晴れた日のねどこ

答えの出ないことばかり考えている

狂気のまさしと大人なやまと

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。お盆が過ぎ去ったら即秋の雰囲気を出してくる日本、空気を読むスキルが高いですね。
とか言いつつ、もう少し経ったら残暑で死にそうになりそう。日本の夏は手強い。
気まぐれわがままガールか?

 

 

さて、7月末の月曜日、イベント「まさしとやまとの祝日」に行ってきました。

 

 

 

 


…?
………!!
もうひと月弱たってますね!? やべえよ…光陰矢の如し。
自分内ブログ強化月間中なので、忘れないうちに書いていきます。

 

 

 

https://masashitoyamato.info/

 

【日程】
2018年7月30日(月)

【時間】
昼の部:開場 13:30 開演 14:00
夜の部:開場 18:30 開演 19:00
※各部とも終演後3ショットチェキ撮影会を開催

人気俳優・五十嵐雅と古谷大和の2人による初のファンイベントが待望の開催!
イベント参加者全員が、2人との3ショットチェキが撮れちゃいます!


【会場】
東京・渋谷
Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
渋谷区道玄坂2−29−5 渋谷プライム6F


【出演者】
五十嵐雅・古谷大和

【料金】(昼の部・夜の部ともに同料金)
●プレミアムシート(1階1列・2列・3列)プレゼント付き 10000円
セミ・プレミアムシート(1階4列)プレゼント付き 8000円
セミ・プレミアムシート(2階1列中央)プレゼント付き 8000円
●一般 6000円
(全指定席、ご入場時1ドリンク付き、税込)

 

座席表

Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE【公式】カトープレジャーグループ

 

 

 

 

 

チケット申し込み
初めて使うPeatixというサイト。
どうせならプレミアムシートを狙うか! と開始即アタックしたものの、即受付終了。
サーバもダウンし混乱の極み(わたしが)
数時間後?にはプレミアムシート、セミ・プレミアムシート共に復活していたそうで、ちょっとだけ複雑な気持ちになりました。

が、致し方なく一般で申し込みましたが、良席を引く事ができました。
やったー!

 

ところで、こういう風にカネで良席が買えるシステム良くないですか?
わたしは好きです。単純明快。

 

 

 

 

 

 

 

 

祝日をタイトルに冠しているのでてっきり祝日だと思っていた。だまされた。

 


幸い半休をとれば昼夜間に合う感じだったので、いそいそと会場に向かう。
古谷さんも五十嵐さんも、知ったのはブタキン(キンプリ)から。
その後それぞれが出演する別の舞台を観に行ったり、落語を聞きに行ったりしてゆるっと現場に通っている感じです。

マウントレーニアホールは初めてでしたが、椅子の感じも良いしドリンクも飲めるし良いですね…。昼はSKYY BLUE、夜はモヒートを飲んでご機嫌に過ごしました。

f:id:Bn295:20180819001923j:plain

 

 

 

物販列では近くのラジカセからまさし&やまと(と書くと芸人のようだな)トークが流れてくるし、スタッフさんが「音量大丈夫?うるさくないですか?」と声をかけてくれたりで、アットホームでよかったです。

物販列って結構暇だからこういうのうれしい。

 

 

 

 


イベント自体の構成はざっくり分けて以下の通り。

  • 電源オフをお願いする二人の前説(音声のみ)
  • 各コーナーを紹介するミニドラマ仕立て?の映像
  • ふたり+ギターのハリーさんが登場
  • お互いがお互いを紹介するコーナー「イメージングクルーズ」
  • 客席からお題を募集し二人が演技をする「ホーンテッドエチュード
  • トークコーナー「まさしとやまとの家」
  • 3ショットチェキ(+チェキ券購入者はツーショチェキ)コーナー「チェキチェキハウス」

 

 

 

 

 


昼夜ごちゃ混ぜで感想を。


まず前説。
お二人自らスマホや電子機器の電源をオフにしてね!ってお願いをするのがすごくよかったー!
わたしはバイブ音がすごく気になるタイプで、そういう人と劇場で遭遇すると本当に萎えるんだけど、イベントの主役がお願いしたら皆「電源落とそう!」って気持ちになるしちゃんと聞くもんなあ。

 

 

奇しくもイベント後にこういうツイート↓を見かけて、深く頷いた…

 

 

 

着信音やアラームは論外だけど、バイブ音や携帯の液晶の光が漏れてるのもわたしは気になります。
今回、役者目線での意見を聞けたのも良かった。

 

 


やっぱり役者さんも気が散るんだなあ。
やまとくんが言うように、観客も一瞬そっちに意識を持っていかれるから、最高のシーンを見逃すかもしれない。

特に舞台ってナマモノ、ライブなわけだから、些細なことで台無しになりかねない。音響トラブルの原因にもなるし。
パフォーマンスの質を低下させる恐れがある行為は、やっぱり絶対だめだよなと改めて思いました。
舞台というのは…役者と観客双方が協力して創り上げるものだから…(ろくろを回しながら)

 

 

 

 


各コーナー紹介映像

 

大体耐えきれずに笑ってたんだけど、このパロディも良かった。
パトランプがなぜかシリコン製折りたたみバケツ!雑wwwww

 


ホーンテッドエチュードの紹介映像がめちゃくちゃシュールだった。
まさし! どうしてそこに!?(やまとくんが座ってたソファの後ろ、床にぴーんと横になって寝てた)
後半のトークで「ずっとあの姿勢でいたから疲れた」「ソファの上の方に足を引っ掛けて耐えた」と言ってて、そういう狂気じみたところが本当に似合うな…としみじみ思いました。
すき…。


なぜかガードレールの上に置いてある赤飯?をおもむろに手に取りムシャムシャと食べ始めるまさし。
その後ハイテンションで道路をピョンピョン飛び跳ね去っていくまさし…

だめだ!!!
まさしの狂気が強すぎて、やまとくんの印象が吹っ飛んでしまった…

 

 

 

 


イメージングクルーズ

お互いがお互いの印象を演じる…みたいなコーナーだったんだけど、謎が深すぎた。
まさし→やまとはガチガチに決まった台本を二人が読むというシュールなもの。
やまと→まさしは、売れないミュージシャンの部屋に何者かが侵入してくる…という内容をやまとくんが一人芝居で演じて最後に歌う。

…意味がわからない。
まさしは狂人だな…と思ってたけど、やまとくんも大概なのかもしれない。
なんにせよカオスすぎる。
二人ともパジャマ着てステージに立っているし…!!!!!!

 

 ふたりのパジャマはGU。それぞれが用意したらしい。まさし氏は昼と夜で別のパジャマに着替えていた。

 

 

 

 

ホーンテッドエチュード
うまく相手を誘導し、あらかじめ設定されたNGワードを相手が言うように仕向けつつエチュードを行う…というコーナー。
客席からのリクエストで決まった配役が、大学生とヒモ、警察官と赤ちゃん、ハリウッドスターと高校球児という狂ったものだった。
特に最後、なぜかハリウッドスターと高校球児がコンビニでバイトをするというシュールすぎる展開だった。やっぱこのふたり頭おかしいのかな…

 

 

 

 

 

まさしとやまとの家
質問にふたりが答えるコーナー。
いちばんおもしろかったのは、決めポーズをして!みたいなやつ。
やまとくんがめちゃくちゃカッコよくポーズを取り会場を沸かせた…と思いきや、そこから流れるような動きで次々ポーズを決めていく…!
これがプロかと思いました。
どのポーズも表情もかっこいいな…!

 

対するまさし氏は「えー!何個もやるなんて聞いてないよー!」と言いながら、THE★昭和!みたいなポーズをカクカク取ってました。おもしろすぎやん…。

 

まさし氏は普段喋りながら撮影に臨むそうで、それを頭に入れてから見返すブロマイドは味わい深かった…。
やまとくんが「喋ってた方がまわりも緊張しなくていい」と言ってて、良いコンビだなあと思いました。

 

 



チェキチェキルーム
ここまでで1時間くらいだったかな。
そこからはお待ちかねの?チェキです。
おそろしくかっこいいやまとくんと、パッション全開の狂気じみたまさしを前にして、一体どうすればいいんだと緊張が高まる。

昼夜で3ショット各1、ツーショを各2…のはずが、昼も夜もカメラの具合が悪く取り直しが発生。まさし氏とのツーショは合計4回撮影しました。

結構な人数取り直しの人がいたけど、ふたりともにこにこ笑顔で接してくれたり、順番待ちの時にブースから出てきて話をしてくれたり、ホスピタリティが高すぎる。

 

 

 

チェキはスタンダードな感じでハートを作ってもらったり(照れる)、やまとくんの足元がかわいかったのでそれが写るようにしゃがんでもらって撮ったりしました。
怪獣の足のスリッパ履いてたんですよ。かわいい。
残念ながらスリッパは写らなかったんですけど笑

しゃがんでもらってもいいですか?と聞いた時に「いいよー!おうちみたいなね、リラックスしてる感じね!」
と笑って、目を閉じてスヤスヤしたポーズをとってくれたやまとくんかわいかった…。

 


そしてハートを作る時は
「ポーズどうする〜?」
「ハート作ってもらえますか?」
「はいっ!(ぐいっと近づいて一緒にハートを作ってくれる)」
「近いww(動揺するオタク)」
『………』
「いまねー、カメラ待ち!」

 

…丁度トラブルがあったタイミングで、カメラ一台でまさし&やまとを交互に撮影していたので、カメラがその時こっちになかった…。
しかしわかっていながら即ハートを作ってくれる古谷大和という男…なんというやさしい男なのか…。まぶしいぜ…。

 

 

 

 

 

規定サイズ内のものは持ち込み可能だったので、iPadにイベント名を表示させて撮ってもらいました。
「わたしがこれを持つので、いい感じのカメラ目線でお願いします!」
という無茶振りにも答えてくれるやさしいふたり。
あとから「いい感じって!w」とまさし氏に突っ込まれましたが、「フリースタイルですよ!」と返しました。ほら、こう…本人の良さを引き出す!みたいな…素材そのまま加工なしみたいな…(?)

