晴れた日のねどこ

答えの出ないことばかり考えている

服飾のプロから見た刀ミュ衣装について


いろんな人の話を聞くのが好きです。
同じものを見ているはずなのに、人によって抱く感想が違う。受け取り方が違う。着眼点が違う。

「あのシーンさぁ…」「わかるー!」
という勢いに任せた萌え語りも楽しいけど、専門的な見方をした人の感想を聞くのって、すごく楽しくないですか?
 

というわけで宣伝です。

刀ミュ衣装についての感想と考察

 
現在フリーランスで服飾の仕事をしている友人に、上記のブログで刀ミュの衣装について熱く語ってもらっています。開設したのは去年なのですが*1、なんやかんやあって*2今月から編集をする事になりました。
 
 
素人が見てもわかりやすく楽しめるブログを目指していますので、よろしければぜひご覧ください。ただし、専門用語がわからねえよ!もうちょっと詳しく!服飾のプロ目線で見たら、これってどう思う?など、掘り下げて書くため、更新頻度は遅いです。

 

 

とりあえず編集した記事はこの2本。

 

 

 

 

個人的には衣装についてもそうだし、こういう経験者目線の話をたくさん読みたいので、みんな書いて欲しい。 

 

 

 

そんな感じで、今日は宣伝でした。

 

 

 

それではみなさま、良い推し事ライフを!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼激熱!双眼鏡ダイマ記事▼ 

 

 葵咲本紀がはじまりますね!!!!もちろんわたしは今回もこの双眼鏡を使うぜ!全力でおすすめします。

 

 

 

▼マナー系記事とか▼   

 

やばい人はガチでやばい。せめて隠れてやりましょう。 

 

 

 

 

回が進むにつれイキって行く様子が見られます。 

 

 

 

 

▼推し方に悩んでるならこちら▼ 

 

 

 

 

▼当ブログの100記事目までのおすすめまとめ▼ 

 セルフライナーノーツ的な。

 

  

 

▼recommend▼ 

 手紙を書くときのTips。内容以外で気をつけることについて。マシュマロ返信で印刷方法追記しました(2019.05.29)

 

全人類ブログを書こうぜ。感想を言うのはこわくないぞ。 


 

  

 

 

 

 

 

これから書きたい記事・最近書いた記事

今回振り返ったものは一旦整理&円盤後の感想へ

 

・わたしたちはパトロンにはなれない〜誰のための推し事か〜 ★★☆
・わたしは舞台に何を求めているのか〜舞台はテーマパーク、ディズニーととしまえん〜 ★★★★
・イベントってどうすればみんなが幸せになれるんだろうね? ★★★
・オタクと推しと自意識と〜事実と妄想、自覚と無意識〜 ★★★★☆☆

・わからないボックス運用方法

・「お前だって誰かを踏みじにって生きている」 ★★★★☆

・わたしたちは推しを消費している〜ファンと応援というグロテスクな構造〜 ★★★☆☆

 ・自分の意見を伝えるのが怖いあなたへ〜全人類ブログを書こう〜恐怖や悪意との戦い方  ★★★★★★☆

・キャバクラ・ホストで例える推し事について★

・【気をつけろ、プレの話は燃える】着用報告=自分は推しに気に入られている なのか?★

・BBA、アスペ、メンヘラ 〜スラングを使う心理とデメリット〜
・高額転売に怒る茶の間を揶揄するオタク、視野狭窄になっている

・要望を伝えるのは悪なのか?〜肯定しか許されないという地獄〜★

・わたしの思う「オタク」と「ファン」の言葉の定義
・マシュマロ返信を兼ねて推し方スタンスを改めて

・『普通』じゃない=劣っているという思い込み故に生まれるモンスター

 

 

舞台、イベント感想

メサイア トワイライト ー黄昏の荒野ー感想 ★★★★★★★★★☆☆(たぶん次作とあわせて、メサイアシリーズ全体の感想にします)

・黒ステ感想★

・spiファンイベント「Nonfiction」感想(ネタバレなし)

・トルツメの蜃気楼感想

  

 

★ありがとうございまます。★が引用スターで、☆がマシュマロで現状いただいてるリクエストです。

 

 

 

 

 


 

▼マシュマロやってます▼

気軽にどうぞ。だいたいTwitterで答えてます。

回答スタンスは「丁寧なものには丁寧に、無礼なものにはそれ相応に」

悪意があると感じたもの、無礼なマシュマロなどは有料noteで答えます。(先人の知恵に習う)

こまめに確認してないので、急いで何か聞きたかったり議論討論したかったらリプかDMをください。 ふわふわなのうれしい(甘え)

 

 

 

 

 

▼ツイ廃です▼

かんそうぶん (@KansouBn) | Twitter

 

気軽にフォローするとTLが埋まります。 が、ブログにまとまる前のあれこれが読めます。きみはこのツイの量に耐えられるか!?

 



*1:前も宣伝した

*2:前々からもうちょっと読みやすくしよう!と話してたんだけど、文中に書いたまとめに取り上げてもらってふたりともなんか火がついた。いつまでモチベが保てるかは不明。

2019上半期、現場振り返り(2日半に1回現場にいた)

 2019年上半期観劇記録。ミュージカル、ストプレ、2.5など現場振り返り記録

 

注:舞台のあらすじにも軽く触れているので長いぞ!



書きたいことは数あれど、時期を逃すと書きづらい。
葛藤抱えて日々画面、見つめてブログをしたためる…


いや、ほんと書きたいことたくさんあるんですよ。
アリエルのキャスティングの話でなるほどー!と思ったこととか、リクエストをいただいてる「全人類ブログを書こう!〜匿名の悪意との向き合い方〜」とか、ナマモノ炎上の話の続き一個目はこちらとか。


今日は上半期振り返りを書きます。もう7月も折り返しだし。
はてブロで見て良いな!と思った記述を参考にしています。ありがとうございます。


・月をまたぐ公演が多いので、演目ごとの振り返り
・ジャンル分けはざっくり
・複数回入ったものは★をつける
・地方遠征をしたものは☆をつける

 

もくじ

 

 

 

 

 




ストレートプレイ…14演目

 

  • 12人の怒れる人たち
  • シンギュラ
  • 山犬
  • 他の6人
  • BLUE/ORANGE ★
  • 浮遊するFit しない者達
  • りさ子のガチ恋♡俳優沼
  • 不思議の国のアリスたち
  • cocoon 月の翳り編
  • cocoon 星ひとつ
  • 黒白珠
  • バクステ!!!
  • トルツメの蜃気楼 ★
  • 殺してもいい命

 

 


BLUE/ORANGE

ロンドンの精神病院。
境界性人格障害のために入院していたアフリカ系の青年クリス(章平)は、
研修医ブルース(成河)による治療を終えて退院を迎えようとしている。
しかしブルースには気がかりなことがあり、退院させるのは危険だと主張していた。
上司のロバート医師(千葉哲也)はそれに強く反対し、高圧的な態度で彼をなじる。
納得のいかないブルースはクリスへの査定を続け、器に盛られたオレンジの色を問う。
彼はそのオレンジを「青い」と答えた――。

これは自分的年間ランキングにも入ってくると思う。シンプルな会話劇、精神疾患、人種問題、医療現場の問題とかさあ…好きに決まってるじゃん…。何が事実なのか徐々にわからなくなるストーリーが最高。今年は推しが出ないものは最大3回までに抑えようと決めてるんだけど、チケット増やすか悩んだ。
ラスト、得体の知れないものかのようにオレンジを放り投げる時の章平さんの表情よ…
泣いたり激昂する成河さんにもグッときました。
どこか飄々とした千葉さんが声を荒らげるところも。
3回とも良席だったので、がっつり没入できた。章平さん、良い席をありがとうございます(章平さん先行だった)

公演詳細 | StageGate [ステージゲート]

 


12人の怒れる人たち

1人の被害者、1人の被疑者、多数の目撃者。12人の陪審員が集められ審議が始まる。事件は、すぐに判決が下るはずだった。1人の陪審員が異議を唱えるまでは…… 生演奏で奏でる悲壮の音色が物語を立体的に鮮やかに彩る。密室の中で12人が導き出す結末とは?

 

かの有名な、十二人の怒れる男のリメイク。登場人物に女性も出てきます。ずっと気になってた演目なので、観られてよかった。原典も観たいな。
傍聴人席は隣にキャストが座ったり、劇中に立ってもいいという驚きの席だったらしい。座りたかった…。床に間取り図を広げるシーンが観づらかったのが残念。

『12人の怒れる人たち』Official Site

 


シンギュラ

ある天才科学者の人知を超えたテクノロジーにより誕生した15体(人)の人工知能
【先生】と呼ばれる科学者の研究施設に隔離された彼らには、ある使命があった。
特殊な環境に置かれた彼らは、人間について語り出す。
【先生】不在の中、星の未来をかけた究極のディベートが始まろうとしていた。
ここに人間はいない。
しかし、人間の話しかしない。
15人の知能体が激論の末たどり着く、人間の正体とは?!

推しが出た舞台の演出・脚本を手がけていた一ノ瀬 京介さんの新作。前作では推しの役にキレましたが、果たして今作は…!? と思ったら、また似たようなキャラが出てきてキレました。
一ノ瀬さんの舞台は2作目なんだけど、生歌、生演奏、ダンスがひとつの演目の中に組み込まれていてとても贅沢なんですよ。「人それぞれの考え方の違い」「そこから生まれる摩擦、心の機微」みたいなものを一貫して描きたいのか?という印象があります。
そのやり取りの結果に、前作も今作もキレたりモヤモヤするのですが…。
前作を知っていただけに「出た〜!!!一ノ瀬節〜〜〜!!!」と思ったけど、これが本当に一ノ瀬節かどうか確かめるために、きっとまたわたしは次回作を観てしまうと思う。ちなみにそれを友人に言ったら「マゾなんですか?」と聞かれました。どうかな。

フライヤーとパンフのデザインを違うところに頼んでいるのでは?度◆◆◆◆◆
前作のパンフ(や円盤やwebサイト)で感じたことなんだけど、もうちょっと…お金をかけた方がいいんではなかろうか…。今回メインビジュアルがすごくいいだけに、もったいない感じがする…。


 

 


山犬

私たちが埋めたタイムカプセルを一緒に掘りに行きませんか? ハマダマコト」
同窓会の前日に届いた一通の手紙。しかし、誰もその名前に記憶がない。
10年ぶりに再会した元コーラス部の生徒たちと先生は、手紙に導かれてタイムカプセルを掘るため、学校の裏山へと向かう。
タイムカプセルの中には、骨とハマダマコトの名札が入っていた。その時、何者かに襲われて山小屋に監禁されてしまう。
そして始まる、記憶探しのサバイバルゲーム
「シヌキデオモイダセ」 誰かが過去を思い出す度、配給される食糧・・・恐怖と空腹に支配される前に、彼女たちは真実に辿り着けるのか。

全体通じて初演の方が生々しさがあって好きかなあ。

 

 

 

 

浮遊するFit しない者達

浮遊する。
今日も闇雲に選んだ雑居ビルの屋上に佇むツバサ。
天使が囁く…「早く楽になろうよ」
悪魔が…「きっとこの先いい事もあるよ」
天使と悪魔の声は、どちらともfitしない
家族、友人、知人、他人…そして自分。
合わない事で済ませる者達の心の裏腹は今もそこにある。

もっと重苦しい話かと思ったら、そうでもなかった。思春期の葛藤、みたいな感じ。そして思いのほかコミカルでおどろいた。
鳥居みゆきが観れて良かった。彼女主演の虐待をテーマにした「モンスター」、アマゾンにあるから観ないと。まだ観れてない。

STAGE | 劇団TEAM-ODAC

 

 

 

 

 


不思議の国のアリスたち

白ウサギを追いかけワンダーランドへ迷い込んだ、ひとりの少女。
そこにいたのは、ハートの女王にトランプ兵、そしてアリス……たち!?
「わたしが本物のアリスよ!」
ワンダーランドの主役・アリスの座をめぐって、9名のアリスたちの激しい闘いがはじまる!
BEYOOOOONDS初主演舞台は、歌・ダンス・ジャグリング・マジックが織りなす、
摩訶不思議なファンタジー・パフォーマンス・ショー!!

女の子アイドルかわいい!アイドルって作り上げられるものなのだな…という感想。仕草とか発声とかがかわいいんだよー。それぞれの得意分野で見せ場があったのも良い。初めは誰もよく知らない状態なのに、観てるうちに「この子推したい!」ってなるの、すごいよね。

 

 


cocoon 月の翳り星ひとつ

美術がとにかく美しいし世界観の作り込みがすごい。TRUMPシリーズは、ふとしたきっかけですごくハマる可能性があるからこれからも注視しておきたい。今回は衣装がすごくすごく好きだった。あの後ろでぐったりゆらゆらしている異形たちのデザインが最高。衣装展とかないのかな。過去作はさらっとしか観れてないから、一回がっつりおさらいしておきたいなあ。パンフ、分厚いからなんなの!?と思ったら、そういうことですか…ここまで作り込まれると「お金!?出す出す!」ってなるよね。

特典のメイキングDVD気になる

 

 


黒白珠

1994年、長崎。信谷大地(風間杜夫) は、真珠の加工・販売会社を経営していた。長男の勇(松下優也) は高校卒業後、職を転々とし、大地を心配させていた。勇には花苗(清水くるみ) いう恋人がいる。 勇の双子の弟・光(平間壮一) は、大学に進学するために東京に出ていた。光に大地は期待を寄せていた。
勇は、周囲から、叔父に似ていると度々言われることから、いつの頃からか、自分の出自にある疑念を抱き始める。 
勇と光は、母・純子(高橋惠子)の事をほとんど知らない。まだ二人が幼い頃、母は、叔父と不倫の末、駆け落ちし信谷家を出て行ったらしいが、その後の消息は聞かされていなかった。
出自へ 疑念を抱えた勇。そして、ある出来事から母と再会することになった光…。
封印された家族の物語が、不協和音を立てがら動き出し、衝撃の真実を解き明かすパンドラの箱が、今開かれる。

はてブロでおすすめされてる方がいたので観に行きました。
地方の家庭で起きた人間ドラマをぎゅっと濃縮して舞台に落とし込んだような演目だった。セットの使い方が良かったなあ。舞台の幅が広いからこそ可能な感じ。場所も年代もテンションもくるくる変わるのに、違和感なく成立するのがすごい。
メインビジュアルが落ち着いた雰囲気、モノトーンでシリアスな話なのか!?と思ったけど、笑えるところもしっかりあって、ヌケ感がよかったー。記憶よりも交わした約束の方が重く、それに縛られる生、そしてその呪いをかけた男。あの人たちは今度どうなるのかな。
ところで方言の女の子ってかわいいですね。

『黒白珠』 - 公式サイト

 

 


殺してもいい命

その男の事は知っていた。
左胸にアイスピックを突き立てられたその男の事は。
そしてその男の口には赤いリボンで結ばれたチラシが突っ込まれていた。
「殺人ビジネス始めます。」
「新規開業につき、最初の三人までは、特別価格三〇万円でご依頼お受けします」

その男の事は知っていた。
その殺された男は、私が、かつて愛した人だった…

 

上記と対照的に、舞台でやる意味あるのかなー、舞台ならではの演出にやや乏しい…と感じてしまった。が、ストーリーがすごくよかった。そして役にマッチしたシュッとした雰囲気と、後半で感情を爆発させた篠田麻里子にやられた…。プロジェクションマッピングを含むセットのクオリティとか、セリフを噛むキャストが…とか気になることはあるけど、とにかく後半の篠田麻里子がよかったのでいっか!ってなった。でも舞台でやる意味はやっぱりよくわからない…ドラマじゃだめなのだろうか。篠田麻里子版ドラマ。わたしは観たい。


 

 原作読もうかな

 

 

 

バクステ!!

『熱風!戦国ホルモン』というお肉を擬人化してホルモンが高級肉と戦うという殺陣・ダンス・歌ありの2.5次元ミュージカル。
ちょっと残念なこの作品の舞台裏、スタッフルームで起きる裏方たちのドラマが今回の『バクステ!!』
初日2日前から初日に向けて起きた事件とは。
それぞれのプライドがぶつかり合う中、どんな作品であろうがプロであるスタッフたちはどう立ち向かうのか。
演劇とは?
役者とは?
舞台裏にも「スタッフ」という演劇人がいます。
表裏一体の舞台をお楽しみください。

 その名の通り舞台裏を舞台とした演目。お肉を擬人化した戦国2.5次元舞台の舞台裏という設定。なんなんだそれは。〇〇ってなんですか?と聞くキャラだったり、照明や監督、音響、美術、メイクさんなどのキャラのおかげで、舞台裏の大変さがうっすらとわかった気がした。こんな舞台観たら、今度から役者だけじゃなくて他の部分も注目しちゃうよねえ。劇中で出てきた用語の解説、パンフでも入れてくれたらうれしかったなあ。(そしてパンフの紙質が…うーん。。)


ナオト(役名)、イキッてる若手俳優感がすごいな!ウケた。
「駆け出しだから勉強させてもらってる」「今回の仕事ではお金をもらってない」という美術担当に「そういうのやめてもらえませんか?迷惑なんで」「お金をもらってこその仕事でしょう」とはっきり告げる照明助手…!ここめっちゃグッときたな。お仕事モノとしてもポイントの高い話だ…。そうなんだよね、仕事(特にクリエイティブ系)自己実現の手段として使おうとする人ってちょいちょい見かけるけど、真面目にやってる側からすると迷惑極まりないんだよね。人様からカネを頂戴していてオナニーしないでいただきたい。

仕事への熱い想いとすれ違いにグッときつつ、コメディ要素もあり、最後はあー楽しかった!と終われる良い舞台だったー!!

