

 

 
 
ゲネプロでこのクオリティ…!

 

 

 

そりゃ盛り上がりますよね…(レポ楽しみ!) 

 

 

  

 

 

 

スパイス

写真が大きい!
画像メインで簡潔にまとめてくれている記事。
 
 
 

ステージナタリー 

ストーリーだけでなく、セットや小道具にも触れている記事。
クリティカルなネタバレもなくて読みやすくて分かりやすい。
 
 
 
 
 

公開ゲネプロ(Blue)

 

 

 

 

スパイス

Whiteと同じく写真が大きいスパイス。

 

 

 

スマートボーイ

 

若干写真がピンボケ気味かも。

 

 

ステージナタリー

 

Whiteとおなじく読み応えがあるナタリーの記事。

 
 
 

エンタステージ

 

メインキャストだけでなくシングルキャストについても触れているエンタステージ。
 
 

 

ストーリーと演技についてかなり詳しく書いてあるレポ。ネタバレが気になる人は観劇後に観た方がよいかも。

 

 
 
 
 

観劇レビュー

チームWhite

 

entre-news.jp

 
 

 

 

okepi.net

 
 
 
 

初日カーテンコール

チームWhite

 


『ジャージー・ボーイズ』初日カーテンコール ダイジェスト

 
 

 

White初日は若干(観客側に)手探りな感じがあったぶん、カテコがすごく盛り上がった印象でした。 

 

 
 

チームBlue

 

 
 

 

 

アッキーさんが緊張してたのか、間違えまくってて可愛かったです笑 
 
カテコ、捌けていく方向を間違って、一人舞台上手にぽつんと残って「あれ?」と立ち止まり、振り向いて下手に走って捌けていく推しがかわいすぎました。
全景が映ってなくて残念です。心の中に留めておこう…!!
 
 
 
見つけ次第、記事追記していきます。
 
 
 
 
 
 


稽古期間中に開催されたファンミの際に思いましたが、
今回は技術的な面で大変な部分が大きかったんだろうなと感じました。


そして某雑誌のインタビューを見た時に感じたのは、
自分にはできないこと、自分が持っていないものをきちんと受け入れられること、
それを他人に言える強さを持ってる人だなということです。(似たことは過去の発言からも感じたことがある*1んですけど)
 
経験や貫禄では、前回キャストの吉原さんや今回の福井さんに敵わない。
それをまっすぐに受け止め、その上で役に向き合い、自分と役、自分と他者の関係性を模索し役を作り上げていくような推しの姿勢がわたしは好きです。
 
 
 
 



推しは公演期間中に役へのアプローチをかなり変えてくるのですが、今回のジャージーボーイズで彼が見つけたのはどんなニック・マッシなのか、それがどう変化していくのか、今からすごく楽しみです。

わくわくする1ヶ月がはじまります。
たのしみ!
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
▼マシュマロやってます▼

 感想でも質問でもお題でもなんでもどうぞ。

だいたいTwitterで返答してから記事で補完してます。