 

ふと思ったんですけど、ポーズ指定せず「カメラ目線でキメ顔お願いします」、それなりに良いのでは?と思ったけどどうなんでしょう?
ちなみにまさし氏はこのフリースタイルでめちゃくちゃ男前に写ってくれたのでグッときました。
昭和じゃない!めっちゃキメ顔!!!!


握手が力強いという話がちょいちょい出てたけど、握手してもらったときに本当に力強かった。まさし…すき…!!!!!

 

 

 

そんな感じで楽しかったです、まさしとやまとの祝日。
これで終わりにはしない!と言ってたから、第2回もぜひ行きたいなー。

 

イベント制作過程を書いてる記事もおもしろいです。

こういう舞台裏を知れるの好き。

note.mu

 

 

 

ところで五十嵐さんのファンって皆「まさし」と呼んでるからわたしや周りもなんとなく「まさし」呼びをしてるんですけど、これってどこ発祥なんでしょう。

本人?

 

 

 

 

▼マシュマロ返信▼

 

膝枕ってかなりすごくないですか…

その人、同担に見られても気にしないんでしょうか。そして推しにどう思われるのかも気にしないのかな…強いな…

なんか未知の世界過ぎて想像が追いつかないです。

あと関係ないけど、わたしの推しは太ももがぱつぱつなので、もし膝枕をリクエストする人がいたとしても首が痛くなりそうだな…と全然関係ない事を思いました。

 

 

 

▼マシュマロやってます▼

 感想でも質問でもお題でもどうぞー!

だいたいTwitterで返答してから記事で補完してます。
 
 
 
▼今後書きたい記事メモ▼
・信長の野暮感想
・心臓が濡れる感想
・独鬼感想
・なぜ自分に呪いをかけるのか〜推しとファンとマウントと〜(もうTwitterにたくさん書いてるから、一旦ドラフトで放流しようかな)
・他人を気にするオタクの心理考察(何書こうとしたんだっけ)
サマエルのしっかりした感想(円盤届いた!やったー!)
・TMO感想(すでに忘れつつある)
・H12感想(久しぶりに円盤を観たら推しが細い!いまランプの魔人みたいな体型してるのに、この頃は細い!!!!)
・幕末純情伝感想
・まさしとやまとの祝日感想←この記事!
・推しを自分の核にしてはいけない〜キャバクラで例える若手俳優について〜
・無意識なのか意図的なのかわからないマウントについて〜気をつけろ、そいつは性格が悪い〜
・結局お花ってどうなのよ? 誰のための推し事なのか
・spiファンミから考えた推しについて(イベントはSNS禁止なので感想のみ。…感想も禁止だったりするのか!?)
・渋谷でヤル会フェス感想

ハグチェキについてのマシュマロ返信


こんにちは。めずらしくマシュマロが賑わっていてうれしい!
みなさんチェキについては並々ならぬ思いがあるのでしょうか。
うれしいので返信の記事を書きます。


こちらの記事を読んでいただいたマシュマロたちです。

 

さっそくいってみます。



推しにどこまで求めるか問題

 




読んでくださってありがとうございます。わーい!

公開・枚数制限なし、ポーズ自由って怖すぎじゃないですか…。公開処刑では???
推しさんの列が徐々に長くなる=皆魅力に気づいてチェキを撮りたがっている!というのはファンとしてはうれしさもあり、負担にならないか心配もあり…という複雑な気持ちになりそう。

ひとりで10枚、ステージ上でハグ、自胸も押しつけるって、かなりの強メンタルですよね!?
列が長い、同担に見られる、他の出演者のファンにも見られるなかでそれは…それはどうなんだろう…!
全力で2時間くらいの舞台をやりきった後って、きっとすごく消耗してますよね。
早く帰りたいんじゃないかなあ…。撮影会の間は他の方(スタッフさん)も拘束されてるわけだし。

その方の周囲を顧みないメンタルの強さは日常生活でも遺憾無く発揮されていそう!
真似したくはないですけど!



自胸を押しつけるのは痴女なんじゃないでしょうか。
「推しくんにおっぱい押し付けちゃった〜★」とか言ってそうです。

胸はプライベートな部位なので、各自大事にしていただきたい。







距離の近い推し

 


おまかせにしても抱きしめてくれる!? 引き寄せられる!?
なんてこった!すごいぜ!!

こういうタイプの俳優さんなら、ポーズのお願いもすんなりできそう。
人懐っこかったり、パーソナルスペースが広いタイプの方なのかもしれませんね。


自分の推しがこういうタイプだったら、わたしもハグチェキをお願いしてみたりするのかな…
いや、やっぱり耐えきれず、みぞおちにエルボーとか入れるかもしれません。
好きな気持ちがあるからこそ、なんか近づきたくない!!!!


拒否られた人って何をお願いしたんでしょうね。
キス寸止めとかかしら…






プロ、古谷大和

 



そう!そう!!!!!大和くん近かった!!!!!
アーーーーー近いな!? やめろ、こっちはオタクだぞ!!!?!わかってんのか!?
と混乱しました。


「抱きしめて欲しい」

ってなんなんですか…こわい。どれだけの女を勘違いさせる気なんでしょうか古谷大和。
無邪気な笑顔を振りまきつつ、質問にはわざと答えてくれなかったり(フォロワーさん談)女を翻弄する古谷大和。
こちらが困惑するのを見て楽しんでいるんでしょうか古谷大和。
こわい。古谷大和という男がこわい。






ビジネスなので

 



こういう割り切った考え方もアリかもなあ…!
本命にはお願いできないというところがなんかかわいいです。
日常生活でも、どうでもいい(というと語弊がありますけど…!)人相手だと自由闊達に振る舞えるけど、憎からず思う相手の前では借りてきた猫みたいになってしまう…みたいなことはあると思うし、意外とそういうものなのかもなあ…


話が逸れますが、.5ブームはどれくらい続くんでしょうね。
年齢が上がっていくと続けるのも難しくなっていくと思うし、キャラ同一視のファンが多い=その舞台しか入らない(他作品での集客が見込みづらい)なら、次のステップに進んで欲しいという気持ちもとてもよくわかります。(本人や事務所の方針次第だろうと思いますけど)

穏やかに推し事ができるようお祈りしております…!








握手の方が恥ずかしくない

 


無事にイベントは終わったのでしょうか…!

リクエスト制&公開処刑ってめっちゃハードル高くないですか??
しかも接触自体が少ない推しさんということは、推しさんのチェキキャパ(?)も心配です。

わたしもポーズは指定制がいいな…
進行のスムーズさ俳優・オタク側の心労?もその方が少ないと思うんですけど、リクエスト制にするのはファンサービスの一環なんでしょうかね。


握手の方が恥ずかしくないのわかります。
だって…二人でハート作るとか、日常生活で絶対ないもん…むしろ意識してしまう…それなら毒を食らわば皿まで精神で(?)握手の方がいいです。

…あれ、それの最上級がもしかしてハグなのか???









チェキ以外のマシュマロ(と祝日の感想とか)は別記事でまとめようかなあと思うのですが、

こういうマシュマロもいただいてました。

 

ありがたい…! 日が経って忘れないうちにペースアップして書いていきたい!
 
 
 
 
▼マシュマロやってます▼

 感想でも質問でもお題でもどうぞー!

だいたいTwitterで返答してから記事で補完してます。
 
 
 
▼今後書きたい記事メモ▼
・信長の野暮感想
・心臓が濡れる感想
・独鬼感想
・なぜ自分に呪いをかけるのか〜推しとファンとマウントと〜(もうTwitterにたくさん書いてるから、一旦ドラフトで放流しようかな)
・他人を気にするオタクの心理考察(何書こうとしたんだっけ)
サマエルのしっかりした感想(円盤届いた!やったー!)
・TMO感想(すでに忘れつつある)
・H12感想(久しぶりに円盤を観たら推しが細い!いまランプの魔人みたいな体型してるのに、この頃は細い!!!!)
・幕末純情伝感想
・まさしとやまとの祝日感想
・推しを自分の核にしてはいけない〜キャバクラで例える若手俳優について〜
・無意識なのか意図的なのかわからないマウントについて〜気をつけろ、そいつは性格が悪い〜
・結局お花ってどうなのよ? 誰のための推し事なのか
・spiファンミから考えた推しについて(イベントはSNS禁止なので感想のみ。…感想も禁止だったりするのか!?)