2019年公演「バクステ!!」 | OFFICIAL WEB

 

 


他の6人

これは舞台公演の本番直前に俳優6人が過ごす”楽屋”での物語。ポスターにもチラシにも名前が載らず「他」と表記される俳優6人が、 本番に向けてどのように過ごしているかを描く日常系コメディ

 

こちらも舞台裏が観られる舞台。名前が記載されないアンサンブル、「その他」役の6人の話です。普段は見られない楽屋の雰囲気を擬似的に感じられるのが興味深かった。行き詰まってからどう生きていくかが大人の命題だと思う。そういうことを描こうとした部分もあるのかな。



 

 

りさ子のガチ恋♡俳優沼

26歳、彼氏なし。OLりさ子の趣味は舞台鑑賞。
大好きなイケメン俳優・翔太君を追いかける日々。
彼が出演中の2.5次元舞台『政権☆伝説』に大ハマリ中。
最前席で全通。グッズもコンプ。そして高額プレゼント。
 「がんばってる姿を観られるだけで幸せ」そう思いつつも。
彼のちょっとした「特別扱い」に心ときめいていた。
ある日。ネットで翔太君に彼女疑惑が持ち上がる。
彼との匂わせを繰り返す女が気になり暴走するりさ子。
エスカレートする迷惑行為。その行きつく果ては……。

俳優とファン――「この関係で、私の気持ちは届くのかな?」
演劇業界の闇に切り込む、見て見ぬふりをしたかった愛憎劇。

小説版の感想はこちら。


小説で引っかかってたところが舞台ではクリアになっててわかりやすかったー。小説、舞台、戯曲をあわせて読むとすごく楽しいのではないか。
やはり小説版より舞台の方が火力の高いオタクという感じだった。そして徐々に言動が危うくなっていくりさ子が痛々しい。オタク特有の早口でまくしたてるところとか、リアルすぎる。なんなの? 新垣さんはオタクマスターなの? しょーたくんとるるちゃんがキスするところが、なんか「わ、わあー!」と思ってしまった。板の上の出来事なのに、なんかほんと、家でいちゃついてるところを目撃したような気持ちになってしまった。生々しい。
これはちゃんとブログで感想を書きます。

りさ子のガチ恋♡俳優沼 オフィシャルサイト

 

 

 

 

 


トルツメの蜃気楼

校閲者の仕事をしているユリは、同僚の水谷からアイドルをやらないかと突然誘われる。参加したグループの二人は芸歴は長いが素人同然。仕事やアイドル活動、そこで起きるトラブルの中、ユリはかつてアイドルとして活動をしていた友人、アヤの幻影に想いを馳せ…という話。

松澤くれはさんの戯曲って、極論を言うと描きたいものは同じなのかなという印象がある。他者との断絶を感じつつ、理解し合おうと手を伸ばす姿。根底には愛があるんだけど、しっかり現実の痛い部分も突いてくる。そういう意味で言うと、りさ子よりもこちらの方が、その現実部分はマイルド。そっと寄り添ってくれるような話だという印象。
18歳でアイドルとして活動し始め、徐々に年齢を重ねるアヤの「応援よろしくお願いします!」の笑顔が痛々しい…。
あすぴーさんの髪の毛がトゥルトゥルで、アイドル感が溢れてた。
これもちゃんとブログで書きます。

 


 

 


ミュージカル…6演目

 

 

スリル・ミー

1920年代に実在した世紀の誘拐事件。
心が震える、少年二人の究極の愛と罪の物語。
俳優二人と一台のピアノのみ、拍手の隙間さえ許さない緊迫と興奮の100分間。
完全犯罪というスリルと求める彼に愛ゆえに従ってしまう私。
類まれな頭脳を持ちながら、堕ちていく二人――。
ラストには、衝撃の真実があなたを待ちうける。

 

去年から引き続き感激。成河さんに興味を持つきっかけになった(この後、BLUE/ORANGE、エリザベートに足を運ぶことになる)
ズブズブの共依存、従属していると見せかけ相手を支配する心理戦…みたいな話ね、めっっっちゃくちゃすき。基本的に、病的だったり重々しい話 or 何も考えずにハッピー!わーい!ってなる舞台がすきなんですよね。これは圧倒的前者。二人の会話劇+ピアノ1本で魅せる構成なんだけど、ここまでシンプルなのに、こんなに引き込まれるとは…と震えた。上演は3回目?とかで、過去は銀河劇場で演ったらしいんだけど、シアターウエストのキャパが良いなあと感じた。また観たいなーーー!!
伊礼さんの「彼」とか、絶対観たいじゃん…と妄想してたら、過去すでに演じてらっしゃいました。(迷わずCDを買った)

そして推し!推しでも観たいなーーー!推しの尊大かつ傲慢な演技、とてもとても好きなので。体型を絞った状態なら「私」役もいいかもしれない…?

観たい配役
「彼」→spiさん、味方良介さん
「私」→spiさん、城田優さん、矢崎広さん、海宝直人さん

スリル・ミー | 【公式】ホリプロステージ

 


他のキャストのCDも聴きたい…

 

 

 

 

最終陳述 それでも地球は回る

誰よりも星を愛し、
地球が太陽のまわりをまわっていると信じていた
ガリレオ・ガリレイ
ハムレットロミオとジュリエットなど数々の名作を残し、
今なお愛されているウィリアム・シェイクスピア
生前は全く違うところで活躍していた同じ1564年生まれという二人が、天国で出会ったら…。


これもスリル・ミーと同じく韓国ミュージカルが大元。日本では初演。死後の世界が舞台で、自身を守るため地動説を否定しようとするガリレオ・ガリレイが、あらゆる過去の偉人たちと出会い…という内容。
ガリレオ・ガリレイ役とマルチマン(いろんな役を一人で演じる)役の二人芝居。フレディ・マーキュリーとか出てきて笑った。マルチマン役、推しに演ってほしい!
浅草九劇は初だったけど、とにかく客席と舞台が近い。まあ行くか〜くらいのノリで行ったので、いい意味で裏切られた。あのキャパで歌をモリモリ聞ける贅沢さよ…!2人で30曲くらい歌ってるんだぜ??歌唱力に終始殴られっぱなしだった。
カメラ入ってたけど映像化しないのかなあ。トリプルキャストとかだから無理??めちゃくちゃほしい。最終陳述、再演待ってます(そしてその際はぜひ推しをマルチマンに…)
贅沢な観劇体験だった。

ミュージカル 最終陳述~それでも地球は回る~ | 浅草九倶楽部/浅草九劇



 

 

SMOKE

この閉ざされた世界から
煙のように、抜け出せたら......。

かつては抱えきれないほどの夢と情熱を携えていたはずなのに。
でもいつの間にか、全てを胸の奥にしまい込んでしまった。
自分自身の限界を悟ったとき、未来への視界を遮るように立ち込める煙......
SMOKE。

天才詩人と言われながら、27歳の若さで、異国の帝都・東京で亡くなった、韓国人詩人、李箱(イ・サン)の作品、「烏瞰図 詩第15号」にインスパイアされクリエイトされたミュージカル「SMOKE」。 

天才詩人の詩と美しい音楽が出会い、誰も想像できなかった物語が繰り広げられる。

"鏡の中をのぞき込んだら、自分の「こころ」だった"

 

これも韓国ミュージカル。周りの評判がいいものの、初演で観そびれて悔しい思いをしたやつ。超、海は、ある目的のためデパートの社長令嬢の紅を誘拐する。超の外出中、紅にほだされ目隠しと猿轡を取ってしまう海。言葉を交わすうち、徐々に距離が近づく二人。だが、戻ってきた超を紅は知っており…。
受取手によって、あらゆる解釈ができる話だと感じた。徐々に明かされていく3人の関係と、海役の藤岡正明さんのがらりと変わる演技に息が詰まる。
シアターウエストだとやや広く感じたから、もうちょい密室感が欲しい…。というわけで九劇版も観ようかな。これも推しに海役を演ってほしい。

韓国ミュージカルって、少人数の役者で上演されるものが多いのかな。好みのものが多いかも?と思ったので、今後もチェックしたい。

ミュージカル「SMOKE」|グランアーツ【Grand-Arts】




 

 

レ・ミゼラブル

ついに観たぞーー!!わたしが舞台に興味を持つきっかけのひとつになった作品!
これでもか!とカネをぶち込んだ美術に慄いた。見るべきポイントが多すぎて、わたしにはまだ目が足りない。なので次の公演も観たい。
2回観劇し両方とも福井バルジャンだったけど、光夫さんのジャンバルジャンも観たかったよー!でも伊礼さんのジャベールを2回観られたので良かったです。老ジャベール、セクシー…。意外と映像使うんだなーとびっくりした。馬車が暴走するシーンや下水溝のシーンでの映像の使い方におお!と思った。これが帝劇クオリティか。お値段以上、帝劇。

帝国劇場 ミュージカル『レ・ミゼラブル』




エリザベート

観たいキャストが観られて満足。育三郎ルキーニ、古川トート、剣幸ゾフィーが印象的だった。シシィも両キャスト見れたぞ!
これも舞台美術がすごかった…!映像が映る鏡、どうなってるんだろう?こちらも割と映像使うのねえと思ったのと、レミゼを観た後だったので「明るい!」と思いました。ドレスがたくさん出てきて眼福だったなー。きらびやかな舞台も、また違った楽しみがあるなあと感じた。
トートにあんなに求愛されたらふらっと行きそう。イケメンだし「死」じゃん、かっけー。
トートダンサーもかっこいいよね。
こちらもまた次の公演があったら観に行きたいなあ。グランドミュージカル、教養として観ておくと楽しいと思った。身の丈にあってないのでそこまで通いはしないけど、主要タイトルはこれからもチェックしておきたい。

余談だけど、レミゼエリザベートもパンフの力の入り具合がすごいですね。この値段でこのクオリティと情報量のものを!?いいんです!?と思う。

帝国劇場 ミュージカル『エリザベート』




PIPPIN

物語の舞台は、紀元8世紀後半のローマ帝国

知識欲が盛んで多感な、神聖ローマ帝国の後継者ピピンは品行方正な青年。
優秀な成績で教育期間を終了した後、彼は快適な宮廷を抜け出して
生きる意味を見出す為に、身を奉げて打ち込める「何か」を探す旅に出ます。

しかし行動を起こしても彼の心は満たされず、なかなか「何か」を見出すことはできません。
自分の身に降りかかる困難や戦争、王位継承などの体験を通して
愛・平和・名誉・家族とは何かを考え始めるピピン

果たしてピピンは、本当の幸福を見つけることが出来るのでしょうか? 最後に彼が手にしたものとは…?

ミュージカルピピン(Pippin)- あらすじ、口コミ | あっとブロードウェイミュージカル

 

世界観すーごくすき。サーカスって、異形、見世物、死、闇、光がごちゃ混ぜになった感じじゃん。わーこれシルクドゥソレイユでみたー!って演目?があって興奮した。でも3階だと見切れるんだよーくやしい!!良い席で観たい!なんとなくトゥルーマン・ショー的な雰囲気を感じたな。
クリスタル・ケイ前田美波里の身体能力がとにかくすごい。え、命綱付いてないよね!?そんなサーカス団の一員みたいなことしちゃうの!?ってびっくりした。宙づりの輪っかにのっかって歌ったりパフォーマンスしたりしてた。
座席が良かったら満足感がもっと上がったと思う。3階のバルコニーだったから、舞台奥、上部の演出が死んでた。シアターオーブって天井めちゃくちゃ広いのね…。
メタ的な話もあって好みだなあ。

リンクは2013ブロードウェイキャストのもの。日本版CDでないのかな…





 

音楽劇…5演目

 

 


歌が入る舞台ってなんて言えばいいんだろ。カテゴリ的には音楽劇扱いでいいと思うんだけども。よくわからん。


 

Like A room02

セットが微妙なのは残念だったけど、特典もパンフも可愛いし歌もすごく良かったーーー!!
世界観含めすごく惹かれた。急遽追いチケした。マーマパイセン好き。でも本命?はインスペクターです。ラップできる人かっこいいじゃん…。room03も観ます。
歌うまキャストが揃ってるのに、今ひとつ客席が埋まってなくて歯がゆい思いをした。誰目線か謎なんだけども。いや…こんな歌える人が揃ってるの、すごくないですか…。
舞台界隈、原作がビッグネームだとやはり強いし、逆を言うとこういう舞台はなかなかお客さんを集めづらいのかなあ。認知度って大事だし、今の舞台って原作ありき・知名度があるものが強いんだなとリアルに肌で感じた。ほんと、これもっと盛り上がっていい舞台じゃない!?

 

Like A[room2]

1作目、2作目が楽天TVで配信されてる

 

1作目のCDはもう買える

 




 

アルターボーイズ合同公演

アルターはスケジューリングミスで普通の公演に行けてない。そっちを観てから観たかったなー!題材的に好きなやつだからまたあったら観に行きたい。




 

R&J

AIがほとんどの労働を担う時代。人々は退屈していた。

そして巨大都市の若者は“グルッパ(不良)”と“ビアンカズーリ(警察)”に分かれて対立した。
抗争という名の、命を賭けた暇つぶし。
対立の中で出会う、グルッパを率いる「ロミオ」と警察長官の娘「ジュリエット」
一目惚れして、恋に落ちて、行き着く先は沙翁=シェイクスピア任せ。

 

ロックオペラとは…?そしてオレノさん出演という部分に惹かれて観劇。よく考えたら佐藤流司陣内孝則藤田玲も出てるじゃんなんだこの豪華キャストは!と後から気づいた(遅い)
ジュリエットがかわいい!公演日が沖万美さんの誕生日でサプライズがあった。良い回を観れてうれしい。
実は原作があやふやなんだけど、なんかエネルギーが有り余った若者(ばか)の話ってことでいいんでしょうか!?陣内さんの白髪が美しかった。関係ないが日本青年館2階の椅子は滅びてほしい。足がつかない上に座面が奥に向かって傾斜していて座っててめちゃくちゃしんどい。解釈違いだ!!!!

amazonで円盤買えるの良いな

 

 

 

後家安とその妹

親の因果で御家人崩れて 数える月日もどこへやら
風に吹かれてドブ板踏んで 気づきゃあこの世の吹き溜まり
幼い妹可愛さに 手に手を取ったは東海道
海に千年山に千年 憚りしらずの悪行重ね
泥にまみれたこの手を見れば 遠いあの日が涙に滲む

 

演技が秀逸…!あんな人いたら好きになっちゃうよ…すごく艶っぽかった。
「こういう風な仕草をするとこう見える」型みたいなものがあって、それをみっちり練習して役に取り入れてるんだろうなあと感じた。かわいいは作れるし、艶っぽさも作れるのだ、たぶん。途中で着物でギター持って歌うとか、カッコよさの極み。

芝居噺弐席目「後家安とその妹」



 

愛のレキシアター ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

テーマパーク感がすごい。お金かかってるなー!と思った。映像もそうだし、セットがすごい。赤坂ACTシアターの天井の高さを存分に活かした豪華セット。何より山本耕史すごいな!?身体能力も歌もこんなすごい人だと知らんかったよ…!!

spice.eplus.jp




 

 

 

 




2.5次元舞台…5演目

 

 



三百年の子守唄再演

みほとせはちょうどいい感じで通えた。ついつい推しを目で追ってしまうから、ある程度観ないと他に目が行かない。銀劇の時点で感想書いてて良かったな。

会場ごとの違いや続きの感想ブログ書きたいが果たして書けるか!?(書けないフラグ) 二部の推しがただのプロレスラーだった。にこにこ推し。かわいい。銀劇では布をキャッチしようとしてたけど、途中から完全に放棄してましたね。布を高ーく放り投げてにこにこーって笑ってる推し。すきです。

 



黒子のバスケ ULTIMATE BLAZE

2019年春、舞台黒子のバスケ」完結!ついにウインターカップの頂点が決まる!小野賢章、安里勇哉ほか出演!中屋敷法仁演出。

くろステ。泣いた。スポ根はあかん。努力友情勝利は涙腺にきますね。
バスケなのになんでみんなあんなユニが小さめなの?チラ見え予防なの?とか、ブロマイドの私服がびっくりして5度見するくらいダサいとか、謎の部分はあったけど、本当に本当に素晴らしい舞台だった。
カテコで推しの挨拶回に当たったの、うれしかったなあ。しかもめちゃくちゃ没入できて泣いた回だったから、感激もひとしお。そしてカテコでそわそわしてる推しはかわいい。推し!そこは舞台の上だぞ!

舞台「黒子のバスケ」オフィシャルサイト

 

 



メサイア トワイライトー黄昏の荒野ー

閉鎖都市「オデッサ65」。
強固な壁により隔絶され、文字通り外界との接触を断たれた北方連合の国家的実験場。そこに住む人々は北方連合のモルモットとして、家畜以下の生活を送っていた・・・。
 
そんな過酷な環境で生まれ育った男がいた。
その男の名は「サリュート」。
北方連合対諜報戦訓練校「ボスホート」に所属するエリート。彼はボスホートの卒業ミッション「ビーツの祝祭」に臨もうとしていた。
 
まだ、彼は知らない。このミッションに、自らの未来を左右する過酷な運命が待ち受けていることを・・・。

 

メサイア。これもトランプシリーズと同じく、どハマりする素養があるので程々に距離を置きつつ楽しみたい。これ絶対沼やん?? オタクの好きな要素てんこ盛りやん? ビーツの祝祭という厨二感満点のワードにぐっときました。ちゃんとこのシリーズは向き合って感想を書きたいんだよ…。今のところ月詠がつらくて好きで、黄昏も好き。橋本真一くん!二面性〜!次回作も楽しみ!観ます!


 

 


桃源郷ラビリンス

こんなプロジェクションマッピング見たことがない…!ものすごいクオリティの舞台を観てしまった。後世に語り継がれる怪作だと思う。キャストはどんな気持ちで演技をしていたのだろうか。機会があったら円盤を見てほしい。言葉では言い表せない感情を抱かせるものすごい舞台です。


 

 



囚われのパルマ

閑静な場所にある大手製薬メーカー「シーハイブ製薬」の開発研究所。
そこで日々研究に勤しむ研究員、ハルト。
研究所には先輩の久保田や郷田、同僚の山辺、後輩の島本など数名の研究員が働いているが、ある日海外の製薬会社から女性研究員、篠木が派遣されてくる。

新たなメンバーが加わった数日後、研究所所長である政木から新薬プロジェクトを立ち上げることが発表されたが……。

ハルトの周辺に突然現れる謎の男をはじめ、新薬プロジェクトをきっかけに、ハルトを待ち受ける運命の歯車が、少しずつ動き始める……。
ハルトが「あなた」に出会うまでを描いたビハインドストーリー。

 

ゲームを履修してないとだめだった、この舞台だけでは100%楽しめない感じで、ちょっと置いてけぼり感があった。舞台単体では起承転結とか盛り上がりに欠けるかなあ。でもこれ、ゲームをちゃんとやってるとグッと来るみたいなので、完全にわたしの慢心。ちょいちょい独り言を言うハルト、かわいくて良いですね…。腕すごいな!?身体鍛えているなあと思いながら観ました。村正でどうなってるか楽しみ。

palm-stage.com





 

 


バレエ1

Noism実験舞踊vol.1『R.O.O.M.』『鏡の中の鏡』

オペラ、バレエ好きな友人(わたしが舞台に興味を持つきっかけのひとつをくれた人)がおすすめしていたNoism。運よくおすすめしてた数日後に公演があると知り、現代バレエってなんや?という知識ゼロ状態で観に行きました。
あの価格は良い意味でちょっとおかしい…! 肉体の動き(と音)だけで心をざわつかせるのなら、ほかにも見どころ(衣装とか)があるバレエは絶対おもしろいじゃないか…!と思った

以下公演を観たメモ書き↓
愛し合ってるのか憎んでいるのか追い詰めてるのか挑発してるのか。固形なのか液体なのか、人間なのかそうじゃないのかよくわからないような動き。搾り出される歯磨き粉みたい。何食わぬ顔で壁に開けられた穴に自らの肉体を仕舞い込む不気味さ。人じゃないみたいだと思っていたのに、ふとした瞬間に強烈な生々しさを感じてぞっとする。
腹に響く重低音、ノイズ、耳障りな高い音。
不快で不穏。こわい。小さな頃に見たらトラウマになってしまいそう。
無表情で男を追い詰める女たち。伸びる手。こわいこわいこわい。反復する動きは輪唱みたいだと感じた。はじめは同じような生き物に見えたひとりひとりの輪郭が徐々にはっきりとしてくる。
光、映像、残像。
複雑に絡み合った身体は地獄を描いた絵画みたい。飛び出す頭、腕、身体。一人だけ取り残された男。でもすぐに、何事もなかったかのように皆無表情に壁に、天井に消えていく。現代のグロテスクさを表しているみたいだと思った。
爪先立ちの足のかすかな震えや衝撃で揺れる太ももの肉。それがこの人たちは人間なんだと感じさせて奇妙な感覚になる。
------------------ここまで------------------
現代バレエ、よくわからないけどなんかすげえな!という頭の悪い感想を抱きました。映画館でやってる古典も含め、ちょこちょこ観に行ってみようかな。



 

 


イベント…6

  • spi×VVコラボvol.02
  • spiファンイベントNonfiction ★
  • 伊万里有アルバムリリイベ(ゲストspi)
  • 伊礼彼方CDサイン会
  • 運命のドロップキック
  • 40歳までにコレをやめる トークイベント

 



spi×VVコラボvol.02

 なんか色々ばたついたお渡し会イベント。推し、イベントはプロの業者に間に入って欲しいなあ。そのほうが皆が幸せになれると思われる。金銭的に無理ならクラウドファンディングで募ってください(財布を懐から出しつつ)
期せずしてフォロワーさんと遭遇しランチができ、役についてなど語り合えて楽しかった!


 

 

spiファンイベントNonfiction

 

昼夜参加。これ!こういうイベント大好き!推しの頭の中、考えていることをがっつり聞けて、歌もみっちり聴けました。楽しかったよおおおおお!!!
推しは最近有料・無料で差をつけるようになったのかな、という印象があり、オタクはうれしい。無料で大盤振る舞いせんでええよ!ちゃんとお金払わせて!と常々思っているので。その反面、2年前に書いていたような役作りについてのブログはもう見られないかもなあと思うとちょっとさみしい。が、こんなに魅力が詰まったイベントをしてくれるならオールオッケーです。
一番初めのファンミは己を晒しすぎ、繊細であやうさを感じたけれど、今回はああ、この人いま安定してるな、と思えた(個人の意見です)。見せる・見せないの線引きが前よりしっかりして、自分の中できちんと消化した部分をファンに見せてるのかな、という印象だった。これからどんな変化を見せてくれるのかな。楽しみ。


一番はじめのファンミの感想はこちら 

 

 

 

 

 


伊万里有アルバムリリイベ(ゲストspi)

 

伊万里くんリリイベ。推しが歌う回に行ってきました。推しの「恋風邪」リリース翌日だったので、話題に出るかな?と思ったけどそんなことはなかったぜ!

恋風邪の世界観について延々考えている記事はこちら 

 

ふたりの仲が良くて見ててふふってなった。割と左右に分かれたりステージの段になったとこ?に乗っかって歌ってくれてたので、ゼロズレに推しがいてうれしかった…。
伊万里くんのパフォーマンスもよかったなー。PVもちゃんとしている…。
握手待ちの時、プリザーブドフラワーを使ったヘアメをした女の子がいて、わーー、かわいい!大事な日なんだねえ!ときゅんとした。伊万里くんの衣装は確か上下白の服だっけ。「イケメンにのみ許されし服装…!」とおののいた。

接触では伊万里くんに「いま一番鍛えてる筋肉はどこですか?」と聞きました。

 

 

 


伊礼彼方CDサイン会

レミゼ終演後に参加。
今までちょこちょこ若手俳優のイベントに行ってみたけど、それとは明らかに空気が違う。皆さんとても落ち着いている…! 素晴らしいなあ。ご本人のキャラとキャリアのなせる技なのかしら。
推しじゃないし平気平気〜緊張しない!と思ってたけど、いざ伊礼さんを目の前にすると目力の強さと顔面力の高さ(顔面力とは?)にドキドキしました。
どのファンにも終始丁寧かつにこやかな対応、でも常連さんと思しき方には「〇〇日は?来る?」とフランクに接していて、わーーーす、好き…と思いました。伊礼さん、無人島に漂着しても動じ無さそうな胆力の強さを感じる。好きです。


 

 

運命のドロップキック

味方良介さんのイベントに去年に引き続き参加。
ほんとになんか…投げ銭できたりしないのだろうか? 役者とファンのイベントの理想形がここにあると思う。詳しくはここに書いた。 

 

 




40歳までにコレをやめる トークイベント

 

舞台へのハードルを下げてくれた岡田育さんの出版記念イベントへ。劇団雌猫のひらりささんとのトークで、聞き応えがあった…! お二人とも考えていることがたくさんあり、それをうまく処理してらっしゃるのだろうな…と感じる。うーん、自分もそういう風になりたい…。本は一回さらっと読んだので、またじっくり読もう。ちなみに、連載時に感銘を受け、接触前にプロにメイクしてもらったのはこちらに書いてます。

 
岡田さんもアトリエはるかだったと判明した。わたしもアトリエはるかでした。マシュマロで記事を見てメイク行きましたー!って言ってくれた人もアトリエはるかだった。大人気。明朗会計だし、いいよね。

https://amzn.to/2jGA6Fm





 

ライブ・コンサート…3公演

  • CLIE SONIC
  • フレンズ・オブ・ディズニー
  • 伊礼彼方プレミアムルーム『Elegante』

 


CLIE SONIC

 

SLAYZYとLike Aのメンバーが歌う?そりゃ行くでしょう!と。酒が飲める現場っていいよね。SLAYZYはあまり履修出来てないけど、がっつり観たらハマる自信がある。ので、すこーしだけ観て今は少し距離を置いている(そういうコンテンツ多すぎじゃない?いや、ほんと体力と気力が足りないんですよ…)
わたしが行った回は藤田玲さんゲストの回でした。エーステの後に来たって行ってたかな、お疲れ様です。KIMERUさんが客降りしてハイタッチをしていき盛り上げ上手…!と思った。やはりSLAZYは危険なコンテンツだな、余力が出るまで近づかないでおこう…とおもいながら、過去作のパンフを8割買ってしまった。円盤はね、これから…。
そしてLike A! やっぱり歌がいいよなーーー! すき!一番好きなのはSHUNさんです。ツーブロックでラップできるとかさあ、やめてください…

 

 


フレンズ・オブ・ディズニー

 

 

山崎育三郎さん、落語心中で初めて知ったんですけど、歌がうますぎるし低音が魅力的すぎる…。海宝さんと一緒に歌ってて、美と歌唱力の暴力だったわ…

 

 

 

 海宝さんと育三郎(なんとなく下の名前で呼びたい)目当てで行きました。いやー、すごかった。皆歌がうまい。コンサートだから当たり前なんだけど、素晴らしい歌声でした。海宝さんと山崎育三郎氏のふたりのステージのあと「王子様じゃん!」って山寺宏一さんが言ってたけど、ほんと…ほんと顔面力と歌唱力の高さに圧倒された。最後はパパイヤ鈴木氏に教えてもらって、観客も一緒にダンスして終了。楽しかったー!

 

 


伊礼彼方プレミアムルーム『Elegante』

 

伊礼さんのアルバムリリースイベント…になるのかな。イープラスの手数料カフェで飲食しながら伊礼さんの生歌を聴くという素晴らしいイベント。しかも伊礼さんから観客全員にシャンパンのプレゼントがあった。男前…。CDを買うと伊礼彼方がしゃぶしゃぶを食べているブロマイドにサインを入れてプレゼントというアナウンスにざわつく場内。「しゃぶしゃぶ…!」「しゃぶしゃぶを食べる伊礼彼方!」「しゃぶしゃぶphotoは欲しい!」と心が乱れましたが「我々すでに先日CD買ったよね」という話をしてしゃぶしゃぶ彼方は見送ることにしました。
いやー、でもスポーツカーに乗ってキメてる伊礼さん(サイン会でもらったポスカ)より、しゃぶしゃぶ彼方の方がいいな、なんか意味がわかんなくて…




寄席2

  • 新しき哉No.1
  • ちゃお4



両方とも瀧川鯉八さんの落語を聞きたくて。演目はこの7つを聴けました。

  • 多数決
  • ぷかぷか
  • にきび
  • 俺ほめ
  • やぶのなか
  • いまじん
  • サウスポー

瀧川鯉八さんは古典をやらず、創作落語のみをやってる方。人間のなかにあるやましい気持ちや少し後ろ暗い部分を笑いに昇華する感じがとても良い。しぶや落語などにも出てるので、ぜひ観て欲しいです。俺ほめの動画貼っときます。


瀧川鯉八 「俺ほめ」 落語 お笑い名人寄席

 






映画5本

  • 映画刀剣乱舞
  • キングオブプリズムSSS1
  • キングオブプリズムSSS2
  • キングオブプリズムSSS3★
  • プロメア

 
こちらは感想割愛。


 

 

 

 

目標と振り返り

 

今年の目標はこちらに書きました。   

1.事前に舞台の情報を集める
2.舞台の情報をまとめる
3.現場の取捨選択をする
4.毎公演、一回一回を大切にする
5.ブログを書く頻度を上げる

6.ざっくりでもいいので家計簿をつける
7.健康に注意する
8.骨格診断とパーソナルカラー診断に行く

 

1→舞台の予習。ほどほどにできた。あらすじを読む→深堀りせずに、フィーリング重視で観劇、でうまくいっています。

2→舞台の情報まとめ。できてない!これは上と関係してくるけど、ほどほどにしか調べてないからというのもある。が、がっつり調べたいものもあるので、これは別ブログを立ち上げてまとめたいなーとぼんやり思ってます。

3→現場の取捨選択。費用対効果も考えつつ、一応はできてる。年始に目標を立てたときより、好みがはっきりしてきました。あらすじ以外、舞台美術などにも興味が出てきた。今年いっぱいは今のスタイルでいきたい。

4→推しの舞台以外は3回までと決める事で、集中力が上がった。いいぞいいぞ!推しの舞台、下半期はもうちょい回数を増やしたいが、7と相談。

5→ブログの頻度。直近はツイートを並び替えてざっと出すようにしたので少しは上がったかなあ。クオリティより量とスピードを上げたい。

6→家計簿つけれてません!!!!!!!

7→健康になりたいよね。平日毎日予定を入れて、土日寝倒して、次の週も調子悪かったりした。はやく学べ。

8→行けてないー!でもたぶんブルベ夏!メイクするのが最近楽しいから、はやく答え合わせしたい!!

 

 

 

 


まとめ

ストレートプレイ…14演目/ミュージカル…6演目/音楽劇…5演目/2.5次元舞台…5演目/バレエ…1演目/イベント…6演目/ライブ・コンサート…3演目/寄席…2公演/映画…5本


2019年上半期現場は69でした。
配信で観たのは「MESSIAH メサイア -暁乃刻-」「MESSIAH メサイア -悠久乃刻-」「MESSIAH メサイア -月詠乃刻-」をそれぞれ2回、トランプシリーズ「グランギニョル」「SPECTER」「マリーゴールド」か…?なんかほかにも観た気がするけどわからん。

 

推し事が何もない週が1月第1週のみで、あとは何かしら現場に入っていた。処理能力を上げるか強靭な肉体を手に入れるか、なんにせよ対策をしないといけない。

この記事めちゃくちゃ時間かかってるから、やはりこまめにブログを書かないとな…下半期の目標にしよう。

 

 

 

 

 

それではみなさま、良い推し事ライフを!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼激熱!双眼鏡ダイマ記事▼ 

 

 

 

▼マナー系記事とか▼  

 

 推しのプラベに踏み込みすぎるのはどうなの?という記事

 

やばい人はガチでやばい。せめて隠れてやりましょう。 


回が進むにつれイキって行く様子が見られます。 

 

 

 

 

 

▼推し方に悩んでるならこちら▼ 

 

 

 

 

 

▼当ブログの100記事目までのおすすめまとめ▼ 

 セルフライナーノーツ的な。

 

  

 

▼recommend▼ 

  

 手紙を書くときのTips。内容以外で気をつけることについて。マシュマロ返信で印刷方法追記しました(2019.05.29)

 

  

 

 

 

 

 

これから書きたい記事・最近書いた記事

今回振り返ったものは一旦整理&円盤後の感想へ

・わたしたちはパトロンにはなれない〜誰のための推し事か〜 ★★☆
・わたしは舞台に何を求めているのか〜舞台はテーマパーク、ディズニーととしまえん〜 ★★★★
・イベントってどうすればみんなが幸せになれるんだろうね? ★★★
・オタクと推しと自意識と〜事実と妄想、自覚と無意識〜 ★★★★☆☆

・わからないボックス運用方法

・「お前だって誰かを踏みじにって生きている」 ★★★★☆

・わたしたちは推しを消費している〜ファンと応援というグロテスクな構造〜 ★★★☆☆

 ・自分の意見を伝えるのが怖いあなたへ〜全人類ブログを書こう〜恐怖や悪意との戦い方  ★★★★★★☆

・キャバクラ・ホストで例える推し事について★

・【気をつけろ、プレの話は燃える】着用報告=自分は推しに気に入られている なのか?★

・BBA、アスペ、メンヘラ 〜スラングを使う心理とデメリット〜
・高額転売に怒る茶の間を揶揄するオタク、視野狭窄になっている

・要望を伝えるのは悪なのか?〜肯定しか許されないという地獄〜★

・わたしの思う「オタク」と「ファン」の言葉の定義
・マシュマロ返信を兼ねて推し方スタンスを改めて

・『普通』じゃない=劣っているという思い込み故に生まれるモンスター

・推しの恋愛についてどう思う?(マシュマロ返信)

 

舞台、イベント感想

メサイア トワイライト ー黄昏の荒野ー感想 ★★★★★★★★★☆☆(たぶん次作とあわせて、メサイアシリーズ全体の感想にします)

・黒ステ感想★

・spiファンイベント「Nonfiction」感想(ネタバレなし)

・トルツメの蜃気楼感想

  

 

★ありがとうございまます。★が引用スターで、☆がマシュマロで現状いただいてるリクエストです。

 

 

 

 

 


 

▼マシュマロやってます▼

気軽にどうぞ。だいたいTwitterで答えてます。

回答スタンスは「丁寧なものには丁寧に、無礼なものにはそれ相応に」

こまめに確認してないので、急いで何か聞きたかったり議論討論したかったらリプかDMをください。 ふわふわなのうれしい(甘え)

 

 

 

・サクッとマシュマロ簡易返信

推しと親密な人についてどう思う?氏。推しの恋愛、カノバレについて…むずかしい!でも考えるとおもしろそうなので腰を据えて書きたい! 一旦ふわーっとTwitterでマシュマロ返信すると思います。

nmmn記事氏。わ、わ、わかるー!腐女子スラングを使ったりあのノリで性的消費してるのを目撃するの、わたしも2次元相手でも苦手です。でもそういう人、腐女子でもいると思います。ので、言ってみてもいいかも。

 

 

とりあえず。たぶんそのうちもうちょいしっかりTwitterで返信します。

 

 

 

▼ツイ廃です▼

かんそうぶん (@KansouBn) | Twitter

 

気軽にフォローするとTLが埋まります。 が、ブログにまとまる前のあれこれが読めます。きみはこのツイの量に耐えられるか!?

 

 

 

あなたと推しは交わらない他人だけど 〜出待ちをするあなたと「行けません」を推しに伝えるあなたへのマシュマロ返信〜

出待ちと「行きたいけど行けません」リプについてのマシュマロ返信。推しと近づくと弊害もあるよね。

 

 

今日は「出待ちは労働力搾取」「行けませんリプは相手の気持ちを考えていないのでは?」という先日書いたエントリへのマシュマロ返信です。また、推しとオタクの関係性についての記事も関連があるので、よろしければそちらもあわせてお読みください。


 

 

 

  

 

 



もくじ

 

 

 




出待ちを続けてしまうあなたへ

 

出待ちを続けてしまう罪悪感と会いたい気持ちで揺れる意見




一ヶ月ほど前のマシュマロですね。その後いかがお過ごしでしょうか。何かしら気持ちに変化はあったでしょうか。

5年て長いですよね。5年の間、変わらず推しが舞台に立っていること、推しを推せる状況だというのが、まずすごい。そして幸せなことだと思います。

マシュマロ主はきっと聡明だし相手のことも考えられるし、ファンとしての一線を越えないように配慮をする(ないしは推しに近づきすぎることに何らかの罪悪感や恐怖感を持っている)人なのかなと感じました。文面から察するに、プライベートで推しと特別な交流を持っているわけでもないと思います。


まず要点を整理します。

 

 

読み取れる事実

  • 推しさんは出待ちOKの現場で活躍されている(メッセージから推察)
  • 推しさんからの認知がある
  • 地方在住で、毎回出待ちをするわけではない
  • 出待ちをしないときは、推しさんから出待ちに来ないのかDMが来ることがある


推察できるマシュマロ主の気持ち

  • 出待ちは労働力搾取だと思っている
  • 出待ちについて5年ほど悩んでいる
  • 顔を見たい、話したいという気持ち VS 遠慮すべきでは?の気持ちの葛藤がある
  • 推しさんは歓迎してくれているが、本心かわからないので不安
  • もし観劇のたびに出待ちをするとしたら、しつこいのではという不安がある
  • 苦しいので、出待ちを習慣にするんじゃなかった

 




これ、事実にのみ目を向けた時、駄目なことって特に見当たらないですよね。
おそらく出待ちが禁止されている現場ではない。そして、出待ちに来ないか向こうから問いかけのDMが来ることがある。これ、嫌われてたらDMは送って来ないと思うんですよ。好かれてるかどうかはわからないけど、少なくとも嫌われてはいない。

例えが適切かどうかはわからないけど、ホストの営業メールみたいな感じ。でも、彼らって来店が売り上げに直結するじゃないですか。そこが舞台俳優とは大きく違う。推しさんは板の上以外、出待ち対応というサービス残業をマシュマロ主相手にしてもいいと思っているのかなと感じました。



今のままじゃだめなんでしょうかね。

だめだと思ってるし苦しいから、マシュマロを送ってるんだろうから、だめか。
でも、何が苦しいんだろう。5年も苦しむのって相当ですよね。遠征して観劇のたびに出待ちするかでも悩むわけでしょう? それはしんどいよなあ。

時が解決してくれることもあると思うけど、5年ももやもやしてて、見ず知らずのわたしにメッセージを送って来るってことは、多分手詰まり感があるんですよね。十分考えた、でも答えが出ない、みたいな。


 