推しがかわいい。(SNS編)

推しのファンミに行ってきました。
動く推しはとても良い!
ついでにベタな大阪観光もできて楽しかったです。


ファンミ前に下書きをしていたエントリを上げます。推しがかわいい話をしてるだけです。

 

 

 

 


白衣着てる時のふにゃふにゃでナードなオキソも好きだし、キリッとしたオキソも好…好……いや、やっぱりオキソむかつくわ…。

 

 

 

 

 

 

 


手がでかい VS 手がでかい
推しの力強いTシャツの絵柄も謎けど、伊万里くんのネックレス?も謎だ。なんだろう、武器かな…
格ゲーだったら両方ともパワータイプ間違いなし。

 

 

 

 

 

 

 


にこにこした推し。明らかに体格が良い。鍛えているなあ。腕を一振りしただけで相手をマットに沈められそうだぜ。
ところでそのダメージジーンズ私服ですか?ラピュタの街の人みたいにこう…筋肉をパァン!ってしたらビリビリビリィ!って破けたのかな…裾まで…。裾が破れてるデニムってあんまりなくないですか?どこでどうダメージを受けた設定なんだそのデニムは。
太ももとふくらはぎがパツパツで、しゃがんだ時に裂け目が拡大しないか心配です。

 

 

 

 

 


ぼんやりした推し。ムーっとした口がかわいい。
…!? ねえ、なんで一人だけ秋みたいな格好してるんですか!?暑いんですか寒いんですか!?どうしたんです!?

 

 

 

 

 
またムーっとした口をしている。かわいい。
ナチュラルに口角が上がってる人ってずるくない?いつもごきげんに見える。かわいい。いいなあ。
服を着てても鍛えているのがよくわかる。
すくすく育ってください…(?)

 

 

 

 

 

 


ふにゃっとしたやわらかい笑顔(少しだけ歯が見える)が良いですね。
さっきのツイートから背景処理をして配慮をするようになった推し。定期的に思い出したかのように背景を加工するのは何故なのか。
その謎を解き明かすべく、取材班はアマゾンの奥地へと飛んだ…

 

 

 

 

 

 


相変わらず手がでっかいふたり。
普通の人の顔を握りつぶせるくらいでかいのでは? でかい手っていいですよね…すごくいい。
ふたりの耳の形の違いも見どころのひとつだな。推しの耳の付き方が好きなんですよね…。あっ、もうすぐ放映?見なきゃ!!!(使命感)

 

 

 

 

 

 

 

謎のアップを見せつける推し。信長なのに茶髪ってどういうことなんでしょうね。ぷんすこしてる信長がかわいいし、だらしないクズなところも良いのでオールオッケーです。
目の色がきれい。

 

 

 

 

 

let it beer!
ブロマイド6枚1000円って破格。
6枚1000円って何?タダじゃん。もうちょっと商売っ気を出してくれてもいいのに…!
ハァ、しかしやっぱり手が大きいですね。すべてを掴んでくれよ…その大きな手で…!
友達が言ってたんだけど、この写真シチュエーションおかしくないですか?バーカウンターの内側にアンニュイに座る推し。バーテンなのか客なのか。バーテンなら仕事してください。
ところでこのスーツは杭州ファンイベで着てたやつなのだろうか。2月のファンミの時のスーツはオーダーしたやつだったけど、これもそうなのかなあ。
どんどん腕が育っていってるから、すぐに着れなくなるのでは!?と他人事ながら気になる。
ファンミのグッズ、これだけは言わせてくれ。大体の人はスマホは一台しか持ってないし、手は二本しかないぞ!4種類作って平気か!? *1

 

 

 

 



はーー、書きたいエントリがたまってる!!
ブログの更新を心待ちにしている人がいるので、ペースアップして書きたいです。
ちなみに心待ちにしている人というのはわたしのことです。イエーイ。


それでは良い推し事ライフを!

 

 

 

*1:無事完売したそうです

俳優とのチェキでハグをお願いするメンタリティ(前回からのつづき+返信)


先日の記事へのスター、どうもありがとうございます。
思いの外★をたくさんをいただき、皆興味があるのはチェキなの!?
それともオタクのメンタリティなの!?と思いました。*1


あれからマシュマロでチェキ情報をいただいたり、チェキをリクエストする時の気持ちを考えたりしたので、続きを書きます。

 

 

 


どんな気持ちでチェキを頼むのか

あれから上記について考えたんですけど、接触イベントって「好きだから触れたい」「好きだから触れたくない(触れられない)」にわかれるんだろうなと思います。

  1. そもそも俳優に触れることに興味がない
  2. 好きだけど友達でも恋人でもないので触れたくない
  3. 相手の負担になりたくないので触れたくない
  4. 好きだからこそ、畏れ多くて触れられない
  5. 好き!触れたい!悩む!
  6. 好きなのであわよくば色々触れたい
  7. 接触イベントってそういうものでしょ?触ります
  8. 好意を表明されて嫌な人なんているの?もちろんハグ!



気持ちの分布ってこういうグラデーションなのかなと勝手に思いました。
実際に文字通りの接触をしていくのは5〜8あたりでしょうか。
個人的には、6あたりからがちょっと怖いです。



性的対象として値踏みされる視線に気づいたことはあるか


なぜ7あたりからが怖いかというと、性的な視線が絡んでくるのがこのあたりからだと思うからです(個人の意見です)
きゃっきゃとじゃれ合うときに他人に触れるような、無邪気な好意って感じが5だとまだあるんですが、6だと肉体的欲求を伴ってくる気がする。


ここで質問です。
あなたは他人から自分に向けられる性的な視線に気づいたことはありますか?

 



わたしはあります。
そしてあれ、あんまり好きじゃないんですよ。
下心を持ってる同士だと「おっ…狩りか!? 戦か!? 簡単に落とされはせんぞ!」とテンションが上がるけど、どうでもいい人に向けられると、うーん…となります。


性的に値踏みしてくる視線って、とにかく湿度が高くじっとりとしていて、絡みついてくるみたいな印象があります。捕食しようとする蛇みたいな視線。


そしてこの視線って、本人はうまく隠しているつもりでも、意外と対象にはばれてる。
男だけじゃなくて、女でもこの視線で他人を見てる人、結構います。
愛情に満ちた目じゃなくて、性欲に満ちた目ってわかりやすい。全然違う。
性的な目線でこちらを値踏みしてる相手と接触するのって、わたしは結構な苦痛です。



ハグをお願いする気持ちって?


話を戻します。
接触イベントでハグをお願いする人の中には、俳優を性的な目線で見ている人が一定数いる気がします。
別にそれが悪いというわけではないです。性的な魅力を感じたり、好きだからそういう視線で俳優を見る人もいると思うし、頭の中で何を考えるかは自由だし。

だけど、俳優って見られることが仕事なので、恐らく自分に向けられる視線に敏い人が多い。そういう性的な視線を向けてくる相手の対応をする、しかもそれが接触面積が多いハグで、そういう人が多数だと結構精神的にきついんじゃないかな…と思います。



接触イベントのハイタッチの際、指輪を外してくださいと係の人が言ってたり、握手会の終わりは手に力が入らないなんて話も聞いたことがあります。
と考えると、物理的な接触って本当に、気持ち関係なく肉体的にも大変なんだろうと思います。



…って考えると、ますますチェキでハグってお願いするのがハードル高い。





太陽みたいなメンタリティで
「好きという気持ちの表明は素晴らしいこと」
「だからそれをやられて嫌な人なんていない」
みたいな気持ちからハグをする人もいるかもしれないけど、それって結構暴力的な思想だなと思います。

自分がそうでも相手が同じかはわからない。

そして相手は拒否できる立場ではない。





余談

 
昔、フリーハグって流行ったじゃないですか。渋谷の駅前で両手を広げてフリーハグ待ちをしていた人とハグをしてみたことは数回あります。どういう気持ちなんだろうと思って。
フリーハグとかまじか…」と思ったんですが、体験せずに悪く言うのも違うと思ったので。
結果、肉体的接触によってオキシトシンが出るのは親しい間柄だけなんだろうな!という気持ちと、全く知らない他人とハグする機会ってまずないので、なんとなくやさしいような、くすぐったいような気持ち+なんで親しくない他人とハグしてるんだろうな…というざらついた気持ちになったというのは書き記しておきます。

でも不特定多数の人とハグを目的にしてハグをするのと、自分に好意を持ってる人と接して、その中でハグを求めてくる人がいるのはやっぱり違うよな…
 
 
 
 

マシュマロ返信

恐怖のポーズ指定

 

後ろからハグ!!やめてください死んでしまいます!!!
夏場とか特に気になりますね、「汗臭くないかな、髪の毛乱れてないかな」とか考え始めると倒れてしまいそうです。チェキの相手が推しでも推しじゃない若手俳優でも申し訳なさすぎて死ねる。

「せめて推しさんには気を遣わせたくない」って考え方が素敵ですね、ちゃんと相手のことを考えてて。自意識過剰かつ視野が狭くなりがちな自分も、そんな恐ろしい機会があったときは見習いたいと思います。

とか言いつつ、「え!?ハグ!?大丈夫ですか!?いろんな意味で!!!」
みたいなことを口走って、その場を熊のように歩き回るかもしれない…。

もしくは酔っ払いの親戚のおっさんを憑依させて
「おっ!ハグですか〜! どう!? みんな照れちゃってるでしょ!!!
いやぁこんな機会ないですからねー、すかさず近づいちゃいますよぉ〜〜!!!」
とか言ってしまうかもしれない。つらい。…つらい。反省会必至。




 
ポーズ指定がないと困る

 

ポーズ指定があると安心ですよね。
選択肢が無限だと本当に困る。
シンプルにいけばいいのか、ネタに走ればいいのか、負担にならないようなポーズを考えるのがいいのか…!!

さらに、指定がないと「他の人はどんなポーズをしているんだ!?」とか「推しは過激なポーズを要求されて心が死んでいないか!?」とか、余計なことまで考えて消耗してしまいます。

ポーズ指定有無を決めるのは事務所なり本人なりの方針だし、仕事なのでこちらが気を揉むことでもないんですけど、なんだか接触商法ってキャバクラとかホストに近いものを感じてもやもやしてしまう…。
前の記事にもリンクを貼ったけど、接触商法についての記事はこちら


 

同意の意見

 

ねー! 接触商法ってどうなんでしょう。
仕事だから割り切っているかもしれないけど、それでも数が多いと疲れますよねきっと。
下心がなくて、100%のピュアな好意(動物の赤ちゃんに接するような気持ちみたいな…)で接触に挑んでも、相手がどう受け取るかはわからないですし。
 

わたしは常々「他人への干渉は、善かれ悪しかれすべて暴力」だと思ってます。
 

世の中の事務所が、なるべく俳優が疲弊しないような売り方をしたり、本人が納得できるやり方を選ばせてくれているといいなと思います(やり方があわなければ離れるって選択肢もあるので、ある程度は納得してやってるなかなとも思うけど、実際はどうかわからないですし)


 

抱きしめてくれる推し

 


!!!!!!!!!!

死にそう。
まぶしい。接客業の鑑…(接客業?)
そんなにも力強く言われたら、ものすごく説得力があります。
ハグなんて普通!みたいな…
こんなこと言われたら好きになってしまいそうです。
相手から曇りなく言ってもらえると、こちらも安心できますね。
ハグするつもりがなくてもしなくてはならないのでは?という気持ちになりそうなのがちょっと怖いですけど!

特に理由なく降りたというのがジワジワきました。
でもそういうこともありますよね。人間ですし。



 

距離感がわからない問題

 



二本立てだ!
チェキの件を先に答えて、無意識のマウントについては後日別記事で考えようと思います。


ポーズ指定不可なのにポーズを指定する人 
 
これはアウトでは!?
本人のフランクなキャラに甘えてる気がします。スタッフさんも止めなかったのかなあ。
少数の特別扱いを許すと不公平になるから、ファンだけでなく、運営も俳優自身もルールは守ったほうがいいと思います。
もしくは、ポーズ指定を聞くとしたら口が固い人だけにするとか…?(とはいえ、絶対に情報は漏れると思うので無理でしょうけど)


 
ガチガチにかしこまりすぎても距離感が遠くなる
 

これは自分がどうしたいかによる気がします。
わたしは丁寧語とタメ口を織り交ぜて話すと思います。
(フランクな人相手の仕事の打ち合わせなんかでも結構やる)


わたしは推しに限らず、人前に立つ仕事、人と接する仕事を選んでいる人を尊敬してます。
年齢とか職歴とかそういうの関係なく、すごいなあと思ってます。自分には無理なので。(短時間愛想よく接するのはできるけど、継続的にそれをやり続けると心が死ぬタイプ)
そういう相手には敬意をもって接したい。
そして相手は仕事でやっているのであって、自分の友達ではない。
だから丁寧語(尊敬語・謙譲語まではいかない)で会話をしつつ、たまにタメ口を混ぜる…みたいな感じで話します、たぶん。割合だと9:1くらい…?
 

でも、テンパって親戚の酔っ払いおじさんを憑依させてしまうと、口調は丁寧なのにテンションがおかしなおっさんのようになるのでつらい。……本当につらい。
 
これは恐らく、テンパるくらい顔が良い推しが悪いんだと思います(責任転嫁)


とかなんとか考えつつ、100人単位で接触をやってたら、一人くらい自分のようなおかしな人間がいても覚えてないよねきっと!と気持ちを切り替えます。
切り替わらなくても無理やり切り替えた気持ちになります。



全然答えになってない気がしますが、結局は自分がどう推していきたいかを考えて、
他人の行動に左右されずに「自分は自分」を貫くのが良いのかなと思います。
取り急ぎわたしは照れ隠しにおっさんを召喚するのをやめたい。本当にやめたい。
 
 
 
キャラクター風に振る舞ってというリクエス

 

読んでいただいてどうもありがとうございます!うれしい。

「キャラクターで◯◯してくれ」というのは、その作品やキャラクターが好き、
「愛してるって言って」と言うのは、俳優本人じゃなくて「自分の中の理想の推し」が好きなのかなと思います。(夢女的な感じ…?)

わたしもどっちかというと素の推し(仕事だから完全な素じゃないでしょうけど)の言動が見たいし興味があるので、そういうリクエストはしない気がします(そもそも二次元の推し≠推し)
あとはなんとなく、出待ち入り待ちに繋がるサービス残業感を個人的に感じるというか…!いや、接触も仕事なので全くサービス残業じゃないんですけど、なんとなく個人イベントは素を見せてくれるチャンスなので、そこで役に入ってのリクエストはもったいないというか。うまく言えないんですけど。


接触イベントに行く目的って人それぞれだと思います。
そういうリクエストをする人は、接触イベントをファンタジーとか二次元の延長として捉えているのかもなと思いました。それも悪いことではないし、失礼にならない範囲でならリクエストしてもいいんじゃないかと思います。

…でもリクエストしてセリフを言ってもらうって、どんな気持ちなんだろう…!
ちょっと気になります。
 
もしリクエストが可能なイベントがあるなら、わたしは目の前で手紙を渡して「わー、ありがとー!」とニコッと笑って、悪気のない笑顔で握りつぶしてゴミ箱に捨てられたいです。もしくは手紙を読み上げられたい。うそ。読み上げられたくない。死ぬ。
何言ってるのかな。すみませんよくわからないですね。
なんかこういうことです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…Don't think!!!  Feel!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こういう質問ももらいましたが、完全個室ではなくパーテーションで区切っていたので、普通に見えました。
 
どういうポーズをしますか?という質問については、イベントの記事で書きたいと思います。
 
 
 
マシュマロやってます。チェキ情報とかください。
ちょっとまて!ハグでチェキをしたがわたしはこんな気持ちだ!物申す!とか聞きたい。

 

 

 

▼今後書きたい記事メモ▼
・信長の野暮感想
・心臓が濡れる感想
・独鬼感想
・なぜ自分に呪いをかけるのか〜推しとファンとマウントと〜ジェンダーとかそういう話)
・他人を気にするオタクの心理考察(何書こうとしたんだっけ)
サマエルのしっかりした感想
・TMO感想(すでに忘れつつある)
・H12感想(久しぶりに円盤を観たら推しが細い!いまランプの魔人みたいな体型してるのに、この頃は細い!!!!)
・幕末純情伝感想
・まさしとやまとの祝日感想
・推しを自分の核にしてはいけない〜キャバクラで例える若手俳優について〜
・無意識なのか意図的なのかわからないマウントについて〜気をつけろ、そいつは性格が悪い〜

 

*1:余談ですが、「チェキ オタク」でググると3番目に出るようになってびびりました。「オタク チェキ」だとなかなか出てこない。google先生の謎。

チェキまでの距離〜オタクはきもちわるいので〜


……!?
まじで!? 8月!?
え、7月終わった!?!?
ぼんやりしてるとこんなにも1日1日が早いの!?慄くしかない。
戦慄です。


先日、7月最後の現場に行ってきました。
ご本人のキャラが素敵だと思っている俳優さん二人のイベント*1です。
テーマパークのようなイベントだと本人達が言うように、見どころがたくさん詰まっていました。


その最後、チェキがあったんですよ。チェキ。
そこで考えたことを書きます。

 

 

 






ポーズどうする問題


チェキといえばポーズです。
きらめく若手(若くはない)俳優と写真に収まる時、いったいどんなポーズがいいのか。


以前推しとのチェキ撮影(人生初だった)の時はポーズ指定があったので、今回もあるだろうと思っていました。


が、甘かった。なかった。


そして今回は3ショットとツーショットです。しかも昼夜参加。
自分の中にチェキ撮影の際に役立つ知識などない。
そんな引き出しはない。

 列に並びながら「ツーショット チェキ ポーズ」などと検索し事なきを得たのですが、現場で一緒になったフォロワーさんに気になる話を聞きました。



「大和くんの方はハグとかしてくれてるらしいよ」
 「頼んだらやってくれるらしい」





……
………ハグ?????




びっくりして一瞬頭が真っ白になりました。
若手俳優が、チェキ撮影の時に、ファンから頼まれて、ハグを???????



万感の思いを込めわたしの口から出た言葉は

「え、嫌……」

でした。




若手俳優とチェキでハグ!
したくない!!!!!!!






オタクはきもちわるい

これは持論なので反論は自由なんですけど、オタクって気持ちが悪いと思うんです。
こういう話をすると「わたしはキモくないしw」「キモいオタクと一緒にしないでくれます?」という話になりがちだと思うんですけど、そういう話じゃない。


オタクは気持ち悪い。
見た目の問題じゃなくて、内面が。

どんなに爪がジェルネイルでツヤツヤでヘアメが可愛く決まっていて、新調した服を着てすれ違いざまにいい匂いがしたとしても!
顔が広瀬すず小松菜奈だったとしても!あるいは水原希子だったとしても!