相手のことを思うと、そもそもこんな習慣にしなければよかったと今は思っています。苦しいです。



マシュマロを読んでて一番引っかかったのは、この部分です。

これは「相手のことを想うと」の意味なのかな。それとも「相手のためにと考えると」って意味なのかな。

好きだ、板の上以外での顔も見たい、声が聞きたい。だから出待ちをしたい。でも相手の負担になりたくない。これって負担になりたくないからって気持ちより、迷惑に思われたり嫌われたくないからって気持ちの方が強い気がする。なんとなくですけど。
「相手のためにと考えると」って意味だと、嫌われたくないって気持ちを「相手のために」ってすり替えてることになるけどどうなんだろう。

わたしはエスパーじゃないし文章から推察したにすぎないから、間違ってたり勘違いかもしれないけど。




本人はかまわない、歓迎だと言ってくれますが、

 

ここから推測するに、自分の出待ちについて推しさんに話したことがあるんだと思います。でも本心かはわからない。だから割り切れない。能動的にどうにかしたいのなら、突き詰めるしかないと思うんですよね。出待ちを労働力搾取だと感じていて後ろめたく思ってしまうこと、でも少しでも顔が見たい声が聞きたい気持ちが消せないこと、しかし相手の負担になるのは嫌なこと。


推しさんがマシュマロ主にだけDMを送ってるのか、多くの人にDMをしているのかわかりませんが、DMが来るような関係を築けているのであれば、自分の割り切れない気持ちを正直に伝えてみるのもひとつの手かもな、と思います。これは推奨という訳ではなく、あくまでも方法のひとつとして。それが「推しとファンの健全な姿」なのかはわからないし、マシュマロ主が言うように「交流しすぎ」てしまってるのかもしれないし、それでまた苦しくなるかもしれないけど。



過去を悔やむことって時間の無駄だと思うんですよ。わたしは「やっちまったなー…」と思ったり、過去を思い出してジタバタしたくなることはあるけど、悩みも悔やみもしないです。振り返って反省することはあるけど。


どういう気持ちで出待ちを始めたのか
それは何を求めてのものだったのか
その気持ちはどう変化をしていったのか
自分は推しとどういう関係を築きたいのか
そのために今後必要なのはどういう行動か

過去や現在だけでなく、視点を未来に向けて、自分がどうしたいのか、どう行動をしていくか決めるのもいいかもなと思いました。


 

 

 

 

すっぱり止めてしまうには、交流しすぎてしまった。 

 



これがきっとどんな言葉にも変えられない真実なんだと思います。それはマシュマロ主側だけの話ではなく、もしかしたら推しさん側にとってもそうかもしれない。
でも、そう思うのはマシュマロ主だけかもしれない。


心の底で自分がどう思っているかを一度考えてみて、これから先どうしたいのかは、自分で決めてみてください。

 


いつも読んでくださってありがとうございます。





 

 

 


「行きたいけど行けない」を推しに言ってしまうあなたへ

 


 

 

「行きたいけど行けない」を言ってしまう方

 -------------- 中略  --------------


 

 


まずはおつかれさまです。大変でしたね。今もがんばってる最中なのかな。
伏せ希望なので引用をしつつ書きます。


まずは要点を整理します。

  • 全通〜最低9割は参加するオタク
  • 推しさんのマシュマロ主の認識は「基本全部いるオタク」
  • チケット入手困難・長期公演に推しの出演が決まった
  • 必死でチケットを確保しなんとか半通はできる
  • 普段は使わないが今回は「行きたくても行けない」を何度も言った
  • その理由は、モチベが下がった訳でも応援の気持ちが変わった訳でもないと伝えるため
  • 記事を読んで「行きたくても行けない」を言う人は努力を怠っていると言っているように感じた

 




読んではじめに思ったのは「すごいなあ」でした。
ガッツってすごいと思うんですよ。だって、推し事ってのめり込めば込むほどしんどいじゃないですか。気力体力労力、時間とお金を使うし、スケジュール調整も必要になる。人それぞれ推し事を通して求めるものは違うし、何かしらの楽しさがあってやっている事だと思うけど、しんどさはありますよね。間違いなく。ガッツには程遠いわたしですら、あらゆる手間にめんどくせーーー!ってなります。だから、その数倍がんばってるガッツの人たちはすごいんですよ、間違いなく。




人気の長期公演に推しが出ることになってしまうオタクに対しては、今回の記事は突き刺さるものでした。



これはね、意図せず刺さった感じだろうなあと思いました。なぜならあの記事は、「関係を築けていない人間(=有象無象)が送るリプ」について書いたもので、ガッツを指して書いた記事ではないからです。でも、それでも無視できないくらい、何かしらピンポイントで気になる部分があって、刺さってしまったんだろうな。



 

 

 

推しも私のことを「基本全部いるオタク」という認識をしているので、普段なら使いませんが、今回はさすがに「行きたいけどいけない」という言葉を何度も使いました。



なんとなくだけど、これってリプではなく接触や手紙で言ってるんじゃなかな、と感じました。どうなんだろう。
マシュマロ主の場合は、言ってもいいんじゃないかあ。というかわたしが同じ立場でも言うんじゃないかな。無差別に何度も「行きたいけど行けません」だけリプで言ってたとしたら、それはちょっとどうなんだろうと思います。でも、接触や手紙で事情を話して伝えるのなら全然良いと思う。だって、それなら背景が行けない背景がわかるじゃないですか。たぶん。

 

 

オタクが人生を賭け金にしてることを理解している「推し」はそこまで多くないのかもしれない。自分でチケットを取った事とかあんまりないだろうし。オタクが苦労してることを理解している「推し」って、実はめちゃくちゃ少ないのかもな?と思います。

「行きたいけど行けません」と言う心理〜そのリプは、気を引きたいだけではない〜 - 晴れた日のねどこ

 


演者や作り手って、おそらくオタクのことをそんなにわかってないじゃないですか鴻上尚史さんが前のめり問題で燃えましたよね…)。たぶんですけど、人気公演のチケットの取りづらさ、どれほどの思いでチケットを確保しているかって、彼らはわからないと思うんですよ。さらに、ガッツって「なぜか常にいる人」で「来てて当然」扱いになりがちだと聞きますし。

…って考えると、マシュマロ主の「行きたいけど行けない」って、言ってもいいと思うんですよ。むしろ、ガッツこそ言ってもいい言葉だし、効力を持つ言葉かもしれない。不安な推しが安心できる言葉になるかもしれないし、それだけ大きなステージに立てたという自信になるかもしれない。もちろん言い方によるだろうけど。

 

今までほぼ全通できているという部分から察するに、今回ほどの人気・長期の公演への推しさんの出演は初めてのことなのかと思います。となると、推しさんも不安があるんじゃないかなあ。推しさんがどれくらファンを気にする人かはわからないけど、客席に知った顔があると、ちょっと安心するんじゃないかな。わたしは推しさんじゃないのでわかんないですけどね。





マシュマロ主、すごく努力してますよ。努力を怠ってなんてないです。どれくらいの期間推してるのかわからないけど、ほぼ全通なんてなかなかできないもん。すごいですよ。




ガッツはそんな言葉使わない、というように感じていらっしゃるかもしれませんが、ガッツほど「自分の観れない公演」に不安を抱くものです。

 
 
 
ガッツの意見の総意みたいな表現については「いや、それは人によると思う」って意見だけど(何を求めてるのか感じてるのかは人それぞれだから)、マシュマロ主の気持ちや考えはしっかり伝わりました。推しさんにも歯がゆい気持ちだったり、変わらず好きな気持ちは伝わってるんじゃないかな。伝わってるといいな、と思います。
 
 
こちらこそマシュマロを送ってくださってありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
 
 

すべては関係性による

  
推しも人間なので、当然感情があり性格がある。が、推しとファンは「推しとファン」なので、1:1で築く信頼関係ってなんだよ!とツッコミを入れたくなる。 …が、推しもオタクも人間なので関係というものは存在し、信頼の有無や強度もまた存在する。店員と客で例える、推しとファンの関係性 〜オタクの同調圧力と謎の思考〜 - 晴れた日のねどこ
  
 
人間が二人以上いると、そこには「関係」が発生します。「推しとファン」というざっくりとした言葉では語りつくせない、色々な関係がきっとある。濃度や強度はそれぞれ違う。 
推しに認知されるのは、ファンという有象無象ではなくて「名前のある一人の人間」のスタートに立つようなものかと思います。もちろん認知の有無にかかわらず、ファンの一人一人をそう思う「推し」もいると思うし、認知があっても「一人の人間」じゃなくて、ファンという記号として見ている人もいるかもしれない。
 
 
 
人間てそれぞれ別の生き物なので、同じ事柄についてどう感じるか何を思うかって、人それぞれです。絶対の正解ってないんですよね(だからこそわたしは極力断言を避けて文章を書いている)。 
 
なんの話でもそうだけど、結局は相性とか関係性(初めての手紙かそうでないか、向こうはこちらを認識しているか否か、こちらをどう思っているかなど)の問題になるので絶対の正解がないから難しいよね。【6/25更新】舞台俳優へのファンレターで気をつけていること、自作方法など - 晴れた日のねどこ
 
わたしたちは、自分自身が見ている世界を “normal” …正常であり、標準であり、一般的な、「正しい」ものだと思いがちです。 しかし、本当は唯一絶対の正解なんてどこにもない。 皆どこかしら狂った部分がある。 その振れ幅は人それぞれだし、受け取り手も千差万別自分の見る世界は“normal”か 〜他者を愛し愛されたいと願う物語〜TENTHネクスト・トゥ・ノーマル感想 - 晴れた日のねどこ
 
だからこそおもしろいし悩むし、自分の選択が不安になったり、違う考えを見たら否定されたように感じることもあるんだろうなと思います。
 
 
 
 
選択肢って無数にあって、どれを選ぶのかは自分次第です。
そもそもの選択肢が限られてることもあるけれども。
でも、何を選んでも過去には戻れないし、心持ち次第で未来は拓けたりだめになったりするし、全く関係ないコントロール不可能な要素で状況が変わることもある。
 なので、選択ができるものについては、しっかり考えたり向き合って、後悔しないように選びたいですよね。  
 
 
 
 
 
あなたと推しは友達じゃない。家族でも恋人でもない。赤の他人です。だけど、きっとあなたはいつも推しのことを考えてて、大事に思ってて、好きなんだと思います。 
 
推しがいる人たちが健やかに推し事をできますように。 
 
 
 

 

出待ち、「行きたいけど行けません」リプなどのマシュマロ返信。人それぞれだから正解がなくて難しいよね



 
 
 
 
 

余談


マシュマロめっちゃ溜まってます。たぶんツイッターで答えます。「@kansoubn #マシュマロを投げ合おう」とかで読めます。大体ツリーで色々書いてる。ものによっては記事にします。 
ふわふわマシュマロとか感想とか、知らないことを教えてくれるもの、ありがとうございます。理論破綻を繰り返す読解力壊滅ブーメランぽんこつクソマシュマロ職人も、いつもおつかれさま。ネタの提供ありがとう、届いてる範囲で楽しく見てます。
 
 
シュレディンガーのマシュマロ。 
 
 
 
 
 
 
 
できれば自分の言葉で話をしたいし、魅力的まで行かずともましな人間になりたい。だからわたしは、拙くても自分の頭のなかを言葉に落とし込もうとあがきます。ブログを書くことの功罪 - 晴れた日のねどこ
 
 意見や賛同やdisの全部がわたしの血となり肉となり、考える力に繋がっています。ありがとうございます。
 
 
 

 

 

 

 

 

今日はそんな感じで。

 

それでは良い推し事ライフを!

 

 

 

 

 

 

▼激熱!双眼鏡ダイマ記事▼ 

 

刀ステ、双騎の参考になるかも。

ステラボールサンケイホールブリーゼの見え方も書いてます。両会場ともほぼ最後列で使いましたがわたしは満足できました。

 

 

  

 

▼当ブログの100記事目までのおすすめまとめ▼ 

 セルフライナーノーツ的な。

 

  

 

▼recommend▼ 

  

 手紙を書くときのTips。内容以外で気をつけることについて。マシュマロ返信で印刷方法追記しました(2019.05.29)

 

 エモいエントリ

 

 

 

 

 

 

 

 

▼マナー系記事とか▼ 

 

 推しのプラベに踏み込みすぎるのはどうなの?という記事

 

やばい人はガチでやばい。せめて隠れてやりましょう。 


回が進むにつれイキって行く様子が見られます。 

 

 

 

 

 

 

▼推し方に悩んでるならこちら▼ 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

これから書きたい記事・最近書いた記事

・わたしたちはパトロンにはなれない〜誰のための推し事か〜 ★★☆
・真剣乱舞祭2018感想
・スリル・ミー 感想 ★
・新しき哉 感想
・Like A感想 ★★
・spi×VVコラボ第二弾の感想
・わたしは舞台に何を求めているのか〜舞台はテーマパーク、ディズニーととしまえん〜 ★★★★
・イベントってどうすればみんなが幸せになれるんだろうね? ★★★
・オタクと推しと自意識と〜事実と妄想、自覚と無意識〜 ★★★★☆☆

・わからないボックス運用方法

・「お前だって誰かを踏みじにって生きている」 ★★★★☆

・わたしたちは推しを消費している〜ファンと応援というグロテスクな構造〜 ★★★☆☆

・三百年の子守唄再演、各会場での演技の違い
・みほとせ再演、推しじゃない青江が気になりすぎて考察したよ ★

CLIE SONIC感想 ★

・12人の怒れる人たち感想

メサイア トワイライト ー黄昏の荒野ー感想 ★★★★★★★★★☆☆

・舞台シンギュラ感想

・現代バレエがわからない観劇オタクがNoismの「R.O.O.M」を観てきた

・【本】自分を「平気で盛る」人の正体 感想 ★

・【本】宝塚ファンの社会学―スターは劇場の外で作られる 感想

・舞台 最終陳述感想

・自分の意見を伝えるのが怖いあなたへ〜全人類ブログを書こう〜恐怖や悪意との戦い方  ★★★★★☆

・キャバクラ・ホストで例える推し事について★

・【気をつけろ、プレの話は燃える】着用報告=自分は推しに気に入られている なのか?★

・愛と断絶の物語〜りさ子のガチ恋♡俳優沼再演感想★

 

・黒ステ感想★

・BBA、アスペ、メンヘラ 〜スラングを使う心理とデメリット〜
・高額転売に怒る茶の間を揶揄するオタク、視野狭窄になっている

・要望を伝えるのは悪なのか?〜肯定しか許されないという地獄〜★

 5/29追記

・推しとオタクの関係性を、店員と客のそれになぞらえて考えた
・「行きたいけど行けない」が一周回って理解できるようになってきた

・後家安とその妹感想 

 

6/11追記
・あなたの出待ちは大丈夫かもしれない(仮)マシュマロ返信
・わたしの思う「オタク」と「ファン」の言葉の定義
・マシュマロ返信を兼ねて推し方スタンスを改めて
・spiファンイベント「Nonfiction」感想(ネタバレなし)

 

7/1追記

・トルツメの蜃気楼感想

・『普通』じゃない=劣っているという思い込み故に生まれるモンスター

・2019年上半期、演劇などまとめ

 

どんどん増えていく…これを解消するために、いま過去ツイートを掘り返して同時進行でガツガツ下書きをしてる最中です。(★ありがとうございまます。★が引用スターで、☆がマシュマロで現状いただいてるリクエストです。) 

 

 

 

 

 

 


 

▼マシュマロやってます▼

気軽にどうぞ。だいたいTwitterで答えてます。

回答スタンスは「丁寧なものには丁寧に、無礼なものにはそれ相応に」

こまめに確認してないので、急いで何か聞きたかったり議論討論したかったらリプかDMをください。 ふわふわなのうれしい(甘え)

 

 

 

 

▼ツイ廃です▼

かんそうぶん (@KansouBn) | Twitter

 

気軽にフォローするとTLが埋まります。 が、ブログにまとまる前のあれこれが読めます。きみはこのツイの量に耐えられるか!?

 

 

 

 

店員と客で例える、推しとファンの関係性 〜オタクの同調圧力と謎の思考〜

店員と客で例える若手俳優とファン、オタク 〜要望を伝えるのは悪なのか?〜

 

 

こないだオタク心理について話してたんだけど。「推しとの関係性」「推しとの信頼関係」というワードが出てきて「推しとの信頼関係とは!!?!?」となった。オタク以外が聞いたら意味がわからない文字列過ぎる。

 

 


が、オタクならわかりますよね。
推しも人間なので、当然感情があり性格がある。が、推しとファンは「推しとファン」なので、1:1で築く信頼関係ってなんだよ!とツッコミを入れたくなる。
…が、推しもオタクも人間なので関係というものは存在し、信頼の有無や強度もまた存在する。が、推しとファンは「推しと(以下無限ループ)


 


舞台俳優とファン、やはり距離が近すぎて何かがおかしくなる可能性が極めて高いジャンルな気がする。バンドやスポーツ選手や芸人もそうかもだけど。


「推しとオタクの信頼関係」は、よく行く店の店員と客とのそれに近い気がする。プライベートで接点はないが、好き嫌いや合う合わないがある…みたいな。このお客さんは忙しい時の注文を避けてくれてありがたいなとか、常連だけど絡み方がちょっと苦手だなとか、そんな感じだろうか。
店員によっては誰にでも感じよく雑談してくれる人もいるし、愛想はないけど細かくお客さんを見ていてお水を差しに来てくれる人もいる。かと思えば、そういうのが全くない人もいる。常連で好かれていたり、お店に余裕があるタイミングだと、ちょっぴり料理をサービスしてくれることもある、かもしれない。(ファンサ)



お店のどこが好きって人それぞれだよね。わたしはお店に求めるものが料理(演技)以外、例えば店員さんのトーク的なもの(ファンサ)でも良いと思う。
リアル店舗の話になるけど、メニューが少ないのがちょっと不満、でも店員さんがフレンドリーに話しかけてくれて、ごはんを食べに行くと元気になるお店というのがわたしはあります。


そう考えると、演技を楽しむのが高尚!ファンサ厨?邪道だわw みたいなのはちょっと謎かもしれない。高尚とは??


何を好きになるか、どうして推すかの理由なんて、人それぞれでいいじゃんね。




商品は大好き、サービスしてくれるとうれしいが、それが主目的ではない。
どちらかというとお店側にも好かれたい。だがサービス目当てで相手の気をひくため過剰にアクションを起こすのはちょっと違うなーという気持ち。積極的に上客だと思われたい訳ではない。あくまでもわたしのメインはごはんを食べに行く(金額分の演技を見たりイベントを楽しむ)こと。

「推しとオタク」を「店員兼商品と客」に例えると、わたしはこんな感じかなー。


 

 

 

 

こんな意見もあったり

 

 

 



しかし推しとオタクを「よく行く店の店員と客」の関係に当てはめた時、店員=商品なので地獄感が強い。なるほど難しいし奥深いジャンルである。舞台俳優界隈すごいな。




 

 


「上客」が何か、ファンにはわからない

毎日ランチに来る客と2ヶ月に一回来る客がいたとして、どっちが人間的に好きかは完全に店員の好み次第。そして両者を比べてどっちが偉いか?というのは設問自体がおかしい。偉いも偉くないもない。我々は客である。あるのは店に利益があるかどうかじゃないだろうか。

毎日平日500円ランチを食べたら2ヶ月で2万。でも2ヶ月に一回頻度で来店する客は、毎回3万使うかもしれない。額だけなら3万の方が大きいけど、少額でも毎日来る前者の方が店的にはありがたいかもしれない。が、その人がウザ絡みする人なら迷惑かもしれない。

よって、何が良いかは客に判別できない。


ただまあ、お店を頻繁に利用する人、お店に行かない人がいるとする。お店に行った事がなかったり数回しか行った事がない人が「わたしが間違いなくこの店の1番のファン!!」とか言い出したら、面食らうし「うわ、何言ってるのこの人…」となるんじゃないだろうか。(どこに向けて言っているのか謎の、愛が深いアピールをする茶の間の話)



 

 

 

寛容アピールする茶の間の真相はこれでは?


何が店にとっての利益になるかは客には判断できない。が、自分が感じたことを伝えることは可能だし自由だと思う。それは利用頻度に関わらずだ。

例えば料理や店の雰囲気は好きだけど、店のトイレットペーパーが高確立で切れてて困りますとか。見えるところに予備が置いてあったらいいけど、どこにもなかったら困るよね。別にトイペじゃなくてハンドソープでも良いし、テーブルの上の調味料がしょっちゅう切れてるとかでも良いです。

これが2ヶ月に一回行く店や、初めて行く店ならまあそんなこともあるか〜で済ますかもしれない。そこは人によると思う。が、毎日行く店でそういう不備があると困る。頻繁に通うほどその不備や不便にぶつかる可能性が高くなる。(普段電車に乗らない人と日常的に電車に乗る人だと、人身事故に遭遇する確率は後者の方が圧倒的に高い)

 


もしかして「わたしは気にならない」「そういうのは愛が足りないんじゃないですか?」「ファンなら我慢するべき」って言う人は、単純に店の利用頻度が低い可能性があるのかもしれない。それが「茶の間ほど謎の懐が広いアピールをする」真相なのでは…?


そりゃ利用頻度が低いなら気にならないよな…。 ありうる…。仮説でしかないが、これ、結構正鵠を射ているのでは…? そして茶の間あるある、お金を落とさないけど「愛では誰にも負けません!」というアピールとも繋がるのではないか。アピールできる要素が他にないから、懐が深い・愛に溢れた自分!を声高にアピールする感じ。(あのアピールってどこに向けてのアピールなんだろうね。やはり同担か? ちなみにわたしは茶の間をdisっているわけではないです。虚空に向かって謎のアピールをする人がよくわからないだけ。だって意味がないし滑稽じゃん…)






備品の管理をするのは店の責任


店の備品を補充するのは客の役目ではない。それは店の役目である。来店をしてカネを払っているんだから当たり前だ。が、困っていることや「これはちょっと…」という点があるなら伝えた方がいいのでは?とわたしは思う。その方が全員が幸せになるからだ。ちなみに、全員というのはお店、自分、他のお客さんを指します。


若手俳優のオタク界隈には、
「それを指摘するとチェックをしなかった店員が傷つく、評判が下がる」
「あの店はそんな店なのかと客足が遠のく」
「店のファンが悪評を言ってどうする」
などの理由で、不備に目を瞑る、意見を封殺する同調圧力があるように思う。(そのくせ闇深いアカウント (婉曲表現)でボロカスに言ってたりするのは不思議ですね。)


率直に言うと、なんなのその風潮?意味がわからん…くらいに思っています。



特に「店のファンが悪評を言ってどうする」論。「意見を述べる=悪」という謎の思考を持った人が一定数いること本当にわからない…。「トイレットペーパーがいつも切れてるからあの店は無能、クソ。あんな店2度と行かねえ!!」と言いまくるなら悪評を立ててると思う。が、「トイレットペーパーが切れていることが多いので改善してほしい」って発言を、「お店の意に沿わない発言!悪!」と言う人がいるのが理解できない。え、普通に不便じゃん…うんこしたくなったらどうすんの…?(トイレットペーパーはあくまでも例えであって、うんこは関係ない。うんこって言いたかっただけ)

 



若手俳優のオタクって、過剰に運営の肩を持つ謎の思考に侵された人が一定数いるなと思います。不満を述べると推しの評判が下がると思って我慢しているのか(我慢=美徳と思っている、「苦痛」を「努力で勝ち取った称号」としたがる精神性がある)、不満を言うと推しくんに嫌われるかも!見えるところでは推しくん最高としか言いません!ってマインドなのか(なら闇深いアカウントで伏せれてない伏せ字でボロカス言うのやめーや、と思うんですが)
それ、ブラック企業マインドに染まった社畜が新人いびりをするみたいな考え方だな?と思います。もはや運営マンセーの宗教じゃん。推しや運営は絶対! 異論は一切受付けぬゥ!(法月仁)
 

先日引用したツイートを再度引用 

 

みたいなことはここにも書いた

 

 



再度言います。店の備品を補充するのは客の役目ではない。それは店の役目である。客は来店をしてカネを払っているんだから当たり前だ。が、困っていることや「これはちょっと微妙では…」という点があるなら伝えた方がいいのでは?とわたしは思う。その方がお店、自分、他のお客さんが幸せになると思うので。

そしてそれは然るべき方法で、直接言うのが大事だと思う。匿名でボロカスに言うことでもなく、運営に意見を伝える人を叩くことでもなくて。

 

不便さを我慢することは美徳ではない。我慢大会をして全員が苦しくなっていくのは馬鹿馬鹿しい(中長期的に見たらファンの減少にもなる)し、「ここを改善してもらえると助かる」って意見を「我慢できないのは愛が足りない」「自分でトイレットペーパーをもってこい」「お店の人間じゃないのにそんなことを言うのはおかしいのでは?」と封殺しようとするのは完全にお門違いですよね。そんな話は誰もしていない。我々は顧客以上でも以下でもない。そのズレた意見で幸せになるのって誰なんだろうか…。



 

 

まとめ

 
だんだん脱線してきたのでまとめます。
 
店員と客で例える推しとファンの関係性について。
 
  • 客がお店に何を求めるのも自由。他人があれこれ言うものではない
  • 「お金を多く出す=偉い」ではない。客は等しくただの客
  • 「偉い偉くない」はオタク同士の不毛なマウンティングでしかない
  • そこに突然乱入する「お金は出さないけど愛なら負けない!」は滑稽
 
  • 通う客 = 推しが人間的に好きな客、ではない
  • 推しや事務所にとっての上客がなんなのかは、オタクには判別ができない
  • 推しが人間的に好む客と事務所の好む客はイコールではない
 
  • 店のオペレーションの悪さをアンケートなどで伝えるのは悪ではない
  • 推し礼賛!推しくんは絶対的に正しい!それ以外の意見は認めない!disだ!というのは地獄感が強いが、そういうオタクって多いよね
  • それって推しに嫌われたくないから or 自分は愛が深いアピールなのかもね
 
 
こんな感じか。
イベント運営に意見を伝えることの是非…みたいな内容も書こうと思ったけど、長くなりそうなのでそれはまた今度。(↓で書いている「イベントってどうすればみんなが幸せになれるんだろうね? ★★★」で書く予定)

 

  

 

 

 

それでは良い推し事ライフを!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼激熱!双眼鏡ダイマ記事▼ 

 

刀ステ、双騎の参考になるかも。

ステラボールサンケイホールブリーゼの見え方も書いてます。両会場ともほぼ最後列で使いましたがわたしは満足できました。

 

 

 

 

 

 

 

▼当ブログの100記事目までのおすすめまとめ▼ 

 セルフライナーノーツ的な。

 

 

 

▼訂正▼ 

 東京名古屋日帰り遠征の裏技、盲点を指摘してくれた方がいました!

解決策も書いています。(2019.05.29追記)

 

 

 

 

▼よく読まれてる記事とか▼ 

  

 手紙を書くときのTips。内容以外で気をつけることについて。マシュマロ返信で印刷方法追記しました(2019.05.29)


 

 小説版感想。舞台はまた違ってました。じっくり感想書きたい。 トルツメの蜃気楼の感想も書きたい…

 

 断絶の話。


 

 

 

 

 

▼マナー系記事とか▼ 

 

 推しのプラベに踏み込みすぎるのはどうなの?という記事

 

やばい人はガチでやばい。せめて隠れてやりましょう。 


 

 

  

 

 

 

▼推し方に悩んでるならこちら▼ 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

これから書きたい記事・最近書いた記事

・わたしたちはパトロンにはなれない〜誰のための推し事か〜 ★★
・真剣乱舞祭2018感想
・スリル・ミー 感想 ★
・新しき哉 感想
・Like A感想 ★★
・spi×VVコラボ第二弾の感想
・わたしは舞台に何を求めているのか〜舞台はテーマパーク、ディズニーととしまえん〜 ★★★★
・イベントってどうすればみんなが幸せになれるんだろうね? ★★★
・オタクと推しと自意識と〜事実と妄想、自覚と無意識〜 ★★★★☆

・わからないボックス運用方法

・「お前だって誰かを踏みじにって生きている」 ★★★☆

・わたしたちは推しを消費している〜ファンと応援というグロテスクな構造〜 ★★★☆

・三百年の子守唄再演、各会場での演技の違い
・みほとせ再演、推しじゃない青江が気になりすぎて考察したよ ★

CLIE SONIC感想 ★

・12人の怒れる人たち感想

メサイア トワイライト ー黄昏の荒野ー感想 ★★★★★★★★★☆☆

・舞台シンギュラ感想

・現代バレエがわからない観劇オタクがNoismの「R.O.O.M」を観てきた

・【本】自分を「平気で盛る」人の正体 感想 ★

・【本】宝塚ファンの社会学―スターは劇場の外で作られる 感想

・舞台 最終陳述感想

・自分の意見を伝えるのが怖いあなたへ〜全人類ブログを書こう〜恐怖や悪意との戦い方  ★★★★★

・キャバクラ・ホストで例える推し事について★

・【気をつけろ、プレの話は燃える】着用報告=自分は推しに気に入られている なのか?

・愛と断絶の物語〜りさ子のガチ恋♡俳優沼再演感想

 

・黒ステ感想★

・BBA、アスペ、メンヘラ 〜スラングを使う心理とデメリット〜
・高額転売に怒る茶の間を揶揄するオタク、視野狭窄になっている

・要望を伝えるのは悪なのか?〜肯定しか許されないという地獄〜

 5/29追記

・推しとオタクの関係性を、店員と客のそれになぞらえて考えた
・「行きたいけど行けない」が一周回って理解できるようになってきた

・後家安とその妹感想 

 

6/11追記
・あなたの出待ちは大丈夫かもしれない(仮)マシュマロ返信
・わたしの思う「オタク」と「ファン」の言葉の定義
・マシュマロ返信を兼ねて推し方スタンスを改めて
・spiファンイベント「Nonfiction」感想(ネタバレなし)

 

なんでどんどん増えていくんだろうな。

(★ありがとうございまます。★が引用スターで、☆がマシュマロで現状いただいてるリクエストです) 

 

 

 

 

 

 


 

▼マシュマロやってます▼

気軽にどうぞ。だいたいTwitterで答えてます(レスは遅い)

回答スタンスは「丁寧なものには丁寧に、無礼なものにはそれ相応に」

マシュマロうれしい。

 

 

 

 

▼ツイ廃です▼

かんそうぶん (@KansouBn) | Twitter

 

気軽にフォローするとTLが埋まります。 

 

あなたは「特別」にはなれない 〜出待ちについてのマシュマロ返信①〜

 

出待ちは無償労働なのか交流なのか〜出待ちの善し悪しは人それぞれだと思うけど、それはそれとして




先日の出待ちエントリにマシュマロを頂きました。
出待ちについてマシュマロ主がどう思っているかが浮き彫りになる文章だったので、Twitterで返答した内容に加筆修正しブログでもUPします。

 

なお出待ちエントリはこちら 

 




先に結論を。

あなたがメリット、デメリットを考え抜いて出待ちをしているなら、問題ないと思います。でももし違うなら、問いかけるべきはわたしではなく自分の心だと思います。わたしの行動を変えようとするのではなく、自分の本心と向き合って今後の行動を考えてください。

 

2019.07.04まじめに出待ちに悩むかたへのマシュマロ返信記事書きました

 





以下詳細。

 

 





マシュマロ全文と要約

出待ちは「役者とファンの交流の場」だと思う人が見たら、出待ちを批判するのは不愉快ですよという内容がオブラートに包まれて綴られている





  • 1.出待ち容認俳優の出待ち列の横で「出待ちは山賊!」と言える度胸があるか
  • 2.その度胸がないならエントリを削除してはどうか
  • 3.あるいは「2.5次元界隈」などと範囲を絞るのはどうか
  • 4.出待ちを労働と捉えるか交流の場と考えるかはファンの自由
  • 5.出待ちを労働と捉えるか交流の場と考えるかは役者の自由
  • 6.交流の場と捉えている人が「出待ちは山賊」エントリを読んだら不愉快になる

 

  • DMやリプで名乗って意見する度胸はないので、匿名でメッセージを送っている



こんな感じですかね。
これを一言に直すとこうなります。 

 

 

 

 



「お前ムカつくんだよ、黙れよ」


 

 

 

 




わたしの回答を簡潔に述べます。

俳優、役者の出待ちについてのマシュマロ返信。オブラートに包んで発言をするなよマシュマロ主よ。

岸部露伴のピアス欲しくない?

引用元→ジョジョの奇妙な冒険(第4部) ダイヤモンドは砕けない(集英社文庫)

 

 
理由とマシュマロ主についての考察を順番に述べていきます。








東宝系や小劇場系などの出待ちはノーカンなのか? 〜2.5次元に限れよ問題〜

 
 
発言から察するに、マシュマロ主の推しは2.5次元俳優ではなさそうです。マシュマロ主は「自分の界隈は問題ないっすね」「だからゴチャゴチャ言うなや」と言いたいのかなと思いました。
 
 
いや、ちゃんと読んで…?!
 
 
 

前回分と合わせ、東宝系の劇場やその演目に出演している俳優の対応についても触れてます。再掲します。

  

※ちなみに2019年のキューティ・ブロンドでは公式から出待ち対応禁止が出されています。

出待ちは山賊 〜出待ちのメリットが見つからない〜 - 晴れた日のねどこ 

  

 ★Staffよりお知らせ★
2019-02-10 15:16:32
いつも神田沙也加を応援いただきましてありがとうございます。
ミュージカル「キューティ・ブロンド」入り待ち、出待ちについてのお知らせです。
東京公演はじめ全国各地劇場での入り待ち、出待ちによる対応を控えさせていただきます。
プレゼントに関しましては、各劇場ロビーにてプレゼント受付が設置されていますので、
お預けいただけるようお願いいたします。

 

なぜそこを飛び越えて送ってきているんですかマシュマロ主よ。

 

 

  

 

 

神田沙也加さんは過去、出待ちをOKしていました。また、俳優でも可能な範囲で対応をすると公言している方もいらっしゃいます。

出待ちは山賊 〜出待ちのメリットが見つからない〜 - 晴れた日のねどこ

  

出待ちを容認してる俳優もいるって書いた上での記事だったのに、なぜそこを無視して送っているんですかマシュマロ主よ。

 

 

 

 

 

 

 

更に言うと、わたしはこうも書きました。 

 

なお、再度になりますがこれは出待ちが禁止されている舞台で出待ちでプレを渡そうとしていたのでは…?というケースを元に書いています。バンドとか小劇場はまた別だったり、ケースによってもまた違うと思います。

出待ちは山賊 〜出待ちのメリットが見つからない〜 - 晴れた日のねどこ 

出待ちは悪なのか? 一概に悪だとは言えないと思います。出待ちを容認している劇場もあるからです。が、推奨ではありません。「入り待ち出待ちをする方は終演後〇〇時にどうぞこちらへ!」なんて案内はオフィシャルサイトなどではしてない。(もししてたら興味があるので教えてください)

出待ちは山賊 〜出待ちのメリットが見つからない〜 - 晴れた日のねどこ

 

 

 

 


大丈夫だ、君は君の信念に基づき、出待ちで役者と交流をすればいい。





 

 

 


役者サイドの本心はブラックボックス

 

わたしは「出待ちってメリットがなくない? 俳優に時間外の無償労働をさせる厚かましさがすごいし、推しの都合より自分の欲求を優先するマインドが嫌いだわ」と自分の考えを述べました。そして禁止されてる演目での出待ちはまじで辞めようや、と書きました。


が、大丈夫です。あなたの考えを否定している訳ではありません。


 


「出待ち=交流」
そう思うファン、演者がいてもいい。

 




両者の気持ちが一致していれば何も問題はない。
だけどファン「だけ」が、交流だと思って役者と接していたら? 演者はなかなか断れませんよね。だから「出待ちじゃなくて手紙などで応援して」と公式が発表する場合があるんじゃないでしょうか。(これは2.5次元系に限らずというのは上記ですでに述べました)


そういう話をわたしはしてます。


マシュマロ主は、どうしてそれを無視して「出待ちを交流だと思うファンも演者もいる」と、わざわざ「匿名」で送ってくるのか。その気持ちを考えます。



 

 

     

 

嫌われているかもしれない恐怖、それと向き合いたくない気持ち

 

あなたは今、

「自分だけが交流のつもりで、俳優がそう思ってなかったら?」

「自分が俳優から迷惑だと思われてたら?」

と怖くなって、わたしに意見したんじゃないでしょうか。心の底では出待ちに後ろめたさを感じているのでは? まあわかんないですけど。



あのね、いいんですよ。出待ちしても。それはあなたの自由だから。(禁止されている舞台でやるのは論外です)



わたしが記事中で挙げた、

  • 出待ちをすることで嫌われる可能性
  • 推しの時間を奪う可能性
  • 自分が迷惑になっている可能性

これらを当然十分考えた上で、あなたは出待ちを選んだんでしょ?
だったら何も問題ない。自分の考えに責任を持っているので。

 


だけど何も考えずに出待ちをしていた、あるいは薄々感じてはいるけれど、見ないようにしていた意見を目にしてしまった。だからわたしにそのモヤモヤをぶつけたかったんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 



で、ここがポイントなんですが。
マシュマロ主は、なぜ数あるツールから、あえてマシュマロを選んでわたしにメッセージを送ってきたのか。

 


リプでもDMでもコメントでも、選択肢はいくらでもあるはずです。
なのに、マシュマロを選んだ。
しかも、AIに弾かれないように、わざわざ一部表記を平仮名にして。

 

出待ち=俳優との交流の場だと心の底から思っており、堂々と主張をするのなら、匿名で送る必要はありません。そしてこの匿名で送る心理は、後述するマシュマロ主の大きな矛盾とも繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルを変更したら?という提言について

 
タイトルをつける際、わたしにはわたしの考えがあってつけています。
ぱっと見、不親切なタイトルになっていることも多いです。でも、読めば意図が伝わるよう、引用なり説明を懇切丁寧に記事中でしてるんですね。
それで意味がわからない・伝わらないのなら、あなたがわたしの狙う購読層から外れてるんだね、としか言えません。わたしはタイトルにひかれてクリックした人に、現状でできうる限りの最大限の説明をしてます、すでに。


反応してくれたのはうれしいけど、「あなた」のためにブログを書いてる訳じゃありません。

 

 

というわけで、しないです! 