オタクは気持ちが悪いんですよ。自意識が。メンタリティが。



あーーー、推しくんかっこいいなーーーー! 今日も作画超いいな!? やっばいな!?めちゃくちゃかっこいいなほんと顔がいいわやばいわ。どうしたの?二次元と三次元勘違いしちゃった?ここは三次元空間だぞ★ 黄金比も大概にしてくれよな!!!?!? あっ、なに?彫刻?もしかして丹精込めて作られた系??ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ製?
え、そんな美しき生命体に? オタクが? 近づく???? うそでしょ? しかもチェキ?接近? いやいやいやいや、ちょっと待てよ、近い、これは近い! こんな下賎な者が光り輝く推しに近づいてもいいものなのか!?
否!!!!!
ああー、普段板の上に乗っている推しと!こんなにも近くに!? しかも!? 希望のポーズに答えてくれる???!?!!!?? えっ、接触?これぞ文字通りの「接触」?????
いやいやいや、そんな恐れ多い! 触れてはいけない! 太古の昔より「踊り子さんには手を触れないでください」と口伝で伝わっているじゃあないですか! それを、この期に乗じて触れようなどと!!なんたる狼藉!!! 接触部位から何か悪しきものが推しに感染しては困る!!!
いやでも握手くらいは???? いやしかし! しかしいけない! そんな輩が数百人いるんだここには!!! 毒にあてられてしまうかもしれない!!!!!!
じゃあなんだ、定番ポーズか! 定番ポーズとはなんだ? …あれか、ハートか! ハートを作る!?いやいやいや、指先触れるやん? こんな?オタクと???オタクと推しの指が? 指 meets 指?????
!!! それはいけない!!!!!
だめですごめんなさいアアーーーやめてください一緒に並びたくない!!!ウワアアアー!!!



みたいなことをたぶん0.5秒のうちに考えるじゃないですか。
そしてそれを悟られないように、何食わぬ顔で接する…ことが出来たと思いきや、
実際はたぶん挙動不審で気持ち悪いじゃないですか。



そんな気持ち悪い生命体であるオタクが、
俳優と接触するのは如何なものか?という気持ちがあるんですよ。


それだけではなく、数百人を相手にチェキを撮ってくれる俳優の負担を考えると、
果たして何が正解なのか!?という疑問が湧きます。





なぜ物理的接触を望むのか

今回のイベントはスリーショットチェキがデフォルトで付いていました。
そしてツーショットチェキ券が2枚追加購入可能。
わたしは昼夜2枚買いました。
なぜか。
演技以外の姿を見たいからです。(プライベート以外では「若手俳優」を演じているのでは?とは思いますが、そういう意味ではなく)
そして今まで見た舞台の感想などを直接伝えたいからです。

1枚1,000円でその権利が買えるならめちゃくちゃ安い。
写真に写るのが好きではないので、俳優だけのチェキでも良いくらい…というか、どっちかというとそっちがいい。(後から小耳に挟みましたが、指定すればそれも出来たとかできなかったとか。)




自分がそういう気持ちなので、
物理的に俳優と接触を望む層がいるということにびっくりしました。
実際、後ろから俳優に抱きつく格好でチェキを撮っている方を見ました。



そうかーーー、まじかーーーーーー!!!!
くっつきたいのかーーー、そうかーーーーー!!

いや、くっつきたい気持ちもわからないではないんです。
でもやっぱり近づきたくない!という気持ちが勝る。





なぜわたしは近距離チェキを撮りたくないのか

念のため述べますが、これは気持ちが悪いオタクであるうえに、自意識過剰かつあらゆることを気にしてしまうタイプであるわたしの意見です。
そして、相手の俳優さんは全くそんなことを気にしていない場合もあると思いますし、
ハグを希望してチェキを撮るファンを非難したくて書いている訳ではありません。(そう捉えられても仕方がない内容だとは思っています)
考え方が自分とまったく違う…!という驚きの記録として読んでいただけると幸いです。


パーソナルスペース侵害問題

人間にはパーソナルスペースがあります。
親密な人はここまで近づいてオッケーだけど、そうじゃない人に入ってこられたら嫌なエリアです。

チェキ撮影、だいたい近いじゃないですか。
ガンガンエリアに入るじゃないですか。
 

……嫌なんですよ!!
 
相手がどんなに見目麗しかろうと、好みであろうと、推しであろうと、自分のスペースを侵害されたくないし、相手のスペースも侵害したくない。

だって、全く親しくない他人ですもん。
親しくない相手とそんなに距離を詰めたくない!




相手の負担になりたくない問題

目の前に推しがいると感情が千々に乱れますよね。
平常心でいられます???
わたしはむりです。
今回はふんわり参加なのでまだ平気でしたが、
推しとの接触では照れ隠しのために親戚の酔っ払いのおっさんみたいになります。
「オッ!やってるゥ〜!?今日も顔がいいねェ〜〜!」みたいな。つらい。

 

おっさんのようになる人もいるかと思えば、やたら大胆になる人もいるだろうし、泣いちゃう人もいるかもしれないし、おどおどする人もいるだろうし。

いろんな感情を目の当たりにすると思うんですよ。
そしてイベントの規模にもよるけど、そんな乱れたオタクと会話をし、相手のパーソナルスペースに入り(自分のパーソナルスペースに入れ)、チェキを撮る×数百回を繰り返すわけじゃないですか…。


…つかれる!絶対につかれる!!!!

 
そう考えると、なるべく負担になりたくない!と思います。

 


すみません…こんなキモいオタクの近くで写真を撮ってくれて…。なんて大変な仕事なんだ…と思う気持ちと、いやでもこれが今日の彼らの仕事…という気持ちで頭がおかしくなりそうです。


いや、ならチェキ券買うなって話なんですけど!!
 
  



嫌われたくない問題

撮影のための接触の時に「この人嫌だな…」と感じて欲しくない。
多少なりとも好ましく思ってる相手の負担になりたくないし、不快になって欲しくない。
真相は永遠にわからないんですけど…相手は仕事だから嫌な顔をしないので…
 
 
だから、ハグしてもらってチェキを撮る!というのは未知の領域です。
自分とハグをすることで相手は嫌な気持ちにならないか?という考えがない、もしくは考えているけど自分の欲求を優先している…!?


ハートが強い…!強すぎるよ……!!




というか、普通に生活しててハグってどれくらいします?
親しい人としかしませんよね。
それを、親しくない他人と…!?と考えると、やっぱりものすごく衝撃を受けます。

わからない、わからないよ……!!



例えばこれって、おさわりOKの風俗に行って、好みの相手にさわるような気持ちなんでしょうか?でもそれはそういう業務形態なわけで…うーんうーん…!

もしハグをしてチェキを撮ってもらってるよ!という人がいたら、教えて欲しいです。そこにあるのはどんな気持ちなんでしょうか。性欲?接触欲??



アイドル売りってどうなのよ問題

チェキを撮ってもらう相手は俳優です。
板の上で演技をしたり歌を歌ったりするのが本分です。
その俳優に、記念撮影レベル以上の接触をして写真を撮ってもらうのは果たしてどうなのか!?と思うんですよ…。

アイドルだってそうじゃんと言えばその通りで、実際のところは職業関係なく、接触商法にもやもやします。
 
 
本人が割り切っていればいいんだろうけど、
こっちが勝手に割り切れない気持ちを抱いてしまう…!!

どうなんですか!?
疲れてないですか!?


すみません!!!
ほんともうこんな人間がチェキ撮ってもらうとかね!
ごめんなさい!!!

近くで見られるのはうれしいし話ができるのもうれしい。でも申し訳ない!!!!!

 

 思わずすみませんと謝るオタク

 

 

 

接触商法についてはこのへんにもちらっと書いてます。

【ドラフト】若俳サービス残業接触商法とかあれこれ - 晴れた日のねどこ

 

 

 

 

まとめ(まとまらない)

しめ方がわからなくなってきたので、以前tweetした内容を転記しておきます。

 ここから始まるtweet転記。

 

 

何十人も相手するの、絶対疲れると思うんだよね。だから本当に相手の負担になりそうな接触は避けたいと思う。相手は仕事だから絶対に嫌な顔は出来ない。それをいいことに「好意を表明することはいいこと」って自分勝手に暴走するのは本当にヤバい。※これは俳優を信頼してるか否かとは全く別問題として

 

 

「相手は仕事だから拒否できない」

「だから自分の行動が負担にならないか考えたい」って話にたいして
「相手を信用してない」「○○はそんな人じゃない」って反応になるの、読解力と想像力がなくて首を傾げてしまう。
完全に相手不在で自分の気持ちの押し付けでは?
 