 

 

 

 

 

 

「あなた」がわたしにマシュマロを送った理由



なんで「あなた」はわたしにマシュマロを送って来たんでしょうか。
わたしがほかの人から悪印象を持たれないように心配してくれたから?

 

 

 


 違いますよね。

 

 


「自分の行動が否定されたようで嫌だった。だから自分は間違ってないと証明し安心したいがために、わたしの主張・行動を変えさせたかった」
こんなところかと思います。


だって、よく知らない人間が他人から悪印象を持たれようがどうでもいいですよね。自分の人生に関係ないもん。だけどわざわざあなたは関わって来た。

 

 

 

 

 


なぜか。

自分の人生に関わっちゃう発言を、わたしがしてたからじゃないでしょうか。

 

 

 

 



これが「お前の発言気に入らねえ!!わたしの推しは出待ち歓迎してるもん!!わたしは推しと交流してるもん、迷惑じゃないもん!!取り消せ!ばーか!!!」って言ってたら清清しいし正直でいいなと思います。

 

 


でも違う。

 

 

 

かんそうぶんさんは、お友達に「出待ちってまるでさんぞくみたいだよねー」と、プリンスロードを形成している人たちにも聞こえるように、お話しをすることができますか?
できるようでしたら、そのままのエントリーで大丈夫です。できないのでしたら、エントリーを削除するか、一部内容を変更してみてはいかがでしょうか?

 

ルールの範囲内でコミュニケーションをしている人たちが、今のタイトルを読んだらどう思うでしょうか?

出待ちを労働と考えるか、コミュニケーションの場と考えれるかは、ファンにとっても、演者にとっても自由だと思うのですが…

 

 

これ、意図的に主語を大きくしてわたしを抑圧・コントロールしようとしていませんかね。

「ルールの範囲内でコミュニケーションをしている自分は、今のタイトルを目にして不愉快です!!!」と言えばいいだけの話だと思います。そして再三にわたり言っていますが、「わたしはエントリ中で出待ちを容認している俳優にも言及している」んですよね。出待ち=悪だと決めつけてもいない。

 

 

 

 

今のタイトルを読んだらどう思うでしょうか?

 

 

 

 

どう思うかは人によると思いますよ!!!

 

 

 

 

 

 

タイトルを見て「なにいってんのこいつ」と思ったら、スルーするかクリックして内容を確かめればいいだけの話です。

 

 

つまり、あなたはスルーできず、さらに内容も読まず、タイトルに釣られて何も考えずにマシュマロを送ってきたってことになりません…?  

 

 

 


という訳で、マシュマロ主は「出待ちは山賊」というタイトルに痛いところを突かれてメンタルがブレてるんだな、それを正当化するために「みんな」というワードを持ち出してわたしに意見をしたんだな、でも、匿名ですら「自分はこう思う」と言い切る胆力は持ち合わせていないんだなと思いました。

 

 

 

 



「みんなそう言ってる、だから辞めろ」を攻撃の手札として使うのって、それが有効だと思い込んでる多数派に流される人間ですよ。自分の意見に軸があれば、「みんな」なんて持ち出さなくても議論はできます。

 


「あなた」は議論の土俵にすら立ててません。

 

 

子どもが「みんな持ってるから買って」と親に駄々を捏ねてるのと同じです。
そしてわたしは、あなたのお母さんじゃないです。あなたの感情に配慮・ケアをして、エントリを取り下げたり改題することはありません。するとしたら、納得できる理由を提示された時だけです。*1

 

 

 

 

 

そもそもですけど、わたしは「出待ちのメリットが見つからない…」って言ってる訳ですよ…! 冷静になって考えて!!?!?! 北風と太陽を思い出してください!!!!

つまり、メリットを教えてくれたら「そうか!出待ちってまじでサイコーだな!山賊発言してごめん!取り下げるわ!」ってなるかもしれませんよ!!!!?!!? 内容を読まずに脳直でマシュマロを送ってる場合じゃねえよ!!!

もっと!もっとじっくりと読んでよ!!!アタシの魂<ソウル>を込めた文章を…!!!! 端から端まで、もっと、もっと読んでよ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

マシュマロ主の大きな矛盾

 

話が脱線したので戻します。

 

「プリンスロードの前で出待ちを悪く言えるのか」

 


マシュマロ主はわたしにこう問いかけています。
でもこれ、おかしいんですよ。マシュマロ主にこれを言う資格、ないんです。
ちょっと整理しますね。


プリンスロードの前で出待ちを悪く言う = 出待ち容認派の前で直接言う


ってことですよね?
つまり現実で、対面で、直接顔を見て反対意見を言えますか?ってことですよね?


 

 

 

待って!!!



「プリンスロードの目の前で同じこと言えんの?」って言ってるあなたは、なんでわたしに「匿名で」話しかけてるんですか?!!!?!?!!?!?

 

 

 

 

これは驚きのブーメランです。

よ、よりによって、マシュマロで!? 「顔見て直接言う度胸がないなら消したら?」って意見を、マシュマロというmostふわふわ匿名ツールで言うの!!?!?! ま、まじで…!!?!?!

 

 

まあおもしろいからいいんですけど、あまりにも筋が通らないですよねこれは…。わたしに聞き入れて欲しいのならば、少なくともマシュマロよりは匿名性が低いTwitterのリプとかで堂々と話しかければいいと思います。

 

 

ほんと、なんでマシュマロにしちゃったの…?? 

 

 

 

 

 

 

あとネットは「嫌なら見ない」ができるけど、対面でそれは無理ですよね。だからプリンスロードの前で言える?って設問自体がおかしい。

 

あなたは「出待ちは山賊!」と目の前で言われたような気持ちになったのかもしれません。が、ここはインターネットです。能動的に情報を得る場所です。逆に言うと、アクションを起こさない限り情報にはアクセスできません。あなたは、あなたが起こしたアクションにより「出待ちは山賊」という言葉を見かけ、「こんなタイトルを付けるのはけしからん!」と憤り、内容を読まずにマシュマロで「けしからん、消せ!もしくはわたしには無関係な内容に変えろ!」と言ってる訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 


はじめの話に戻りますが、あなたがプリンスロードの前で「出待ちは山賊!」って言って欲しいなら言ってもいいです。誰かの前で怖気付いて言えなくなるような気持ちで頭の中を見せてるわけじゃないので…。

 


マシュマロ主もそのくらいの気概を持っていただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

そろそろまとめます。

  • 出待ち容認俳優の出待ち列の横で「出待ちは山賊!」と言える度胸があるか

→ある

 

  • その度胸がないならエントリを削除してはどうか

→度胸があるので削除しない

 

  • あるいは「2.5次元界隈」などと範囲を絞るのはどうか

2.5次元界隈に絞った話をした訳ではないので絞らない

 

  • 4.出待ちを労働と捉えるか交流の場と考えるかはファンの自由
  • 5.出待ちを労働と捉えるか交流の場と考えるかは役者の自由

→それはそう。でもファン「だけ」が交流の場と捉えてたらやばいですよね

 

  • 6.交流の場と捉えている人が「出待ちは山賊」エントリを読んだら不愉快になる

→主語を大きくしないでください。不愉快になってるのはあなたです。そしてタイトルに釣られず内容もちゃんと読んでください。

 

  • DMやリプで名乗って意見する度胸はないので、匿名でメッセージを送っている

→あなたも度胸を持って発言をしよう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

伏線回収

出待ちで「特別」になれるチャンスもワンチャンもないと思います

 

伏線の回収に入ります。

 

 


こういう書き方は非常にダサいんですが、ここまで書かないとわからない人がいるので、配慮してわざわざ書きます。(書ききれてなかった部分の補足の面もあるけど)




今回のタイトルの あなたは「特別」にはなれない〜出待ちについてのマシュマロ返信①〜、どう思いましたか?

「特別」が何にかかる言葉かわかりますか?
パッと見たときに「出待ちをしたからと言って推しの「特別」にはなれませんよ」みたいなニュアンスだと捉えてくれていたら狙い通りです。


でもこのエントリ、徹頭徹尾出待ちの話してないんですよ。
マシュマロの返信しかしてません。
出待ちについての意見を述べていると見せかけるミスリードです。
「ただのマシュマロの返信をいかに大勢に読んでもらうか」のためにつけたタイトルです。



じゃあ「特別」が何にかかるか。

 

 

 



それはわたしです!!!!!
あなたはわたしの「特別」にはなれないという話を、7千文字かけて長々と語っています。





「別にお前の特別になんてなりたくねえよ!」
って思うじゃないですか?
違うんですよ。

「見ず知らずの人間に匿名で意見をぶつけて聞いてもらえると思っている」その甘えがやばいんですよ。自分自身が特別な存在だと思っている、あるいは「特別扱いをしてくれ」という要求なんですよ、それ。

f:id:Bn295:20180320145650p:plain

 

f:id:Bn295:20180320145712j:plain

f:id:Bn295:20180320145725j:plain


引用元→賭博破戒録カイジ 全13巻 完結コミックセット(ヤングマガジンコミックス)


意味がわからなければ賭博黙示録カイジを3回くらい音読してください。人生が捗ります。











というわけで、ぽんこつマシュマロは適宜エントリに取り上げます。バトルはエンターテイメントに変えられるぞ!!*2


ぽんこつマシュマロや石入りマシュマロに嘆くどこかのあなたに届きますように。(ちなみに、匿名の悪意に立ち向かう方法…みたいなエントリは別途しっかり書く予定です。)


なお、別に頂いている出待ちについての悩みのマシュマロには真面目に答えます。(ブログで書くかは不明、Twitterになるかも。端的に言うと「あなたの場合は出待ちしても平気では!?」と思いました。またどこかで答えます)
 
 
 
 
 
 

それでは良い推し事ライフを!

 

 

 

 

 

 

 

 

▼今回の記事が気に入ったらこのシリーズが多分好きかも▼ 

  

うれしいマシュマロ頂きましたー!ありがとうございます!

Twitterで回答してます。(その1その2

え、欲しいものリスト公開していいんですか?三角コーン送られてくるかな…(ダチョウ倶楽部メソッドではない)

 

 

 

 

 

 

▼当ブログの100記事目までのおすすめまとめ▼ 

 セルフライナーノーツ的な。

 

 

 

▼訂正!▼ 

 東京名古屋日帰り遠征の裏技、盲点を指摘してくれた方がいました!

解決策も書いています。(2019.05.29追記)

 

 

 

 

▼激熱!双眼鏡ダイマ記事とかよく読まれてる記事とか▼ 

 

ちょいちょい更新してます。

見え方どうですか!?めっちゃ良くない?感想きかせてください。

 

 

 

手紙を書くときのTips。内容以外で気をつけることについて。

マシュマロ返信で印刷方法追記しました(2019.05.29)


 

 小説版感想。舞台はまた違ってました。じっくり感想書きたい。 

 

 

 推しのプラベに踏み込みすぎるのはどうなの?という記事

 

 

 

  

 

 

 

▼推し方に悩んでるならこちら▼ 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

これから書きたい記事・最近書いた記事

・わたしたちはパトロンにはなれない〜誰のための推し事か〜 ★★
・真剣乱舞祭2018感想
・スリル・ミー 感想 ★
・新しき哉 感想
・Like A感想 ★★
・spi×VVコラボ第二弾の感想
・わたしは舞台に何を求めているのか〜舞台はテーマパーク、ディズニーととしまえん〜 ★★★★
・イベントってどうすればみんなが幸せになれるんだろうね? ★★★
・オタクと推しと自意識と〜事実と妄想、自覚と無意識〜 ★★★★☆

・わからないボックス運用方法

・「お前だって誰かを踏みじにって生きている」 ★★☆

・わたしたちは推しを消費している〜ファンと応援というグロテスクな構造〜 ★★☆

・三百年の子守唄再演、各会場での演技の違い
・みほとせ再演、推しじゃない青江が気になりすぎて考察したよ ★

CLIE SONIC感想 ★

・12人の怒れる人たち感想

メサイア トワイライト ー黄昏の荒野ー感想 ★★★★★★★★★☆☆

・舞台シンギュラ感想

・現代バレエがわからない観劇オタクがNoismの「R.O.O.M」を観てきた

・【本】自分を「平気で盛る」人の正体 感想 ★

・【本】宝塚ファンの社会学―スターは劇場の外で作られる 感想

・舞台 最終陳述感想

・自分の意見を伝えるのが怖いあなたへ〜全人類ブログを書こう〜恐怖や悪意との戦い方  ★★★

・キャバクラ・ホストで例える推し事について★

・【気をつけろ、プレの話は燃える】着用報告=自分は推しに気に入られている なのか?

・愛と断絶の物語〜りさ子のガチ恋♡俳優沼再演感想

 

・黒ステ感想★

・BBA、アスペ、メンヘラ 〜スラングを使う心理とデメリット〜
・高額転売に怒る茶の間を揶揄するオタク、視野狭窄になっている

・要望を伝えるのは悪なのか?〜肯定しか許されないという地獄〜

 5/29追記

・推しとオタクの関係性を、店員と客のそれになぞらえて考えた
・「行きたいけど行けない」が一周回って理解できるようになってきた

・後家安とその妹感想 

 

6/11追記
・あなたの出待ちは大丈夫かもしれない(仮)マシュマロ返信
・わたしの思う「オタク」と「ファン」の言葉の定義
・マシュマロ返信を兼ねて推し方スタンスを改めて
・spiファンイベント「Nonfiction」感想(ネタバレなし)

 

なんでどんどん増えていくんだろうな。

(★ありがとうございまます。★が引用スターで、☆がマシュマロで現状いただいてるリクエストです) 

メサイアのオタクー!メサイア公式ブックおもしろいですね!(私信)

 

 

 

 

 


 

▼マシュマロやってます▼

気軽にどうぞ。だいたいTwitterで答えてます(レスは遅い)

回答スタンスは「丁寧なものには丁寧に、無礼なものにはそれ相応に」

マシュマロうれしい。 

 

 

 

 

▼ツイ廃です▼

かんそうぶん (@KansouBn) | Twitter

 

気軽にフォローするとTLが埋まります。 

 

 

 

 

 

 

 

*1:あるいは旬が過ぎたから、とかはあるかもしれませんけど

*2:バトルをエンターテイメントに変えるといえば大和アレクサンダーくんです。大和アレクサンダーくん、可愛すぎじゃないですか? 家族の愛を一身に受けてすくすく育った、ワルに憧れるただの反抗期の礼儀正しいボーイ…ウッ、好き…!ドラチの面倒もちゃんと見る。やさしい。

湯治場・味方良介の安定感 〜運命のドロップキック〜

運命のドロップキック、ゲスト味方良介の感想と味方さんのダイマ

 

 



味方良介が宗教家でなくて良かった!!!!!



こんにちは。今日は新宿ゴールデン劇場で行われた「運命のドロップキック vol.39 ゲスト味方良介」の感想を書きます。内容はSNS禁なので詳細は伏せます。イベントから受けた感想のみ。


ざっくり言うと

  • 味方良介という人のブレなさがやばい
  • 味方良介という人の芝居への想いがすごい
  • こういうイベントが成立することが奇跡
  • 味方良介という人がもはや奇跡

みたいな内容です。

他担のわたしが味方良介さんスッゲーーーー!!!と褒めまくるだけの内容です。

 

ちなみに前回の感想はこちら。


 

 



もくじ

 

 






全体的な感想

 

 




前回の味方さん出演回も参加したのですが、びっくりしました。えっ!?もはや無料じゃん!!いいの!?お金、払わせて!?(すでにチケット代は払っています)と混乱しました。


もうチケット代3万くらいで良くない…?



前回今回の運命のドロップキック参加で感じたことは、味方良介氏の芝居へ真剣さと情熱、人間としてのブレなさ。そしてファンに対して自分をオープンにすることを躊躇わないし、阿ることをしないまっすぐさ。ファンを信頼しているし、それが仮に裏切られてもすぐに対処ができそうなしなやかな強さ。

「本当の味方良介」なんて知らないし知れるはずもないし、舞台の味方さんもまだそんなに知らないけど、観客に見せてくれる味方良介という偶像だったり、そこから伝わる「味方良介という人の本心」だと思える姿が魅力に溢れすぎている…。



言葉を選ばずに言うと、この人は完全なる、圧倒的な芝居バカなんだ…と思いました。
クロスロードで悪魔に魂を売りかねない。身も心も芝居に捧げている…。(役者としての出自を考えると、ある意味では意図せず現代のクロスロード伝説を体現しているのかもしれない…)

 


躊躇わず観客を見つめる強い視線、ごまかす部分がひとつもない姿に、変な言い方だけど見ていて心が洗われるようでした。
味方さんは、嘘や作り物だと感じさせるものがまったくない、純度100%の生命体みたいでした。
それがわたしの勘違いでも良い。そう感じられる圧倒的な説得力に、ただただ圧倒されました。*1




このイベント、ファンの皆さんはよく正気を保っていられるな!?と思います。







 

 

やじろべえでももうちょっとフラフラするわ。安定感が抜群すぎる



無人島に一人俳優を連れて行けるなら、伊礼さんか味方さんを連れて行きたい。それくらいブレない感じがします。(なにその設問)
海外でテロにあうなどの非常事態に遭遇しても、冷静に対処できそうな圧倒的強さを感じる。味方良介という人間のかっこよさと安定感は異常。ステ振りがおかしい。(褒めてる)


特に味方さんは、その若さでなぜその安定感を…!? カリスマとはこのことか…と感じる。


運命のドロップキック、ゲスト味方良介の感想と味方さんのダイマ

味方さんの能力値レーダーチャート

 

 

 

 

 



五月楓さん(id:kpbrktkr)が過去におっしゃってたけれど、味方さんが新興宗教の教祖とかでなくてよかった。よくわからない謎の吸引力と説得力がある。



若手俳優のオタクも若手俳優自身もメンタルのブレが激しい印象があるけど、味方良介という人はものすごく安定感を感じる…。あやうさをまったく感じない…。推しているとすこやかにオタクができそうです。
人によるとは思うけれど、ほかの若手舞台俳優と比べたら、病む人の割合が圧倒的に少ないのでは!?と思わせる安定感がある。


味方さんから醸し出される大御所感とブレなさがすごい。…わたし今日味方さんブレないしか言ってなくない??





 

 

 

太陽神の御子なのか?


先日『りさ子のガチ恋♡俳優沼』の感想を書きましたが、仮にりさ子のようなファンが現れたとしても、味方さんはご自身の放つ光で相手を照らしそうです。


君は何がしたいの?そうなのか、それは俺の望むことじゃないけど君はそれを望んでいるんだね、とフラットに淡々と対処できそうです。

 


嫌われることを恐れない強さ、そして好かれるためにファンに阿ることをしない強さを感じる。これを言ったら嫌われるかも…幻滅されるかも…みたいなことを考ていなさそう。

着いてこれない人を拒絶はしない。だけど着いて来てくれる人も過度に優遇しない。
あくまでも人生の軸は舞台に、芝居にあり、それを決して手放さない。
目の前のこと…舞台やイベントで対峙するファンに、全力でぶつかっている。そんな人だなと感じました。

 


味方さんは舞台からファンサ(指差しとかそういうやつ)をしないと聞いたことあるけど、わかる…!と思いました。
味方さんは生きてることが奇跡だしファンサな気がする。*2



味方さんが新興宗教の教祖とかでなくてよかった(2度目)。



なんでしょうね。別に神格化してる訳ではないんですけど、ただただ強い。圧倒的に強い。完全なる光属性。生半可な気持ちでは推せない。それ相応の覚悟を持って対峙しないとこちらが強烈な光によって焼き尽くされそうです。そのくらいの真剣さ、磨き抜かれた宝石のようなきらめきを感じます。*3


本気で食らいついていかないと振り落とされるような気迫と覚悟を感じます。*4








味方さんのメンター感がすごい



アーーー、味方さんと一緒に働きたい。

いや、同じチームだったらめちゃくちゃいい仕事ができそうじゃないですか? いるだけで全員のモチベーションが上がりそうです。そして一緒にいる人のパフォーマンスを最大限に引き出してくれそう。なんなの?味方さんはゾーンに入った赤司征十郎なの…?

f:id:Bn295:20190529200622p:plain

味方の能力をゾーン一歩手前まで引き出す赤司征十郎。味方だけに…

黒子のバスケ コミック 全30巻完結セット (ジャンプコミックス)

 


目と目で

「(どうする…?)」

「(やるか…!)」

みたいな会話をしてトラブルに対処したいですね…

 

もしくは

「おい〇〇!」

「今やってる!(カチャカチャカチャ...ッタ------ン!!!!」

みたいなね、会話を…したいですね…

 


今はもうさほど仕事で煩悶することはありませんが(そういうこと言ってると足下掬われるぞ)、仕事で葛藤していた時分に上司として味方さんが現れたら絶対にメンター(メンター(めんたー)とは - コトバンクになってほしい。でもそしたらガチ恋になってしまうこと必至です。味方さんに告白して、自分への依存心を指摘されて振られたい。
そしてそこから立ち上がって「この人と肩を並べて歩きたい!」と思い努力をするという経験をしたい…(何を言っているんだ?)


味方さんを知るタイミングが早かったら、味方さんの強さに惹かれて人生が狂っていたかもしれません。自分の人生の課題をクリアにしたフェーズで知ることができてよかった。





あれっ、味方良介という人、わたしがなりたい人間像に限りなく近いのでは…??


仕事に対して情熱を持ち、全体の利益(舞台を良くすること)を重視し、そのためには他人と衝突することを厭わない。
え…!? 味方良介という人、かっこよすぎではないか??

 

 

 


わたしは心が動くと「うおおおおおお、オラ、こいつと戦いてえ!!!!」と思うのですが、わたしいま味方さんと戦いたいですね。何の種目で戦えばいいのかわかんないけど…(ちなみに推しとも戦いたいです)








 

古き良き湯治場、味方温泉


以前、何かにハマることを沼ではなく温泉に例えている方がはてブロでいましたね。
自分のTLでも「居心地が良さそうなのでたまに味方温泉に足湯をしに行きたい」と表現されてるフォロワーさんがいたけど、まさにそれ…と思いました。

 


味方温泉、わたしもたまに足湯しに行きたい。



温泉って泉質が9種類あるんですよ。

 
味方温泉は泉質はひとつだろうなあ。古くからある有名な温泉地という感じ…(安定感がありストイックという意味で)。塩化物泉あたりだろうか…皮膚に塩成分が付着し汗の蒸発を防ぐため、湯冷めしにくいのが特徴(湯あたりもしづらい)*5



 
そんなブレなさと強さを感じる味方良介という役者、目が離せないな…と思いました。
推しの現場の合間を縫って、味方さんの舞台も足を運びたいと思います。
ウエアハウスみたいな会話劇をまた観たいな…。スリル・ミーやBLUE/ORENGEみたいなのも観たい…
 
 
 
 
 
 

余談

 
このイベント、本当に意味がわからない…。なんで成立するんだろうか…。時空が歪んでるんじゃないのか?
 
推しの第一回ファンミでも感じたのですが、成立していることが奇跡のイベントだと思います。
 
推しでこういうイベントをやってほしいと心の底から願うのですが、絶対に無理だとも思う。推しに限らず、このイベントを成立させられる人はほとんどいないのでは…!? 
味方さんだからこそできるイベントだと思います。もしくは伊礼さん…(二人への圧倒的な信頼感)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以上、他担のわたしが味方さんについて3700字程語る記事でした。
 
 
 
 

それでは良い推し事ライフを!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼訂正!▼ 

 東京名古屋日帰り遠征の裏技、盲点を指摘してくれた方がいました!

解決策も書いています。(2019.05.29追記)

 

 

 

▼当ブログの100記事目までのおすすめまとめ▼ 

 セルフライナーノーツ的な。

 

 

 

 

▼激熱!双眼鏡ダイマ記事とかよく読まれてる記事とか▼ 

 

前方列での見え方追加しました。この記事がきっかけで買ってくれた方がいてうれしい。

見え方どうですか!?めっちゃ良くない?感想きかせてください。

 

 

 

手紙を書くときのTips。内容以外で気をつけることについて。

マシュマロ返信で印刷方法追記しました(2019.05.29)


 

 小説版感想。舞台はまた違ってました。じっくり感想書きたい。 

 

 

 推しのプラベに踏み込みすぎるのはどうなの?という記事

 

 

 

うれしいマシュマロ頂きましたー!ありがとうございます!

Twitterで回答してます。(その1その2

え、欲しいものリスト公開していいんですか?三角コーン送られてくるかな…(ダチョウ倶楽部メソッドではない)

 

 

 

  

 

 

 

▼推し方に悩んでるならこちら▼ 

 

 

  

 

 

 

 

 

これから書きたい記事・最近書いた記事

・わたしたちはパトロンにはなれない〜誰のための推し事か〜 ★★
・真剣乱舞祭2018感想
・スリル・ミー 感想 ★
・新しき哉 感想
・Like A感想 ★★
・spi×VVコラボ第二弾の感想
・わたしは舞台に何を求めているのか〜舞台はテーマパーク、ディズニーととしまえん〜 ★★★★
・イベントってどうすればみんなが幸せになれるんだろうね? ★★★
・オタクと推しと自意識と〜事実と妄想、自覚と無意識〜 ★★★★☆

・わからないボックス運用方法

・「お前だって誰かを踏みじにって生きている」 ★★☆

・わたしたちは推しを消費している〜ファンと応援というグロテスクな構造〜 ★★☆

・三百年の子守唄再演、各会場での演技の違い
・みほとせ再演、推しじゃない青江が気になりすぎて考察したよ ★

CLIE SONIC感想 ★

・12人の怒れる人たち感想

メサイア トワイライト ー黄昏の荒野ー感想 ★★★★★★★★★☆☆

・舞台シンギュラ感想

・現代バレエがわからない観劇オタクがNoismの「R.O.O.M」を観てきた

・【本】自分を「平気で盛る」人の正体 感想 ★

・【本】宝塚ファンの社会学―スターは劇場の外で作られる 感想

・舞台 最終陳述感想

・自分の意見を伝えるのが怖いあなたへ〜全人類ブログを書こう〜恐怖や悪意との戦い方  ★★★

・キャバクラ・ホストで例える推し事について★

・【気をつけろ、プレの話は燃える】着用報告=自分は推しに気に入られている なのか?

・愛と断絶の物語〜りさ子のガチ恋♡俳優沼再演感想

 

・黒ステ感想★

・BBA、アスペ、メンヘラ 〜スラングを使う心理とデメリット〜
・高額転売に怒る茶の間を揶揄するオタク、視野狭窄になっている

・要望を伝えるのは悪なのか?〜肯定しか許されないという地獄〜

 5/29追記

・推しとオタクの関係性を、店員と客のそれになぞらえて考えた
・「行きたいけど行けない」が一周回って理解できるようになってきた

・後家安とその妹感想 

 

なんでどんどん増えていくのかな!?

(★ありがとうございまます。★が引用スターで、☆がマシュマロで現状いただいてるリクエストです) 

メサイアのオタクー!メサイア公式ブック買ったよ!(私信)

 

 

 


 

▼マシュマロやってます▼

気軽にどうぞ。だいたいTwitterで答えてます(レスは遅い)

回答スタンスは「丁寧なものには丁寧に、無礼なものにはそれ相応に」

マシュマロうれしい。 

 

 

 

 

▼ツイ廃です▼

かんそうぶん (@KansouBn) | Twitter

 

気軽にフォローするとTLが埋まります。 

 
 
 
 

*1:推しのファンミでも同じこと感じてるんですよね。

 

もちろんそれは、わたしの勝手な想像だ。 当然この一連の文章も、 わたしが見た風景を、わたしが感じたように書いただけだ。 観測も答え合わせもできないし、 事実だとか真実だとかは思わない。 だけどそれでもいい。 「わたしがそう感じた」のは事実だし、 spiさんが「そう思えるような景色を見せてくれた」のも事実だ。 だから、あの日のファンミーティングは、 最高のショーでありエンターテインメントだった。

STAY WITH ME の伏線 〜spiファンミーティング0910〜 - 晴れた日のねどこ

 

*2:わたしは推しを絶滅危惧種とかアルビノのような希少生物だと思ってる節がある。特性によって乱獲されやすい存在、だけど奇跡的に生き延びてる…みたいな。味方さんはまた違ったベクトルで生きてることが奇跡みたいな人だと思う。生き馬の目を抜くような世界で、なぜあんな純度で生きていられるのか…。いや、純度100%とか妄想でしかないのですが…。そして生身の人間なので、当然下衆な部分ももちろんあるだろうなとも思いますが…

*3:余談ですが、「推すのに覚悟が必要だな」と思ったのは、味方さんで二人目です。一人目は推し。味方さんと推しはまったく別の魅力を持っていると感じます。

*4:頭の中で流れる蓮城寺べるのGet music…!


(HD) プリティーリズム・レインボーライブ - 蓮城寺 べる - Get music! - 第48話

プリリズもキンプリも、普通に名曲過ぎるから困る。ちょっと聴いていってください。Get music!

*5:一方、推し温泉は9つの種類の温泉を網羅しているし日によって温度が違ったりお湯の出が違ったりするワンダーランドという感じがする。ひとつの施設内になぜかすべての泉質が集合している…。そして刺激が強くて湯あたりもしやすい。

出待ちは山賊 〜出待ちのメリットが見つからない〜

出待ちは山賊、追い剥ぎ。やるメリットがなくない?嫌われることはあっても好かれることはないのでは?





以前、出待ちが嫌いな理由、なぜ自分はやらないのかを書きました。

最近新たに書きたいことが出てきたので追加で書きます。

------------------------------

2019.07.04関連記事紹介とマシュマロ返信記事書きました

------------------------------


出待ち禁止の舞台終演後、本人に渡すと言いつつトイレ列で何枚かの色紙に一筆求める人がいたと聞いたのがきっかけです。(自分の目で見たわけではないので真偽は不明。出待ちで渡すかプレボに入れるかも不明。が、終演後だし迷惑なのは変わりません。)今回のエントリは、出待ち後に色紙手渡しを計画しているのだったら、という前提で書きます。



 


先に結論を書きます。

禁止されてる舞台での出待ちはやめておこう!!
アピールのつもりかもしれないがデメリットしかない。

もし今回のようなケースを見かけたら、スタッフに一報入れるのがいいかもね、です。(理由は後述)


以下詳細。

 





 

出待ちは悪なのか?


一概に悪だとは言えないと思います。出待ちを容認している劇場もあるからです。が、推奨ではありません。「入り待ち出待ちをする方は終演後〇〇時にどうぞこちらへ!」なんて案内はオフィシャルサイトなどではしてない。(もししてたら興味があるので教えてください)

出待ち入り待ちについては、俳優個人や事務所が語っていることもあります。一例。


三浦宏規

重大なお知らせ事項 - 三浦宏規 オフィシャルサイトHiroki Miura


鈴木拡樹

出待ち、入り待ち行為について | 鈴木拡樹オフィシャルブログ「拡言 -KAKUGEN-」Powered by Ameba


公式が禁止を出していたり
【お願い】公演期間中の「入り待ち」「出待ち」につきまして | テニミュニュース | ミュージカル『テニスの王子様』公式サイト

 

 

 

 

 

 

出待ちのメリットを考える

 

メリットってある…?と思いつつ、無理やりひねり出します。


メリット--------------------------------------

  1. 私服を着た推しが見られる
  2. 直接話せる、感想を伝えられる
  3. 手紙、プレゼントを直接、確実に渡せる
  4. 飾ってない姿が見られる(?)
  5. 顔を覚えてもらえる(?)
  6. あなたのファンがいるとアピールできる(?)

------------------------------------------------


こ、こんな感じでしょうか…
でもこれ、全部意味なくない?と思います。ひとつずつ検証します。



1私服を着た推しが見られる
SNSやブログで見られます。してなくても各媒体の稽古場レポに上がってたり、パンフに稽古中の写真が載ってたりするよね。

 


2.直接話せる、感想を伝えられる
接触イベントで事足りるんじゃないだろうか…。(ない場合は知らないけど)
それに、出待ちが成功したとして長時間話せるかというと謎。舞い上がらずに話せるかも手紙の方が感想を伝えるのに適していそう。

 


3.手紙、プレゼントを直接、確実に渡せる
手紙やプレが確実に手元に届いてるかわからない、リアルタイムに渡したい!って気持ちがそうさせるのかもしれない。
が、ちょっと待ってほしい。直接渡す=読んでくれる、使ってくれる ではない。受け取ったけど永遠に開封されない可能性もあり得る。

渡した時のリアクションが見られるメリットはあるかもしれない。が、それって「うれしそうにしている演技」の可能性もあるのでは…(人から何かもらった時、仮に嫌でもうれしそうな顔をしません?多くの場合…)

そして相手が急いでいたら出待ちで接触できるかどうかは微妙。つまり確実に渡せるわけではない。

 




4.飾ってない姿が見られる(?)
疲れてるだろうし、自分を飾る暇なんてないのではないか。
そして出待ちオタクに何らかのリアクションを取っている時、出待ちがいる時は「素」は見せないと思います。

 

わたしたちが推しているのは演技のプロです。 印象を操作するなんて朝飯前のはずです。

俳優の出待ち入り待ちがなぜヤバイのか本気出して考えてみた - 晴れた日のねどこ

 





5.顔を覚えてもらえる(?)
出待ちしなくても、現場に通ってたら認知されると思います。いろんなオタクの話を聞くと、いつの間にか認知されていた…という人が割といる。接触イベントには行ってないのに認知されてる人もいる。

にも関わらず、出待ちをする心理とは。


…もしかして、現場に何度も通いたくないけど認知はされたいってこと…? な、何のために…? 特別な対応をされたいとか? え、顔を覚える = 特別対応される って訳でもないと思し、現場に頻繁に来るオタクと来てる形跡がない出待ちのみのオタクなら、前者の方がファンサされる率は高いのでは…? (これについては「推しとオタクの関係は店員と客のそれに似ているのか?」みたいなエントリで書きます)


仮に、現場にあまり入らない状態で出待ちで認知をされたとして、何を話すんだろう…顔がかっこいいですね!とか?




6.あなたのファンがいると直接アピールできる(?)
手紙で良くないでしょうか。認知があって舞台上からも見えやすい席に入っていれば(客席を見る役者さん相手なら)行くだけでアピールになる気もする。
認知がなくても、はしっこの見切れ席でも、毎回手紙をプレボに入れていたらアピールはできそうだし…(どのタイミングで手元に届くかはわからないけど)。


これ、「出待ちで触れ合う=ファンがいると直接アピールできる!役者はうれしいはず!」って思っているとしたら、謎の理論だと思います。自分が役者を見たいって気持ちをすり替えているのでは?大丈夫か?
役者側がファンからの声を聞きたい、うれしいと言うのはわかる。が、ファンがそれを言うのは「お客様は神様だろ!」というような傲慢さがある。
あなたは消費者でしかない。よって、役者の声を代弁し振りかざすのはおかしいのではないか。





 

出待ちのデメリットを考える


以前書いたこちらのエントリを一言で述べると
「推しに時間外労働をさせる厚かましさがやばい」です。

でも、多分いくら言ってもぴんとこない人はいるじゃないですか。だから別の視点でいかにメリットがないか考えたいと思います。


  1. 常に出待ち対応してもらえるかはわからない
  2. 出待ちが塩対応だったら? 病まない?
  3. マネージャーなどに顔を覚えられると不利になる可能性がある




1.常に良対応がもらえるとは限らない
出待ちへの対応って状況によってはできないこともあるだろうし、劇場側から辞めるように言われることもおそらくある。

一例として、神田沙也加さんの例を挙げます。2017年の舞台キューティ・ブロンド。毎公演出待ちに丁寧に対応にされていたとのこと。

が、村田充さんとの結婚発表後、千秋楽では出待ち対応なし。

神田沙也加、神対応どこへ…出待ちファンへ姿見せず - 芸能 : 日刊スポーツ


その時のツイートです。

 

 

 




※ちなみに2019年のキューティ・ブロンドでは公式から出待ち対応禁止が出されています。

★Staffよりお知らせ★ | 神田沙也加オフィシャルブログ Powered by Ameba

*1



せっかく長い時間出待ちしたのになんだよー!って気持ちになったり、前はしてくれた、あの人にはしてたのになんで??と思ったり…って思う可能性、ありません?
「わたしはそんなこと思わないです!!」って人もいるかもしれません。

フフフ、そう来るのはわかっていたぞ…? じゃあこれならどうかな…?(?)

 




2.出待ちが塩対応だったら?
当たり前なんですが、役者も人です。気分や体調、その後のスケジュールの有無もある。余裕があれば感じよく対応してもらえる、かもしれません。が、先述の理由で余裕がなかったり、出待ちに気づいてもらえなかったら?
ある時は出待ちに感じよく対応してもらえたけど、この時はめちゃくちゃ塩対応!ってことがあったら?


「あれっ…何か気に障ることしちゃったかな…」
って思いません? 気にならない? 我が身を振り返らない?今日○○君いそがしいのかなー、残念!ってサクッと割り切れます?