 
たとえば自分が店員だとしてお客さんにやさしくするとする。
失礼なお客さんでも無碍には扱えないよね。
「店員さんも大変だろうからこちらも気を遣おう」って考えが、なんで「店員は好きで接客をしてる!そんな考えは店員の職業への志を信用してない!」って超理論になるか謎なんだよね。
 
 
嫌なお客さん、迷惑なお客さんはいる。それがたくさんいたら、好きな職業でも嫌になることはあると思う。だから配慮をしましょうね、相手も人間ですよ、と思う。特にそれが俳優やアイドルなら、ファンの対応で本業を辞めるリスクだってある。それを相手の立場を利用して良いように扱うのは品がない。
 
 
「○○くん/○○ちゃん(俳優・アイドル)はそんなこと思ってない!そんなことを思うのは相手を信用してない」みたいな考えはヤバイ。
完全に相手不在だし相手を理想化して自分を正当化してる。
ストーカーと遜色ないよ。
プレも接触もリプも、好意が負担になることはあるから配慮が必要だと思う。
 
転記終わり。
 
 
 
このときから気持ちは大きく変わってません。
相手が何を考えているかはファンには永遠に分からないので、丁度良い具合の推しとの接し方を今後も考えたいなと思います。
それが正解かどうかはやっぱりわからないけど。
 
 
 
 
まとまらないまま今日はこれで終わります。
 
 
 
 
 
マシュマロやってます。
割とまじめに答えます。
チェキの話とか教えてください。


 
▼続きを書きました。ハグとチェキとマシュマロ返信▼

 
 
 
 
▼今後書きたい記事メモ▼
・信長の野暮感想
・心臓が濡れる感想
・独鬼感想
・なぜ自分に呪いをかけるのか〜推しとファンとマウントと〜ジェンダーとかそういう話)
・他人を気にするオタクの心理考察(何書こうとしたんだっけ)
サマエルのしっかりした感想
・TMO感想(すでに忘れつつある)
・H12感想(久しぶりに円盤を観たら推しが細い!いまランプの魔人みたいな体型してるのに、この頃は細い!!!!)
・幕末純情伝感想
・まさしとやまとの祝日感想
 
 
 
 
 
▼関係ありそうな記事▼

オタクの自意識についての話

*1:まさしとやまとの祝日。祝日という言葉にだまされた。ド平日だった

自分が好きならそれでいい。茶の間って事に悩まなくてもいいよ。+ マシュマロ返信



こんにちは。あっっっっついですね!
深夜2時頃に鳴き始めたセミに、「夜やぞ?」とツッコミを入れるくらい暑い。

ご用意されたチケットの入金期限をうっかり忘れるほど暑い。(馬鹿め!)

外に出たら熱風が身体にまとわりついてきて、
「情熱!熱風!! スターライト……キッス…❤️ 」
と心の中のヒロ様がプリズムジャンプを飛ぶくらい暑い。

あれ…!?ということは…この熱風はヒロ様が起こしたもの…!?*1
アタシはいま、プリズムショーを体感している…!?
どうなんでしょうね。どうでもいいね。



暑いしめんどくさいしこのまま地球終わらないかなーーー
あーーでも推しの現場あるからそれは嫌だなーーー
書きたいこともやりたいこともいろいろあるけど暑くて全てのやる気が溶け落ちる!
ので、リハビリがてら「周りを気にせず推し事したら良いと思う」という話をします。
この辺はオタク特有の?他人を意識しすぎる話に繋がります。それもそのうちがっつり書く予定。

前置きが長いですね。全部夏のせいです。







この記事についていただいたマシュマロの返信から考えた事プラスアルファです。

 




これを見て思いました。




周りの事なんて気にせんでええんやで!!!!!!




茶の間disやマウンティングが起きる理由って、
他人より優位に立ちたい、それを誰かに誇示したい、承認されたいって気持ちからなのかなと思うんです。


細かく考えていきます。

 

 

 

 


disられやすい茶の間


これに関しては、「やたらと声だけ大きい」というタイプが反感を買いやすいのかなと思います。

「会えない時間が愛を育てる❤️️現場に行く勢より、茶の間の方が推し君のことを思ってるから愛が大きい❤️️」


「推し君一生好き〜❤️️(だが推しにお金が入る事はあまりしない、好きの表明の方法が無断転載など。しかし自分の愛の大きさをことさら誇示する)

…みたいな事を目に付きやすいところで言っていると、現場に行く勢から叩かれるのかと。
さすがにこのへんのレベルになるとおっとすごい!まじかよ!とわたしも思うんですけど、その度にある作家が言っていた表現を思い出します。

 

 


「それって、ヤりたい盛りの中学生が語る『永遠の愛』みたいだ」

 

 


身銭(この場合は時間・金銭的なリソース)を切らない言葉、実体験を伴わない発言って、空虚で薄っぺらいんですよね。




身銭を切ったから偉いというわけではないんだけど、
なんのコストも支払わずに「わたしが一番好き!」というのはさすがに道理が通らない。それは争いの種になると思います。


特にお金に関しては若手俳優のオタクは「かけたらかけた分だけ偉い、お金を落とさない人間に人権や発言権などない!」くらいの考えの人が多いようなので、
「金を使わない茶の間が何を言っとるんじゃい!」って怒る人が多いですよね。






…でも、ちょっと待ってください。



お金たくさんを出した人って偉いんでしょうか?
お金を出した人って、推しに対して何か言っていい権利があるんでしょうか?

 

 

 





「お金をたくさん出す=偉い」ではない


若手俳優のオタクがよく言う考えをいきなりぶった切りますが、

お金を推しにたくさん落とそうが、別に偉くなれるわけではありません。
自分の地位や価値が上がるわけでもありません。


「お金をたくさん出す=偉い」という考えがなぜ出てくるか。
それは他人と自分を比べているからです。
金額という部分で他人と争っているからです。


確かにお金をたくさん落とすお客さんは、
俳優や事務所や興行主にとってはありがたい存在だと思います。

でも、偉いかといったら別に偉くないのでは??

「お金をたくさん使っているファン」でしかないと思います。
もしかしたら感謝されているかもしれないし、尊重されているかもしれないけど、
お金を使ってるけど迷惑なお客さんって事もあるかもしれません。
(全通するけど他の人に迷惑をかけてるファンとかいますよね…)

お金をたくさん使っているから偉い、この考えにはちょっと疑問を感じます。





「お金をたくさん出す=発言権がある」のか


別にないんじゃないでしょうか。
お金をたくさん出したからといって、ファンは推しのパトロンというわけではないので。

仕事の受注先が一社に偏り過ぎると、その会社が倒産したり、切られたりした場合のリスクが大きすぎますよね。だからリスク分散のために仕事の受注先(この場合はファン)の母数が多い方がいいと思います。

例えば公演数が20回の場合、10人が2回ずつ、20人が1回ずつの方が、一人が全通するより今後のことを考えた場合おそらく良い。1回や2回入った人ならこの先入る回数が増えるかもしれないし、入らなかったとしても打撃はそこまでありません。
しかし、全通している一人がその公演に入れなかった場合、その人が入るはずだった20公演分の売り上げがゼロになります。



「わたしはTOよ! ぬるいオタクとは違う!こんなにもお金をかけてるんだから、わたしの話を聞いてもいいじゃない!」

と言う人もいると思うし、気持ちもわかります。


だけどどんなにお金をかけていたとしても、
太客ひとりとその他のファンを天秤にかけた場合、太客の方がお金を落としている状態ってありえないのでは…?
さっきの仕事の話の例えだと、受注先の8割を一社に依存していることはあり得ると思うんですけど、俳優とファンの関係性でそれはまずない。

太客の要望を聞くかどうかは、完全に推しや事務所の方針次第だと思います。

本当にパトロンだったりしたら発言権があると思うんですけど。
ある意味飼われてるわけなので。





「お金を出さない=偉くない」「お金を出さない=お金を出す人より発言権がない」のか


払ったお金の額で「偉い/偉くない」が決まることは正直まったく関係ないと思います。これはさっき言ったマウントに根ざした考えだと思うので。

では、お金を出さない人には発言権がないのか。これは微妙なところかなと思います。

お金を出す出さないに関わらず、何を言ってもいいとわたしは思います。
発言を制限する権利も力も、誰にもありません。

だけど、「お金を出していないのに図々しい」と周り(のファン)から見られたりはするかと思います。
 

そして発言権云々は置いといて、お金をより多く払っている方が要望が聞き入れられる可能性は高くなるかもなとは思います。
一年に一回取引があるかないかの業者より、何度も取引がある会社の方が多少の無茶は飲んだりしますよね。今後の付き合いも考えると。
 
一般的な仕事ではないので、相手(俳優や事務所)の性格や気分や方針次第だと思いますが…。






現場勢と茶の間が争う必要はない


「茶の間が成立するのは私たちが現場に通ってるからなんだよ!
そのおこぼれに預かってるだけなのに茶の間が何言ってるの!」
と怒る人がいるじゃないですか。

これは結構危うい考えだなと思っています。


お金を支払う人間が多いから茶の間が成立するのは事実です。
(ライブビューイングも配信も、円盤化も、お金だったり収益が望めないなら成立しません)

だけど「自分たちがお金を落としているから茶の間が成立する」という発言って
「自分(たち)がコンテンツを支えている」という考えに繋がっている…つまり自己がちょっと肥大化しすぎてやしないか?と思います。
 
 
「これは現場勢と茶の間の話だから。自分の話とかしてないから」
と言われそうだけど、ちょっと待ってください。
 
 
その考えって突き詰めると「自分たちがお金を落としてあげてるから茶の間が成立するのに、でかいツラしてんじゃねーよ」ってことですよね。
 
それ、推しが、事務所が、「あなたにやってください」って頼んだんでしょうか?
多ステ、全通、高額プレ、お花、「自分の意思で」やろうと決めてやってるんですよね? *2
 
それをどうして自分がコンテンツを支える代表者みたいな顔をして話してるんだろう。
 
 
お金をいくら払っても、ファンはファンです。
関係者でも推しの代弁者でもありません。
 
 
 
 
じゃあなんで怒るのか。
それは(おそらくですが)「お金を出した」「時間をかけた」ことを「推しへの情熱」として誰かに承認してほしいからです。
大体の場合は推しにでしょうが、それが得られないからせめて同担の中で上に立ちたい。だから「茶の間がでかいツラしてんじゃねーよ」というdisに繋がるんじゃないでしょうか。
 
 

一旦整理します。わたしの考える茶の間dis関連の要因は次の通りです。
  1. 推しへの愛は負けないとアピールが激しいタイプの滑稽さ
  2. かけた金額が大きいほど偉いというオタクの固定観念
  3. 自分が推しの役に立っている=推しを支えているという自意識の肥大化
  4. 関係者や推しの代弁者であるかのように振舞う「お前誰やねん」感


この辺が絡み合っているのではないでしょうか。ちなみにわたしは2,3はどうでもいい(というかそもそも相容れないので流している)のですが、1,4は苦手です。

1は他人を巻き込んだ価値観や考え方というところが、
4は「いや…お前関係者でも推しでもねえじゃん…」という自他の区別がついていないところがその理由です。(広報担当のように振る舞う人いますよね…。あなた一体何者なんです…?)*3
これは茶の間、同担、他担関係なく、人間として苦手です。

 

 
実はこの辺の現場茶の間の話は、ちょうど半年前に書いています。

このときから比べると、「別に本人が好きにやりたいようにやればええがな」みたいな考え方にシフトしつつありますね。というか、わたし自身がマウントに加担していたり、何者かに承認されたがってたんだなと読み返すと思う。ブログってこういう変遷が分かるからおもしろい。(体裁を整えて記事を上げ直すって言ってるのに上げてないね。まあそんなもんです…そのうち上げます)

 

 
 


マシュマロ返信

初めまして。いくつかブログ読ませていただきました。
私はバイトをしていない学生若手俳優界隈オタクです。親のお金で一年に数回劇場に行かせていただいているような茶の間です。
私は所謂愚痴垢さんに目をつけられて叩かれたことはありませんが、たくさんの茶の間disやマウンティングを見て、部活も進学も諦めてバイトをすれば現場に入れるのに、それができない私はこの界隈にいてもいいのかと悩む日々でした。
今は応援の度合いは自分基準でいいのだ、推しているのは推しのためでなく自分が楽しむためなのだ、と言い聞かせてオタクを続けています。
 かんそうぶんさんのブログは私の結論づけたかった「正しいオタクのあり方とは」に対する曖昧な答えをはっきりさせてくれたような気がして、勝手に嬉しくなってしまいマシュマロを送らせていただきました。自分の話を長々と書いてしまいすみませんでした。 これからも元気に自分のペースで舞台が好き!と言い続けられそうです❤️
凹んだ時また読みに伺います!

 

うれしいなあ…しみじみうれしい。
ちょっと細かく返信をしていこうと思います。
 
 
 
たくさんの茶の間disやマウンティングを見て、部活も進学も諦めてバイトをすれば現場に入れるのに、それができない私はこの界隈にいてもいいのかと悩む日々でした。

  

 
この方が悩んでいた理由は、多分前述の
  • かけた金額が大きいほど偉いというオタクの固定観念
  • 自分が推しの役に立っている=推しを支えているという自意識の肥大化
上記部分を持つオタクの発言に触れ、疲弊したからだと思います。
 
disやマウント、めんどくさいし嫌ですよね。でもそういうのって、本っっ当にすごくたくさんある。(わたしも界隈に足を突っ込んだとき、ペース配分がよくわからずに周りに振り回されていたと思います)
 
「界隈にいてもいいのか」とこの方は悩んでいたそうですが、それって他人が決めることじゃないと思います。*4
というか「界隈」という概念すら実は謎ですよね。
なんなんでしょうね、「界隈」って。
 

郷に入れば郷に従えという言葉の通り、最低限のルールを調べるのは必須だと思います。ですがそれ以外の同調圧力や他人の嫉妬やマウントに付き合う必要はどこにもない。付き合っても疲弊するだけです。
 
 
 

今は応援の度合いは自分基準でいいのだ、推しているのは推しのためでなく自分が楽しむためなのだ、と言い聞かせてオタクを続けています。
 

わたしはこの姿勢は正しいと思います。
「言い聞かせて」と言ってるけど、自分が楽しむために推すというのが本来のあるべき姿ではと、先に述べたような理由から思います。
 
「わたしはこんなにお金を落としているからすごい!」と自意識が肥大したり、
アンタいつから大川隆法になったんだよ?というように推しの代弁者のように振舞ったりし始めるとかなりヤバイ。

「推しのため」というのは詭弁だし、責任転嫁です。 だんだん対象にのめり込んで、そういう考えになり、頭がおかしくなるオタクがめちゃくちゃ多いですけど…。



 

部活も進学も諦めてバイトをすれば現場に入れるのに


ここは声を大にしていきます。
これは絶対に諦めないほうがいいです。
絶対に絶対に諦めないほうがいい。
 
 

もう解決はしているようですが、ちょっと書かせてください。 

「今しか出来ないことをやったほうがいい」
「そんなことして何になるの」という意見は100万回くらい言われてると思うので、違う角度から話をします。 (まあわたしも前者については書いちゃったんですけど。すみません)
 

目先の推し事のことを考えるより、中長期的に推し事をしやすい環境を目指して行動をしてください。  
 
例えば、青春を推しの応援に捧げる!という気持ちで部活や進学よりバイトを優先するのもアリだとは思います。ただそれが原因で志望校のランクを下げると、就職に響く可能性があります。 
 

推し事に必要なのは、お金と時間の融通が効く職場です。
目先の現場を優先して、将来の推し事環境が悪くなるのは避けたほうがいい。社会人でなくても、大学なり専門学校なりに入れば時間は工面しやすく、バイトもできるかと思います。だから今焦ってたくさん現場に入る必要はないと思うんですよ。
 
「いつまでも いると思うな 親と推し」と言われればそれまでなんですけど。 


部活と進学に関して。
部活に関しては種類にもよりますがやろうと思えば大人になっても同好の士を見つけて活動することはできます。
そして進学についても、やろうと思えば学校に入り直すことは可能です。
 
…可能ではあるんですが、どちらにせよお金と時間の面で結構がんばってリソースを突っ込まないとできないんですよね。特に一度社会に出てから学校に入るとなると、かなりまとまった額が必要になります。



…ってなると、推し事をする時間もお金も捻出できなくなるんですよ!!! 
 

それって本末転倒な気がわたしはします。
 
自分で稼いだお金で現場に入るのも楽しいしとても良いものなんですけど、
せっかく部活もやってて進学も視野に入れてて、
親が観劇のお金を出してくれる環境なら、その範囲でめいいっぱい楽しむのが一番かしこいのでは!?と思います。
 
隣の芝が青く見えたり、他人の意見が気になることは多いと思いますが、人生は配られたカードで勝負するしかありません。
だから手持ちのカードを大事にしつつ、ここぞというところで博打を打つのが良いのではないでしょうか。

 

説教臭く聞こえたら申し訳ないのですが、
ほんとね!長く推すならなるべく生涯年収が高い方が課金できるので!!!
そこは焦らないで欲しいと老婆心ながら思います。
 
あと、親御さんがお金を出してくれるって最高だと思うんですよ。
感謝しつつ、齧れるすねはどんどん齧りましょう。
 
 
 
 

そのほかのマシュマロ返信

 

うれしい!!!ありがとうございます。

こちらの記事に頂いたマシュマロですね。
先日推しから暑中見舞いが届いたことで、手紙を読んでくれているという確証が得られました。(転送じゃなくて新しい住所で手紙が届いてた)

毎回変な手紙出してすみません、なんかもっといい感じの手紙を書こう…と思いました。
しかし推し、マメな人だな…ありがたいな…いや、すごい量のはがきを出してるだろうから、マメなのはご家族かもしれないんですけども…

 

 

 

 

さかのぼって記事を読んでもらえるの、すごくうれしいです。もともとTwitterだと流れていっちゃうから、考えのストックをする場としてブログを始めたので。
 
ネタにはしますが弱っているときは他人の悪意にヘコんだりするので、好意的な反応を頂けるとしみじみうれしいです。(言いがかりやdisでも、ヘコみつつテンションは上がるんですけどけどね…なぜなら戦闘民族だから…)
そう、推しは素敵なんですよ…そういってもらえると照れますね(??)
最近推しやら舞台関連の記事を書けていないので、また書こうと思います。
気が向いたらまた読みにきてください!
 
 
 
 
ハッ!
リハビリがてらとか言いながら8000文字近くになってました。なげーーーよ!
書きたい記事もあるから、ペースアップしていきたいです。
でも気負いたくはないなー。むずかしいですね。
 
 
▼今後書きたい記事メモ▼
・信長の野暮感想
・心臓が濡れる感想
・独鬼感想
・なぜ自分に呪いをかけるのか〜推しとファンとマウントと〜
・他人を気にするオタクの心理考察
サマエルのしっかりした感想
・TMO感想(すでに忘れつつある)
・H12感想(久しぶりに円盤を観たら推しが細い!いまランプの魔人みたいな体型してるのに、この頃は細い!!!!)
 
 
 
何かあったらどうぞ。何もなくてもどうぞ。構われたいんですよ。(正直)

DMやリプもお気軽に〜 
 
 
 
今月まだ観たい舞台が2本、確定してる現場は1本残ってます。
楽しいけど休みたい。休みたいが楽しい。ふくざつ!!!!
 
皆様よい推し事ライフを〜!
 