好きな人に冷たく接されるって結構しんどいと思います。失敗した時の己のダメージを考えるとリスクが高くないですか?
それを考えたら、出待ちするの辞めよう〜ってなると思うんですけど、出待ちする人はそういうことを考えないのだろうか。え、まじで!? 目先の欲望優先、そして成功することしか考えてないの!?

まあ全てを都合よく捉える人もいるしな…。そして相手のコンディションの悪さに気付かない人もいるだろうしな…。

 

ちなみに役者側の出待ちの意見の一部を貼っておきます。

 

勝手にムービーなどを撮られるのが嫌という意見

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801150000318.html

 

私が出待ちで思うこと 飯野めぐみオフィシャルブログ




3.関係者に顔を覚えられると不利になる可能性がある
オタクのチェックを細かくしている事務所などもあるそうで。そうすると、このオタクは厄介だ、何かイベントがあっても弾こう…ってなる可能性も高いですよね。(というかそういう事例も実際にあるとか)

ましてや今回は出待ち禁止の舞台だし、ここで下手を打つと後々のオタクライフに悪影響がありそうな気がします。(まあ多分、今回の場合は気概にあふれたオタクではなく、DDゆるオタの可能性が高いから、面や身元が割れても関係ないんだろうなって気はする)




考えれば考えるほど出待ちのメリットがわからない…。役者の厚意につけこんだブラック企業真っ青のサービス残業強要にしか思えないのはもちろん、自分のメンタル的、今後のオタクライフ的にもハイリスクすぎじゃないですか?

そしてですよ、出待ち後に茶をしばくならともかく、出待ちで会話できることって限られてない?? 接触イベント感覚なのか?(それなら理解はできる)

 


ハ!?もしかしたら出待ちからワンチャンあるかもとか思ってたりするのか!!?!!??


ねえよ…!!!!!!!!





 

俳優が出待ちを歓迎している。だからする、の危うさ


神田沙也加さんは過去、出待ちをOKしていました。また、俳優でも可能な範囲で対応をすると公言している方もいらっしゃいます。


オフィシャルサイトでこういう書き方をするのはめずらしいんじゃないかなーと思います。本人の人柄とファンの民度なんだろうなあ。伊礼さんのイベントは2回ほど参加したことがありますが、どちらも落ち着いた方ばかりだったのが印象的でした。



役者が禁止してないんだからいいじゃん!どんどん出待ちしちゃおう!って考えの人もいると思うんですよ。だけどふと思うんですよ。

 


本当にそれ、OKなのか?という。


 

 


人間にはジョハリの窓というものがあります。

出待ちは山賊、追い剥ぎ 出待ちは嫌われるのではないか_ジョハリの窓





出待ちがうれしいしOKです!と言っていても、本人が自覚しないうちに負荷がかかり、消耗していることもあるのでは? ジョハリの窓で言うところの「盲点の窓」「未知の窓」みたいに、本人が自覚できていない部分はあるのでは…?

 


サービス精神旺盛で求められたら答えてしまう、相手が喜ぶなら、とついつい対応してしまう。そうやって仕事を続けていたら、オーバーワークが祟って調子がおかしい。なんでだろう…と思ってたらうつ病でした!とか一般社会(一般社会とは?)でよくあるじゃないですか。知らぬは己ばかりなり。
こういうの、「盲点の窓」の構造に近いよな…と思います(ちょっと違うけど)

 

知り得た情報は、基本的に本人の口から聞いた事でもない限り、すべて二次情報だ。エディターやライターが構成をまかされたインタビュー記事ならば、当人ではなく誰かの意図が入った形でまとまっている可能性もある。校正ひとつとっても言葉の置き換えが発生したならそれだけで伝わる印象が違う。ワンクッション置かれた情報は得てしてそのような傾向にあるとおもう(絶対そうではないし、ナマの情報を起こしただけの記事もあると思う) 例え本人の口から出た話でも120%信用していいものかと疑ってかかる姿勢も必要で、情報の吟味はオタ活をする上で生命線だ。

知らないほうがいい、知り過ぎないほうが楽しい - 『言いたいだけで中身はない』

 

こちらのブログにも書かれていますが、「たとえ本人の口から出た話でも120%信用していいものかと疑ってかかる」視点はこういう場合も必要なのではないか。

 

 

 

 

 

  1. 自分自身について正しく把握ができている
  2. 予想外のことが起きたとしても適切に対応し場を収めることができる(出待ちなら厄介の対応、仕事ならトラブルに動じずサクッと対応できるかどうか)
  3. 深く思い悩まない性質である
  4. 自他の境界がしっかりしており駄目な時は駄目だとはっきり発言できる
  5. ファンの民度が高く、本人や周囲に迷惑をかけないよう気をつけることができる
  6. 身近な人物が役者の様子をしっかり見ており調子を崩していたらケア・指摘できる


…みたいな本人の資質、周りの環境があれば、過度に心配する必要はないと思うんですよ。でも、これが全部揃ってる俳優って果たしてどれくらいいるんだろうか。

できないし負担が大きいから、出待ち歓迎!!と大っぴらに宣言しないと思うんですよね。特に2と5。他人の行動はコントロールはできないし、大々的に宣言することで、ファン以外の人が何かしらの意図を持って紛れ込む確率も出てくる。


というわけで、出待ちOK!と言う人がいたとしても、わたしはやっぱりうーーん…?と思います。それ、全部クリアできてる?本当に負担にならないの?という意味で。

 

 

ちなみに伊礼さんに関しては、ガチで全部クリアしているのでは…?くらいの揺るぎない安定感を(勝手に)感じてます。なんだろう…なんか、圧倒的な「「「強さ」」」を感じる…。いや、そんなに深く知っているわけではないのですが…

 

 

 

仮に、現場にあまり入らない状態で出待ちで認知をされたとして、何を話すんだろう…顔がかっこいいですね!とか?

 

前述のこれじゃないけど、定期的に追ってる(=自分の中で情報量が多い)俳優じゃなければ「すごくかっこよくて〜」「面白くて〜」とか薄っぺらい感想しか言えなくないですか?
 
それ、出待ちしてまで言う意味あるのかな…*2





 


まあ、本人が歓迎してるなら自己責任だろって見方もある。それは正しい。それで調子が上がらなくても、断らなかった本人が悪い。それはその通り。
が、やはり役者の本分は板の上でのパフォーマンスなので、それ以外にリソースを割いて欲しくないと個人的には思います。空気読まずに延々と話し続ける人やつきまとう人もいるだろうし…
 
 
 
 
あと接触イベントをやってる場合。
お金を払って対応してる人がいるのに、出待ちで同じようなこと、あるいはそれより手厚いことをしたらだめでは…?と思う。
 

 

残念ながらこの続きが見つけられなかった。が、ここの部分だけ切り取って話すと、もっともでは、と思う。
 
接触イベントをやるプロが「出待ち歓迎!」って言うのはちょっと違わない?と思います。自ら無銭労働している部分と、お金を出して接触イベントに行く人と無銭で出待ちにサービスしている差に思い至らないという点で。
 

 

 

 

 

結局自分のことしか考えてなくない?

 


 

はじめに結論を述べます。 わたしは俳優の出待ち入り待ち反対派です。 理由は、「板の上以外でもわたしを気持ちよくさせてください!」とサービスを要求する、「好き」を免罪符にしたブラック企業真っ青の労働力搾取だと思っているからです。

俳優の出待ち入り待ちがなぜヤバイのか本気出して考えてみた - 晴れた日のねどこ

 


ここにも書きましたが、わたしが出待ちをしないのは「ルール・マナー違反だから」「推しに嫌われちゃうかも」という理由じゃありません。本当に、ただただ自分が労働力搾取をされるのが大嫌いなので、他人(推し)にもそれを課したくない。仮に推しが許容していたとしても、自分が大嫌いな行為を推しに課している自分が嫌だからです。


だから「構ってもらえるならわたしもやればよかった!」と悔しがる人は、本気で意味がわかりません。

え、それ結局自分のことしか考えてないじゃん。
推しが疲れて早く帰りたい可能性、出待ちによって集中力を欠く恐れ、対応が内心でストレスになってる可能性をガン無視して、自分の欲求を優先してるじゃん。




 


出待ち自体禁止でも良くない?


話を戻します。
公式が出待ちOKにすると「俳優の負担になるから辞めよう」って気遣いができる人は控えて「推しくんに会いたい!!」って遠慮せずガンガン行く人がある種優遇されますよね。

そして、出待ちをしたいけど禁止だから我慢をする人も出待ちに参加する率が上がるんじゃないか。「出待ちで構ってもらえるなら我慢せずに行けばよかった」って人も当然出るだろうなあと思います。

で、出待ちOKで起きるトラブルを素人ながら考えたんですよ。

 



ファン同士のトラブル

  • 役者を独り占めして話さないオタクや集団が現れる
  • それを良く思わないオタクが現れる
  • 出待ちをしたくてもできない在宅オタクがキレる

→オタク同士のバトル勃発

 


話を盛るオタク登場

  • 対応が神/塩と、上に盛ったり下に盛ったりするオタクが現れ、それを真に受けるオタクが出てくる
  • 自分は特別扱いされてる!と勘違いをするオタクが現れる


関係者等への影響

  • 周辺施設への迷惑
  • ほかの役者への迷惑(仕事終わりですっぴんとかだと見られたくない人もいると思われる)
  • 劇場関係者への負担(出待ちの影響で早く帰れないことはあるのでは)

→役者自身の評判が落ちる可能性?


うーん、やっぱりファンの民度がよほど良くないと出待ち許容ってデメリットしかなくない?どうなんだろうか。登壇者がオフレコでって言ってる有料イベントですら、内容をネットに書く人っているじゃないですか。無料の出待ちだと民度はどうなるんだろう…闇。

 
 
 
禁止されているのに出待ちをするのはもちろん駄目です。
が、例えば禁止されてるのに対応する役者、グレーゾーンなのに過剰にサービス対応する役者がいたら、それも問題があると思います。そこは毅然と対応しろよ…と思う。
でないと

「本当は禁止されてるのに推し君は対応してくれた〜♡ 私って推し君のオキニ♡」
と勘違い激ヤバオタクが爆誕する可能性がある。

禁止されてるのに出待ちする時点で激ヤバ以外の何物でもないですけども。
 
 
 
 
 




余談と蛇足・1

今回書こうと思ったきっかけの色紙について触れます。
該当の演目・会場は、終演後はプレボ投函が難しくなります。封鎖エリアができるため、一度会場の外に出て逆走しないとプレボにたどり着けません。また、終演後会場近辺にいるとスタッフが人を散らしにきます。

つまり、出待ちであれプレボ投函であれ、どちらにせよ終演後のトイレ列で無差別に色紙を書いてもらうのは劇場的に迷惑だと考えられます。(これが開演前ならまあわかる)

なので、おや? と思ったらスタッフにそれとなく伝えるのが良いかもなーと思いました。「トイレで『役者さんに渡す!』っていろんな人に色紙を書いてもらってる人がいましたよ(^^)」みたいな。
終演後、会場内に人が残っているのをスタッフが把握できて親切! オタク側も会場の外に出なくてもスタッフが色紙を回収→役者に渡してもらえるから手間が軽減!!win-win!!

もし出待ちで渡そうとしてるなら、スタッフのマークも入るかもしれないし。



 

 余談と蛇足・2

この色紙企画、メリットが企画者にしかないのではなかろうか。頼まれて書く側、受け取る役者のメリットが極めて薄い気がする。

企画者のメリット
  • オタクをまとめる人望と手腕があるアタシ★アピール
  • プレボに入れるにせよ出待ちで渡すにせよ、自分をアピールする材料になる


参加者のデメリット
  • 個人情報を書けない、状況的に長文メッセージは難しいので、半端なことしか書けない
  • 本当に伝えたいことなら手紙で伝えているはずなので、書く意味があまりない(全然知らん人からの依頼だし仲良しアピールにもならない)
  • 一部のオタクの承認欲求を満たす道具に使われる可能性がある
  • 企画者がマナー違反者としてマークされた場合、関係者としてとばっちりを食う可能性がある



受け取る役者のデメリット
  • 地方千秋楽なので、でかいし荷物になる(色紙とはいえ)
  • 出待ちの場合、疲れが溜まっているのに対応をしないといけない


こんな感じだろうか…
捻くれオタクなので穿った見方をしているだけで、もちろんまっすぐな気持ちで企画をし、皆が気持ちよく終了できる可能性も十分あります(終演後に書いている時点で劇場側としてはうれしくないと思うけど)



 
 

余談と蛇足・3

色紙にメッセージを書いて送りたいなら、せめて事前に募ったほうが良いよねーと思います。この手の企画(一部のオタクが広く声かけをして何かをやる)は主催者が美味しいとこ取り→自分をアピールするために使われることが多い気がする。(色んなオタクがトラブってるよね!)

「会場全員からです★」とイベント中にオタクが推しにサプライズを仕掛ける→その際、一部のオタクだけが推しを独占して話すとか(しかも会場全員どころかサプライズを知らない人もいる)

〇〇と一緒に推しにメッセージを送ります!と参加者には伝えるが、実は全員分を送らず手柄を一部のメンツで総取りしてる、とか。


もちろんそうじゃない企画もたくさんあると思います。
が、トラブルが起きやすいのも事実ではなかろうか…(個人の意見です)



 


みんなの想いが詰まった色紙を受け取ったらすごくうれしいはず!
直接手渡しで想いを伝えたら、きっともっと喜んでくれるよね!!!

みたいな理屈、まじで意味不明だなと思います。
いや、出待ち禁止だし。
(出待ちなのかは謎だけど)
 

大変残念ながらこういう方々は
「そんなことないですよ(^^) ただ役者さんに喜んでもらいからやってるだけです! そんな風に言うのひどいです、傷つきました!!」
とか自分たちの迷惑を棚上げしてキレそうですけども…。
初めは純粋にそういう気持ちだったとしても、推しを前にするとオタクは平常心を失いがちな生き物…





出待ちで推しに会うなら、せめて推しに五万くらい金券を渡せばどうだろうか。自分が会いたいって気持ちを優先して疲れた俳優から労働力を搾取しているわけだし…。
出待ちって、まるで山賊です。

いや、厳密に言うと山賊よりタチが悪い。相手も喜んでる!って100%思い込んでる可能性があるから。せめてダリオ・ブランドーのような意識があれば…(ない)

出待ちは山賊、追い剥ぎ 出待ちは嫌われるのではないか

ダリオ・ブランドー
ジョジョの奇妙な冒険 1~7巻(第1・2部)セット (集英社文庫(コミック版))
 

ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ファントムブラッド Blu-ray BOX<初回仕様版>

 



 
 




まとめ


禁止されてる舞台での出待ちはやめよう!
自分のオタクライフを縮める可能性があるぞ!

出待ちで推しに嫌がられた時のダメージは多分でかいぞ!

出待ちは山賊だ!





 
 
なお、再度になりますがこれは出待ちが禁止されている舞台で出待ちでプレを渡そうとしていたのでは…?というケースを元に書いています。バンドとか小劇場はまた別だったり、ケースによってもまた違うと思います。
 
が、なんにせよ出待ちに対するネガティブな気持ちは変わらないかなあ…。
何度も言うけど、労働力搾取が嫌いだから…

 


 






▼参考▼
出待ちをしたけど申し訳なく思ったという方


出待ちについて思うこと、なぜやらないのかというブログ


 

 

 

 

 

 今日はこんな感じで。まためちゃくちゃ長いね、ここまで読んだ人いる???

 

それでは良い推し事ライフを!

 

 

 

 

 

 

 

 

▼激熱!双眼鏡ダイマ記事とかよく読まれてる記事とか▼ 

5/23、劇場4つ追加しました。この記事がきっかけで買ってくれた方がいてうれしい。

 

手紙を書くときのTipsかな。内容以外で気をつけることについて。

 

 小説版感想。舞台はまた違ってました。じっくり感想書きたい。 

 

 

  

 

 

 

▼推し方に悩んでるならこちら▼ 

 

 

  

 

 

 

 

これから書きたい記事・最近書いた記事

・わたしたちはパトロンにはなれない〜誰のための推し事か〜 ★★
・真剣乱舞祭2018感想
・スリル・ミー 感想 ★
・新しき哉 感想
・Like A感想 ★★
・spi×VVコラボ第二弾の感想
・わたしは舞台に何を求めているのか〜舞台はテーマパーク、ディズニーととしまえん〜 ★★★★
・イベントってどうすればみんなが幸せになれるんだろうね? ★★★
・オタクと推しと自意識と〜事実と妄想、自覚と無意識〜 ★★★★☆

・わからないボックス運用方法

・「お前だって誰かを踏みじにって生きている」 ★★☆

・わたしたちは推しを消費している〜ファンと応援というグロテスクな構造〜 ★★☆

・三百年の子守唄再演、各会場での演技の違い
・みほとせ再演、推しじゃない青江が気になりすぎて考察したよ ★

CLIE SONIC感想 ★

・12人の怒れる人たち感想

メサイア トワイライト ー黄昏の荒野ー感想 ★★★★★★★★☆☆

・舞台シンギュラ感想

・現代バレエがわからない観劇オタクがNoismの「R.O.O.M」を観てきた

・【本】自分を「平気で盛る」人の正体 感想 ★

・【本】宝塚ファンの社会学―スターは劇場の外で作られる 感想

・舞台 最終陳述感想

・自分の意見を伝えるのが怖いあなたへ〜全人類ブログを書こう〜恐怖や悪意との戦い方  ★★★

・キャバクラ・ホストで例える推し事について

・【気をつけろ、プレの話は燃える】着用報告=自分は推しに気に入られている なのか?

・愛と断絶の物語〜りさ子のガチ恋♡俳優沼再演感想

 

・黒ステ感想★

・BBA、アスペ、メンヘラ 〜スラングを使う心理とデメリット〜
・高額転売に怒る茶の間を揶揄するオタク、視野狭窄になっている

・要望を伝えるのは悪なのか?〜肯定しか許されないという地獄〜

 

 

同時進行で何エントリか書いてる最中です。

(★ありがとうございまます。★が引用スターで、☆がマシュマロで現状いただいてるリクエストです) 

 (メサイアのオタク〜! 今ニコ生で放送してるね!おさらいしたら書けそうな気がしてきた!!!)

 

 


 

▼マシュマロやってます▼

気軽にどうぞ。だいたいTwitterで答えてます。

回答スタンスは「丁寧なものには丁寧に、無礼なものにはそれ相応に」

マシュマロうれしい。 

 

 

 

▼ツイ廃です▼

かんそうぶん (@KansouBn) | Twitter

 

気軽にフォローするとTLが埋まります。 

 

 

 

 

 

*1:別の舞台では神田さん本人から出待ちについての言及もあったり。2014年はオフィシャルブログでスタッフから出待ちOKの発言がありました。出待ちご本人や事務所の対応も変わっていったのかと思われます

*2:関係者はパブサしてると思うので、ツイッターで呟いた方が8倍くらいきちんとした感想を伝えられる気もする。直近では松澤くれはさんには小説版りさ子感想ブログを見つけていただきました。パブサ魔だ…!