 
 

*1:続編おめでとうございます。わたしの推しはカヅキ先輩です

*2:推しに直接頼まれることも場合によってはあると思います。が、最終的にやろうと決めて実行したのは自分の意思です

*3:あくまでも自分のためにまとめて、ついでに「どうですか?」というようなスタンスの人は好きです。RT稼ぎ目的や自己顕示欲が透けて見えるタイプがすごく苦手

*4:わたしは明らかなルール違反マナー違反者は滅びれば良いのになと思っています。でもそういう人って、自分が悪い事をしているかも?という自問自答すらしませんよね。こわい。

ファンレターの自作封筒を晒すよ!



こんにちは。推し事捗ってますか〜!!?!??
わたしは配信によって全然テンションが違う推しに
にやにやしながら毎日を過ごしています。


さて、推し事といえば手紙。
以前手紙の中身について書いたので、今回は封筒について書こうと思います。

中身についてはこちら 





みなさん封筒はどうしてますか。
わたしは自作派です。
なぜか。

  • 気にいるレターセットがなかなかない
  • 便箋と封筒の数があわない(封筒が余る)
  • 作品の雰囲気に合ったものを使いたい
  • でも同じレターセットを二回使うのがなんか嫌
  • 作品の雰囲気関係なく同じレターセットを使い続けると決めた場合、廃盤になったら困る


上記が完全に自分目線の理由。


  • 推しはファンアートが好きだと公言している(=自分のために時間や労力を使ってもらうのが好き?)
  • 推しは変な人が好きだと公言している(=少し変わったものが好き?)
  • この2点から、少し凝ったものを渡されるともしかしたらうれしいかもしれない
  • 推しから日々活力をもらっているので、何かしら感謝の気持ちを伝えたい


こっちが推しのことも多少視野に入れて考えた理由です。
推し以外の人にもたまに手紙を書きますが、その際は既製品のレターセットを使います。

とはいえ推しがどう思ってるのかはわからないので、まあ自己満足です。






さて、それでは晒していきましょう。


舞台キングオブプリズム、ステージフェス×2

これはあんまり凝ったことをしてないです。

f:id:Bn295:20180710123144p:plain

  • ロゴの一部を推しの名前に変えた1
  • 推しが演じる役の腹筋画像の上にイベントロゴを重ねた2
  • 年越しイベントにオタクが暑苦しい手紙を送るので作った3

2,3の出オチ感が好きです。ちなみに宛名などは裏面にいつも書いています。

 

 


真剣乱舞祭2017

f:id:Bn295:20180710123453p:plain

2部衣装モチーフで作った封筒。
飾緒(肩のモールみたいな紐)部分が地味にめんどくさかったけどお気に入り。

これ好きだなー。




TENTH

f:id:Bn295:20180710123626p:plain

  • 1週目…ジャージーボーイズイメージで電飾と名前を。
  • 3週目…作中のシーンと絡めたイラストを入れたデザイン。


3週目は観劇した後に出したのでイメージがわきやすかったです。(「この森で、天使はバスを降りた」というタイトルなので、観る前は森モチーフの封筒にしました)

毎回観る前は手探りなので悩む…。原作の題名が「The Spitfire Grill」で推しの名前が隠れていたので、一部分だけ色を変えてワンポイントにしました。
封筒がかっちりしすぎているのもアレなので、驚くほどゆるゆるな字と絵でバランスをとります。3枚目が実際送った封筒の写真です。自分で自分のことを「とり」と自己紹介している鳥さんがいます。ゆるい。

f:id:Bn295:20180710123945p:plain

自己紹介する鳥




Take Me Out 2018

f:id:Bn295:20180710124104p:plain

  • ピザ封筒1(画像二枚目は右上のアップです)
  • ピザ封筒2


初回は役のユニフォームイメージの封筒を作ったのですが、面白みがないなーと引っかかってました。
次はどうしよう…テイクミーアウト…テイクミーアウト…ハッ!?テイクアウト!!??
推しはピザが好きだな!? よっしゃピザ封筒だ!というギャグです。
気づかれなかったらアレなので、「テイクアウト」と自ら書きました。アホか。
ピザ封筒2もその流れで。



f:id:Bn295:20180710124154p:plain

  • 宗教画風封筒
  • ネタ封筒


推しが演じる役が敬虔なクリスチャンということもあり、最後の審判のような、宗教画に出てきそうな曇り空の写真を選びました。Take Me Out 2018の文字はロゴじゃなくて似た雰囲気で作ってます。

 

 

 


ネタ封筒は、推しが梅のど飴が好きだと言っていたので完全にネタとしてプレボに突っ込んできました。

 

 

この封筒に関してはTwitterにUPした際にマシュマロをいただいていました。うれしい… 

 

 



舞台サマエル

f:id:Bn295:20180710125218p:plain

これは千秋楽に出したやつ。
希望と絶望、光と闇、みたいなイメージ。
暗闇の底から光に手を伸ばしているのか、ゆっくりと暗闇に沈んでいっているのか…というような。ロゴっぽいのは似た書体で自作。




ジャージーボーイズインコンサート

f:id:Bn295:20180710125312p:plain

ネオンサインでコンサートタイトルと宛名を。
映画でもネオンサインが出てくるし、画面が派手になるのでこの処理好きなんですよね。
封筒の横のベロ?裏返すとチラッと見える両サイドの糊代部分はオレンジ。
こういう色合わせも考えると楽しい(自己満足)


 


ファンイベントin杭州

 

f:id:Bn295:20180710125716p:plain

公式のビジュアルからイメージを膨らませて作成。
淡いピンク、白、カフェオレみたいなブラウンとミントグリーン。
自分で選ばない色使いなので勉強になりました。

裏面の両サイドは浮いちゃってて見づらいけど、糊で止めるとミントグリーンがチラッと見えます。かわいい(自画自賛



 


割と色々作ってますね。
舞台に合わせて封筒を作るのも楽しみのひとつになっています。

 

そして裏面は一発で同じ人物が送ったとわかるようなギミックを入れてます。

推しへのお手紙に関する30の質問に熱弁を振るう - 晴れた日のねどこ

 

 
ちなみに前にこういうことを書いたのですが、その工夫?細工?は裏面にしてます。(この記事には載せてません)
推しがどう思ってるかはわかりませんが、「こいつからの手紙は読みたくねえ!!」と思ったら、すぐにゴミ箱に突っ込めるようにという目印になればなと思ってます。
ファンからのアクションって、力になることもあるかもしれないけど、一歩間違えたら独りよがりな暴力にもなりかねないので、嫌だったら捨ててくれよな!というような気持ち…!*1
 
 
 

 そして手作り品について。

他人は作品発表の場でも、あなたのおかあさんでもない。 「相手を思って一生懸命作ったものだから喜んでくれるはず」 というのは、超理論の展開だとわたしは思います。 それ、自分が他人からもらったとして喜んで飾ったり、身につけたりしたいものでしょうか。 相手と自分は別の人間だという客観的な視点は忘れないようにしたいです。

愛という名の下に、私たちは暴力を振るってはいないか?〜推しへのプレゼント問題〜 - 晴れた日のねどこ 

「自分のがんばり」「相手への気持ち」「作品のクオリティ」 これらをごちゃまぜに考えてしまうこと、「至らない部分もあるが、あなたのことを思って一生懸命作ったから受け止めてほしい」という甘えが生じてしまうのも大きな原因のひとつかと思います。 再度言いますが、「他人は作品発表の場でも、あなたのおかあさんでもない。」

愛という名の下に、私たちは暴力を振るってはいないか?〜推しへのプレゼント問題〜 - 晴れた日のねどこ

 

 

お前こういうこと言ってたやんけ、と言われそうなんですが、同じ記事の中にこういうことも書いています(下記参照)

 

例えばわたしの推しはオタク文化に造詣が深いようで、ファンアートも好きだと公言しています。 そういう方なら喜んでくれるんじゃないかな、とも思うんですよね。 なので、負担にならなさそうなもの…たとえばファンレターの封筒は毎回自作して、作品に絡めたネタ要素を突っ込んだりはしてます。封筒レベルであれば、かさばらないし、クスッとできるかもなーと思うし、そこまで重たくもないと思うからです。 おそらく保管のためのコストもそこまでかからない。

愛という名の下に、私たちは暴力を振るってはいないか?〜推しへのプレゼント問題〜 - 晴れた日のねどこ

 

 

 

 

 

 


はーー、封筒作るのはたのしい。楽しいが毎回悩みます。

目下の悩みは明日初日の舞台の封筒です。

最近は「自分が楽に推す」がテーマなので、入るたびに手紙を出すことはしないのですが(義務感を感じると辛くなってくるから)、どこかしらでは出すのでデザインを考えねば…

 

 

 

マシュマロやってます。

気軽にふわふわしてください。かまわれたい(直球)

 

 

 

それでは皆さん良い推し事ライフを!!

そして他の人の封筒も見せてもらえると嬉しいです!見たい!!!

 

 

 

 

 



おまけ
ブタキンのうちわとステフェスの時のプレゼント。
やや頭がおかしい。

f:id:Bn295:20180710131032p:plain





*1:そういえば推しがファンミでファンアートを募集したことがあります。あれ、最後に火にくべてキャンプファイヤーをしたらテンションが上がるな…!と期待していたのですが、そんなことはなかった。残念である。バーニングマンみたいで素敵じゃないですか? 技巧に関係なく、思いを込めた創作物が等しく燃え上がり灰になるって、最高にロックだと思うのですが。いつか集まったファンレターやファンアートでキャンプファイヤーをやってほしい。お炊き上げみたいな感じもあるしどうでしょうか。むりか。むりだな。